「GANTZ:O」スペシャルイベ
ントで新たな特報映像公開 主題歌は
ドレスコーズの新曲に決定

 原作漫画「GANTZ」は、死んだはずの人間たちが謎の黒い球体「GANTZ(ガンツ)」に召喚され、「星人」と呼ばれる存在との死闘を強いられるSFアクション。これまでにもテレビアニメ化や実写映画化されてきた人気作品で、新たにフル3DCGでアニメ化する「GANTZ:O」は、原作の人気エピソード「大阪篇」の映像化となり、加藤勝を筆頭とする東京&大阪のガンツチームと正体不明の妖怪軍団「百鬼夜行」との激闘が描かれる。

 奥氏は、3DCGでアニメ化されることについて「3DCGアニメが好きなのですが、これまでの作品には不安もありました。今回は僕の理想の形で、原作の絵に似せていて、人間らしさも表現されている」と語り、「期待以上の作品になっている」と太鼓判。川村監督も「ものすごく爽快感ある作品に仕上がっています。原作ファンのみなさんにも大満足していただけるはず」と胸を張り、桂は「指一本一本の動きや瞬き、口角の動きまでお芝居をしています。360度から撮影される、とても緊張感のある現場でした」と撮影を振り返った。

 また、この日は、現在YouTubeで配信中の特報映像「サバイバル編」が初公開されたほか、同作の主題歌がロックバンド「ドレスコーズ」の「人間ビデオ」になることが発表され、「GANTZ:O」の映像を使用した同楽曲のミュージックビデオも上映。「ドレスコーズ」の志磨遼平は「『人間ビデオ』は、ゼロ年代を象徴する名作『GANTZ』への僕なりのトリビュート。原作で描かれた人類のいじましさ、業のようなものをテーマとしています」と楽曲を紹介しており、原作者の奥氏も「疾走感があり、アクション主体の『GANTZ:O』にピッタリ。気に入って何度も聴いています」と絶賛した。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着