シリーズ10周年記念「To LO
VEる ‐とらぶる‐ダークネス」新作
OVA製作決定 アニメ化エピソードを
決めるファン投票も開催中

 「To LOVEる ‐とらぶる‐」は、矢吹健太朗が漫画を、長谷見沙貴が脚本を担当する人気漫画シリーズ。男子高校生・結城リトが、突然現れた宇宙人ララ・サタリン・デビルークや、金色の闇ら美少女たちとともに過ごすトラブルに満ちた日々を描くラブコメディで、随所に盛り込まれたサービスシーンも人気を呼んでいる。06年から09年にかけて第1作「To LOVEる ‐とらぶる‐」が連載され、10年からは続編「To LOVEる ‐とらぶる‐ダークネス」がスタートした。また、4度にわたってテレビアニメ化もされている。

 「To LOVEる ‐とらぶる‐ダークネス」新作OVA1本目は、原作第49話「Mother ~美しすぎる天使~」と第50話「Charm ~偉大なる母~」のアニメ化で、ララたち三姉妹の母・セフィのアニメ初登場エピソードが描かれる。16年7月4日に発売されるコミックス第16巻に同梱予定で、予約は2月4日からスタート。

 16年12月2日発売予定のコミックス第17巻に同梱される新作OVA2本目については、これまでに掲載された原作全話の中から、アニメ化されるエピソードをファン投票で決定する「エピソード総選挙」が行われる。投票は公式サイト「To LOVEる.com」で1月25日まで受け付け中。

新着