「SUSHI POLICE」の主題歌は
、Perfumeとアメリカのロックバンド
・OK Goの初コラボ楽曲

両グループは以前から互いのミュージックビデオに出演するなどの交流があり、今回のコラボレーションの実現につながった。Perfumeのあ~ちゃんは「海を、国を、レーベルを越えて、こんな共演ができるなんてUNBELIEVABLE!!!!!!」と喜び、かしゆかは「この曲を通して少しでもたくさんの方に日本語や日本に対して興味を持ってもらえたら」と海外のファンに向けてコメント。そして、のっちは「OK Goさんの世界観に入り込んでいく感覚が本当に心地よく、とても幸せなレコーディングでした」と振り返っている。

 OK Goのボーカルとギターを担当するダミアン・クラッシュは「当初のアイディアは文化の違いを、おもしろおかしく描こうというものだった。そのアイディアを普遍的にするため、文化間の違いを、男女間の恋愛トラブルに置き換えてみた。これにより、男と女、日本とアメリカ、PerfumeとOK Goという、3つの(異文化)ストーリーができあがった」と作曲の舞台裏を明かしている。

 「SUSHI POLICE」の木綿達史監督は「ノリが良いながらも、ちょっと切ないサビが最高」と主題歌を絶賛。プロデューサーの厨子健介氏も「海外でも高く評価されるPerfumeさんが、初の楽曲コラボをOK Goさんと行うと聞き、『SUSHI POLICE』の作品性とも非常にマッチすることからお願いした」と、同楽曲を主題歌に起用した理由を明かした。

 「SUSHI POLICE」は、日本と海外のカルチャーギャップをテーマにした3DCGアニメ。各国に誤った寿司が蔓延してしまった世界を舞台に、日本政府が正しい食文化を伝えるため設立したWFCO(世界食文化保存機関)の、悪名高い第9課・通称「スシポリス」が間違った寿司の一掃に乗り出す。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着