3人の人気ラノベ作家が原作
・脚本 メディアミックスプロジェク
ト「クオリディア・コード」TVアニメ
化決定

 「クオリディア・コード」は、ダッシュエックス文庫、富士見ファンタジア文庫、MF文庫J、ガガガ文庫、ジャンプSQで展開される、出版社レーベルの垣根を超えたメディアミックスプロジェクト。作品間で世界観やキャラクターなどを共有するシェアード・ワールドを採用しており、さがら氏と渡氏による「クズと金貨とクオリディア」がダッシュエックス文庫から、橘氏による「いつか世界を救うために‐クオリディア・コード‐」第1巻が富士見ファンタジア文庫から、さがら氏による「そんな世界は壊してしまえ‐クオリディア・コード‐」第1巻がMF文庫Jからそれぞれ発売中。渡氏によるプロジェクト第4弾作品の近日発売に加え、ジャンプSQでのコミカライズの連載も決定している。

 アニメ版は、東京湾ゲートから現れる人類の敵・アンノウンとの戦争が続く世界が舞台。超自然的な特殊能力「世界」を持った少年少女たちが、東京、神奈川、千葉の各防衛都市で戦いを繰り広げる。脚本にSpeakeasyが参加し、さがら氏が東京、橘氏が神奈川、渡氏が千葉を担当する。

 そのほか、かわむらけんいち監督のもと、「学園都市アスタリスク」「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」のA-1 Picturesがアニメーション制作を行う。キャラクター原案は小説「幻想譚グリモアリス」の松竜、キャラクターデザインは「ゆゆ式」の田畑壽之。音楽は「ノラガミ ARAGOTO」の岩崎琢が担当する。

 アニメ版公式サイトでは、キービジュアル第1弾とプロモーションビデオ第1弾に加え、各防衛都市のメインキャラクターなどが公開中。2016年3月に開催される「AnimeJapan 2016」でステージイベントが行われることも決定している。

新着