【週末興行ランキング】「O
NE PIECE FILM GOLD」No.1スタート、
「アクセル・ワールド」は9位にラン
クイン

 この成績は、最終興収68.7億円を記録した前作「ONE PIECE FILM Z」(12年12月公開)の興収比84.2%。また、公開初日は動員47万8528人、興収6億7517万6000円をあげ、4月16日公開「名探偵コナン 純黒の悪夢」の初日を抜き、今年No.1の記録を樹立した。コアなファンはもちろん、中高生や親子連れ、カップルなど幅広い層を動員。2D、3Dに加え、体感型シアターの4DX、MX4Dでも上映されている。

 前週好スタートを切った「ファインディング・ドリー」は2位に後退し、3位には話題の「ポケモンGO」が日本でリリースされた「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z 『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」が続いて、アニメ作品が上位を独占。本格的な夏休み興行へ突入したことを印象づけた。

 新作では他に、川原礫の人気ライトノベルが原作のテレビアニメの劇場版「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」が初登場9位にランクイン。全国24スクリーンという公開規模であることから非常に高い稼動となっており、腰の強い興行が見込める好スタートを切っている。

 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」は4位をキープし、「HiGH&LOW THE MOVIE」は5位に後退したが、公開9日間で動員76万人、興収10億円を突破した。8位には、人気テレビシリーズ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリーが、人食いサメと対峙するサーファーを演じたサバイバルアクション「ロスト・バケーション」が初登場。「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」は10位となっている。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着