「機動警察パトレイバー」が
復活!完全新作アニメが10月15日から
上映

 押井守監督、漫画家のゆうきまさみ氏、脚本家の伊藤和典、メカニックデザイナーの出渕裕、キャラクターデザイナーの高田明美の5人によるクリエイター集団「ヘッドギア」によって、1988年4月にOVAとして誕生した「機動警察パトレイバー」は、胸に桜の大紋が刻まれた警視庁のロボットが街を闊歩する20世紀末の東京を舞台に、犯罪者に立ち向かう特車二課の隊員の活躍を描く。全6話のOVAのほか、これまでに劇場版3作品、テレビシリーズ、OVA後期シリーズなどが発表され、14~15年にかけては押井監督により「THE NEXT GENERATION パトレイバー」として実写化もされた。

 新作「機動警察パトレイバーREBOOT」は、「イヴの時間」「サカサマのパテマ」の吉浦康裕が監督を務め、脚本を伊藤、キャラクター原案をゆうき氏、メカニカルデザインと監修を出渕と初期OVA版のスタッフが多数参加。アニメーション制作は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズのスタジオカラーが担う。

 さらに、劇場先行版ブルーレイと特装限定版DVD&ブルーレイの発売も決定。劇場先行版ブルーレイは、東京・新宿バルト9と大阪・梅田ブルク7で10月15日から、バンダイビジュアルクラブで10月21日から発売。価格は7000円(税込み)で、劇場先行版特典として浅野直之作画監督による作画修正集が収録される。特装限定版DVD&ブルーレイは10月26日から発売。ブルーレイが5000円、DVDが3000円(すべて税込み)。各ソフトの特典等の詳細は特設サイト(https://bvc.bandaivisual.co.jp/feature/191/)で発表されている。

 「劇場上映 ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」は、10月15~21日に新宿バルト9、梅田ブルク7で開催。チケットは2000円で、詳細は劇場WEBサイトで発表されている。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着