パチスロメーカー「オーイズ
ミ」の宣伝担当、1000ちゃんのメジャ
ーデビュー記念イベントをファン600
人が祝福!

 1000ちゃん役の新田恵海をはじめ、ライバルの科学者・ミリオ役の渕上舞、異星人のお姫様・プリマ役の洲崎綾が登壇。オフィシャルサポーターを務める声優・白石稔の司会進行のもと、昼夜2部構成でイベントが行われた。3人が勢ぞろいするのは、2015年10月に東京・ディファ有明で開催された初の単独イベント「1000☆PARTY!! 2015 ~thousand and one~ 」以来。

 メジャーデビューについて、新田は「たくさんの店舗さんで、1000ちゃんのCDを手にとって頂けるのが嬉しいです。本当に感謝です」と感慨の面持ち。渕上も「1000ちゃんというコンテンツが着実にステップアップしている実感があって嬉しい。これからももっと上に登っていける、という希望が湧いています」と喜び、洲崎は「キングレコードさんからのデビューなので、『KING SUPER LIVE』に私たちも出られるかも!」と期待に胸を膨らませていた。

 会場にちなんだ「あ・つ・ぎ」を頭文字にしたお題に挑むトークコーナー「厚木チャレンジ」では、ポイント制で、賞品を3人で競い合うことに。「あ」をお題にした「鮎萌選手権」は、鮎の塩焼きスティックを使って来場者を萌えさせるセリフが言えると勝利ということで、渕上は「頭から? それともお尻から? 好きなほうからた・べ・て」と鮎に扮する荒業を披露。3人から「白石さんにも萌えたい」と熱望され、「あいつら最悪だ!」とたじろぎながら白石も急遽挑戦。普段は演じることが少ないクールなキャラクターを垣間見せ、白石が来場者の心を最も萌えさせるという、まさかの結果となった。

 「つ」をお題にした「ツキを占うインタビュー」では、白石の「お休みの日はどんな過ごし方をしていますか?」という質問に対し、3人がアンサーボックスからくじを引きそこに書いてある回答を読み上げ、模範解答を引き当てれば勝利というルールの中、「山にこもって熊を倒しています」「海が好きなので、湘南までほふく前進で行っています」「自分の手のひらをずっと見つめています」などユニークな解答が続出した。

 「ぎ」をお題にした「ギリギリトークでチキンレース」では、時計を見ずにそれぞれが体感で86秒のフリートークに挑戦。トップバッターの渕上が独力で挑むなか、洲崎は来場者に協力を仰ぎ、新田は自身の脈を計るという作戦で接戦を繰り広げた。結果は渕上が74秒、洲崎と新田が77秒。わずか0.4秒差で優勝を奪い取った新田には、厚木市のゆるキャラ・あゆコロちゃんグッズ一式が贈られた。

 第2部「厚木チャレンジ」では、「あ」のお題が、あいうえお作文にちなんで「あ」と「ゆ」を使ってCDが売れるためのキャッチフレーズを考える「鮎作文」に変更。新田は「愛してあげる。夢の中まで」、渕上は「愛してる。夢の中でも聞いて」と、偶然にもよく似た解答を披露し、会場を沸かせた。

 「つ」のお題「釣られたら負けよゲーム」では、3人の代表者から洲崎が選ばれ、60秒間、白石の言葉に釣られないよう怒涛のマシンガントークを展開。白石の猛攻に、洲崎がみごと耐え抜く結果となった。

 「ぎ」は第1部と同じく「ギリギリトークでチキンレース」が行われたが、今回は3人が協力してチャレンジ。最終的には89秒と誤差を3秒まで縮める結果になり、それぞれにあゆコロちゃんぬいぐるみが贈られた。

 ライブコーナーの前には「☆STARRY☆」の収録曲について話題が及んだ。新田は「メジャーデビュー1発目の曲ということで気合を入れた」と表題曲の収録を振り返り、「この曲は1000ちゃんだけでは完成しない、今日の生披露ではじめて楽曲が完成するのではないかと思います」と語った。渕上はミリオが歌う「RE//BORN」について、「収録でシャウトしたのは初めての経験。これまでの楽曲では、ここまで激しい曲を歌うことがなかったので、自分自身テンションが上がりました。11月の『1000☆PARTY!!2016』でもみんなに盛り上がってもらいたい」、洲崎はプリマの「私流×HAPPY×STYLE」について「おとぎ話の宝箱をひっくり返したようなカワイイ曲。歌詞にもあるよう、ぜひ日曜日に聞いてほしい」とアピールした。新田が「私たちに思いきりみなさんの気持ちを届けてもらって、思いきり盛り上がってください」と呼びかけ、メジャーデビューCD収録曲を宇宙最速で生披露。新田が「☆STARRY☆」、渕上が「RE//BORN」、洲崎が「私流×HAPPY×STYLE」と、それぞれの楽曲を歌い上げた。

 最後は「今回のメジャーデビューは、みなさんからのたくさんの応援があったおかげ。1000ちゃんひとりではできなかったことで、ミリオちゃん、プリマちゃんもいてくれたからこそ今日が迎えられた。これからも1000ちゃんというコンテンツを末永く愛してほしいです」と新田がファンに感謝の気持ちを贈り、イベントの幕を引いた。……かと思いきや、客席から猛烈な白石コールが。声援を受けて、ライブ前に降段した白石が再登場し、来場者全員と三本締めを行って1000ちゃんの前途を祝した。

 メジャーデビューCD「☆STARRY☆」は、ライブで披露された3曲のほか、それぞれのオフボーカルバージョンを加えた全6トラックを収録。価格は1200円(税抜き)。

 11月5日には、昨年に引き続いて東京・ディファ有明で開催される「1000☆PARTY!!2016~A chance in thousands~」も控えており、新田、渕上、洲崎らが出演する。チケットの一般販売は10月1日から開始予定で、価格は7500円(税込み)。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着