angelaが毎年恒例の年末ライ
ブを開催 デビュー13周年を飾るライ
ブ、ニューアルバムのリリースを発表

 10回目を迎えた同ライブでは、「蒼穹のファフナー EXODUS」オープニング主題歌「イグジスト」をはじめ、「DEAD OR ALIVE」や「シドニア」「KINGS」に加え、アンコールではangelaの代名詞とも言える「蒼穹のファフナー」の「Shangri-La」を含む全20曲を披露。タイトルどおりサーカスを意識したライブで、クラウン(道化師)が登場し、パフォーマンスを繰り広げるなどの趣向がファンを驚かせた。

 ボーカルのatsukoは「曲が多すぎて、今日初めて来てくれた人もみんなが楽しめるセットリストに悩みました。それでも男女半々で、幅広い年齢層の『ぢぇらっこ(angelaのファンの通称)』が集まってくれる、それこそがangelaのライブ、コンサートであり、大サーカスです」と喜びを伝えた。

 デビュー13年目を迎える5月21日に、山梨・河口湖ステラシアターで「デビュー13周年記念☆拡大版『全部が主題歌ライブ!!』」と銘打ったライブの開催も発表された。チケットは、1月25日まで公式サイトで先行予約を受け付け中。全席指定で価格は7560円(税込み)。夏にはニューアルバム(タイトル未定)のリリースも決定している。

新着