「ジョジョの奇妙な冒険」第
4部、キャラビジュアル完成!主題歌
は新ユニット「THE DU」が担当

 空条承太郎と宿敵DIOの死闘を描いた第3部「スターダストクルセイダース」の10年後が舞台の第4部「ダイヤモンドは砕けない」は、第2部の主人公ジョセフ・ジョースターの隠し子である高校1年生の東方仗助が主人公。仗助に会うために、日本のM県S市杜王町にやってきた承太郎は、仗助も自分と同じ特殊能力「スタンド」を持っていることを知る。承太郎の来訪を機に新たなスタンド使いたちが動き始めたことを知った仗助は、杜王町を守るために立ち上がる。

 発表されたキャラクタービジュアルは、仗助と承太郎をはじめ、仗助の同級生の広瀬康一、虹村億泰、杜王町の謎を解くために仗助らと行動をともにする漫画家の岸辺露伴、壊れたものに触れると元の形に直す能力を持つ仗助のスタンドのクレイジー・ダイヤモンドの6キャラクター。

 主題歌を担当する「THE DU」は、ミュージカル「真田十勇士」「フットルース」などに出演する人気俳優で歌手としても活躍する城田純、7人組ユニット「DIAMOND☆DOGS」のメンバーでミュージカル「テニスの王子様」にも出演していた和田泰右、城田が座長を務めるエンタテインメント集団「SHIROTA組」メンバーのJeityによる3人組ユニット。「Crazy Noisy Bizarre Town」は、作詞をテレビシリーズ第1期「ジョジョの奇妙な冒険」のオープニング曲「BLOODY STREAM」を担当したこだまさおり、作曲を2005年にテレビアニメ「NARUTO ナルト」の9代目エンディングソング曲に起用されたバンド「No Regret Life」でギターボーカルを務めた小田和奏が担当した。

 テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」はTOKYO MX、毎日放送、東北放送、BS11、アニマックスで4月から放送開始。

新着