テレビアニメ「GOD EATER」
第10~13話が、16年3月から放送決定

 原作は、バンダイナムコエンターテインメントから10年に発売され、累計出荷本数300万本を超える人気ゲームシリーズ。テレビアニメは、原作ゲームの5周年を記念して製作され、15年7月からTOKYO MXで放送を開始。当初は全13話を予定していたが、製作の都合により第9話で放送終了となった。

 2050年代初頭の地球に、あらゆる対象を捕食する未知の生命体「オラクル細胞」が出現。より凶暴な生命体として多様に進化していくその存在を、人類は「アラガミ」と呼び恐怖していた。都市文明が崩壊し人類の生息圏が奪われていくなか、オラクル細胞を埋め込んだ生体兵器「神機」を操る特殊部隊「ゴッドイーター」がアラガミ抹殺のため立ち上がる。

 「GOD EATER メテオライト編」は、TOKYO MXで16年3月5日毎週土曜午後6時30分ほか、各局で放送。

新着