紅白歌合戦 直前特集!『紅白で振り
返る。あの年の歌と出来事』 昭和26
年~34年編

この特集ではこれから7日間に渡って、歴代の紅白歌合戦をその年の出来事などを交えつつ振り返り、今年の第66回の放送を楽しむ準備を皆さんとしていきたいと思います。
今年の出場者一覧はコチラ
今回は昭和26年~34年編、第1回~第22回!

昭和26年第1回
記念すべき第1回。実は紅白歌合戦、初めは1時間のラジオ番組でした。しかも大晦日ではなく、お正月番組。さらに出演アーティストは放送まで一切発表されないという、現在とはかなり異なる形式でした。
▽湯の町エレジー / 近江俊郎
第1回の出演者・歌詞をみる
昭和27年第2回
第1回の人気を受け、1時間半番組として放送された第2回。
▽アルプスの牧場 / 灰田勝彦
第2回の出演者・歌詞をみる
昭和28年第3回
お正月番組としては最後となった第3回。ちなみにこの年、日本で初めてのスーパーマーケットを紀ノ国屋が始めました。
▽東京ラプソディー / 藤山一郎
第3回の出演者・歌詞をみる
昭和29年第4回
テレビでの放送開始+大晦日番組として、装い新たにスタート。実はこの第4回で初めて紅組が勝つことになりました。
▽ああモンテンルパの夜は更けて / 渡辺はま子,宇都美清
第4回の出演者・歌詞をみる
昭和30年第5回
美空ひばりが初出演したのがこの第5回。「ひばりのマドロスさん」で出演しました。
▽ひばりのマドロスさん / 美空ひばり
第5回の出演者・歌詞をみる
昭和31年第6回
ちょうど電気洗濯機・電気冷蔵庫・テレビが三種の神器と呼ばれるようになったこの時代。民放も同時間帯に歌番組を開始し、本格的に「テレビで歌番組を見る年末」が浸透し始めました。
▽夕月の丘 / 松島詩子
第6回の出演者・歌詞をみる
昭和32年第7回
放送時間が2時間15分にまで拡大し、出演者も50組まで増加した第7回。ちなみにこの年の末、NHKはカラーテレビの実験放送を許可されますが、紅白が実際にカラーで放送されるのはもう少しあとの話。
▽別れの一本杉 / 春日八郎
第7回の出演者・歌詞をみる
昭和33年第8回
島倉千代子が初出演、トリには美空ひばりが抜擢されるなど、世代の変化が目立った第8回。
▽逢いたいなァあの人に / 島倉千代子
第8回の出演者・歌詞をみる
昭和34年第9回
東京タワーが開業し、ますます日本が活気づいた昭和33年。テレビの方も紅白の裏でさらに生中継番組が増加し、売れっ子は会場間を大慌てで移動したのだとか。
▽おーい中村君 / 若原一郎
第9回の出演者・歌詞をみる
昭和35年第10回
日本レコード大賞が始まったこの年。そんな記念すべき第1回のレコ大を『黒い花びら』で取った水原弘が、この紅白歌合戦にも出演しました。
▽黒い花びら / 水原弘
第10回の出演者・歌詞をみる

というわけで第1回~第10回の紅白歌合戦を振り返りました。今も多くの人に愛され続けている楽曲も見られますよね。
明日は第11回~第20回を振り返ります。お楽しみに!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着