前田敦子 涙の卒業宣言 in スーパーアリーナのDVD、予約好調スタート

前田敦子 涙の卒業宣言 in スーパーアリーナのDVD、予約好調スタート

前田敦子 涙の卒業宣言 in スーパー
アリーナのDVD、予約好調スタート

「私、前田敦子は、AKB48を卒業します…。」2012年3月23日から25日の3日間、さいたまスーパーアリーナで行われ、衝撃的な報告が告げられたAKB48コンサート「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」がDVDとして9月5日に発売されることが発表され、その予約状況が大変好調だ。AmazonのDVDランキングでは、7月10日に予約が開始されてから高額商品にも関わらず常に1位をキープしており、その期待感が伺える。

当コンサートにはAKB48と姉妹グループのSKE48・NMB48・HKT48・JKT48、3月31日をもって解散したSDN48も参加し、最終日にはAKB48コンサート史上最多人数の総勢261人が出演した。

このコンサートは様々な事件やサプライズの連続だった。1日目はオープニングでいきなり「東京ドームコンサート開催」の発表でファンを驚かせ、アンコールではGoogle+をきっかけに生まれた曲「ぐぐたすの空」を初披露。2日目は研究生メンバーの昇格、SKE48松井珠理奈のチームK兼任、NMB48渡辺美優紀のチームB兼任の発表。そして最終日となる3日目には「27thシングル選抜総選挙開催」の発表、メンバーの事務所移籍の発表。最後には誰も予想できなかった前田敦子の卒業宣言…。これら3日間のコンサートの模様、そしてメイキング映像を収めたDVDが「前田敦子 涙の卒業宣言!in さいたまスーパーアリーナ 〜業務連絡。頼むぞ、片山部長!〜 」だ。
商品はニーズに合わせて選べる全5形態でリリース。スペシャルBOXはコンサート全日程を完全収録。更にメイキングDVDとブックレット、生写真5枚封入の超豪華版!メイキングDVDには卒業発表直後の前田敦子の姿や、様々なドラマが巻き起こる舞台裏の様子まで収録。単品DVDは日程別のコンサートを収録したDVDに加え、生写真1枚を封入。そして、特別ダイジェスト盤DVDは3日間のLIVE映像やスペシャルBOX形態にも収録されている舞台裏の様子を収録したメイキングまで、この3日間で起きた全ての出来事から“おいしい所”のみを特別編集でリリース。まさに“いい所取り”のDVDで生写真1枚も封入される。

そして、7月10日よりDVD収録予定のLIVE映像をショート尺に編集したダイジェスト映像がAKB48公式ホームページ、およびAKB48のYouTube公式チャンネルで公開され、わずか1日で5万回再生を記録。前田敦子の卒業発表シーンや、3日間に及ぶLIVEの様子が4分弱の尺に編集されているので、9月5日のDVD発売まで待ちきれない人は要チェックだ。

あっちゃんが卒業を決めた夜、たかみな、優子、麻里子、ともちん、こじはるが泣いた。AKB48 東京ドームコンサート後に、あっちゃんが卒業を宣言したDVDを見て、あの日の夜を思い出そう。


【商品情報】
タイトル:前田敦子 涙の卒業宣言!in さいたまスーパーアリーナ 〜業務連絡。頼むぞ、片山部長!〜
発売日:2012年9月5日
商品形態:全5形態


<AKB48公式サイト>
(www.akb48.co.jp)

<前田敦子 涙の卒業宣言!in さいたまスーパーアリーナ 〜業務連絡。頼むぞ、片山部長!〜 特設サイト>
(akb48-dvdcatalog.com/ssa2012)

<「前田敦子 涙の卒業宣言!in さいたまスーパーアリーナ」DVD / AKB48[公式]>
(www.youtube.com/watch?v=6S9EQhk0GEo)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着