SKE48、BeeTVで本格ホラー主演、お化けたちも握手会に駆けつけメンバーを応援

SKE48、BeeTVで本格ホラー主演、お化けたちも握手会に駆けつけメンバーを応援

SKE48、BeeTVで本格ホラー主演、お化
けたちも握手会に駆けつけメンバーを
応援

SKE48が14日、神奈川・パシフィコ横浜にて開催された自身の握手会会場にて、メンバーが主演を務める携帯専用放送局BeeTVのオムニバスドラマ「学校の怪談」を7月20日より配信することを緊急発表した。

会場には、「学校の怪談」をモチーフに背筋の凍るような”怖〜い“セットを設置。普段の握手会とは異なる雰囲気に、集まったファンたちも始めは驚きを隠せない様子。開場と同時に、会場内に設営されたスクリーンに「本日解禁!伝説のドラマがSKE48主演で復活!!!」の文字が浮かぶと、総勢1万人を超える場内は大きなどよめきに包まれた。

さらに、ファンたちに一刻も早く作品の世界観を味わって貰いたいというメンバーの思いを形にし、ドラマの予告編、そしてSKE48がメンバーのこれまで体験した恐怖体験や、ドラマ本編よりも恐ろしい、撮影現場で起こった奇妙な現象などを紹介する特別番組「放課後の怪談」を配信に先立って上映。

また、ドラマ「学校の怪談」のエピソードのひとつである“市松人形”に扮した総勢10名の子役たちをはじめ、顔に血糊がついた不気味な看護婦や花嫁姿の幽霊を登場させ、まさかの“お化け”握手会も実現。“お化け”と握手をした松井珠理奈は、「間近でみるとやっぱり怖かったんですが、人肌のあったかさを感じることができて、なんだか安心しちゃいました。(笑)」 と感想を語り、ファンと同様SKE48メンバーにとっても驚きと興奮の異例の握手会となった。
「学校の怪談」は、1990年代に都市伝説ブームと相まって全国的に広まり、小説・映画・ドラマ・アニメ化と相次いで世の中に送り出され、90年代を代表する作品となった、もはや“日本の夏の風物詩”。本作は、大ヒットの火付け役となった常光徹著「学校の怪談」(講談社刊)を原作にし、常光徹氏監修の新ストーリーを加え、約11年ぶりにドラマ化された意欲作。

ストーリーテラーには、先月の<AKB48 27thシングル選抜総選挙>で“選抜メンバー”に選ばれた、松井珠理奈、松井玲奈を起用。さらに、「市松人形」「こっくりさん」「赤い部屋」などに代表される全15話のオムニバスドラマの主演を、今年の総選挙で大躍進を遂げたSKE48のメンバー11名で構成し、ファンのみならず期待を裏切らない作品となっている。

普段のライブ公演やTV出演時には見ることのできない、SKE48メンバーの特殊メイク姿や幽霊姿を見ることのできる注目の本ドラマ、携帯画面の特性を最大限に活かした演出でかつてない“恐怖”をお届けする。

■BeeTV「学校の怪談」
配信開始日:2012年7月20日 更新日:毎週水・土曜日更新 
主演:SKE48 ※五十音順
大矢真那 小木曽汐莉 木﨑ゆりあ 木本花音 桑原みずき 須田亜香里 高柳明音 秦佐和子 向田茉夏 矢方美紀 矢神久美
ストーリーテラー:松井珠理奈 松井玲奈 

「BeeTV」&「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」で7月20日より配信スタート!
(アクセス方法)ドコモの携帯から、
【iモードならBeeTV】 iメニュー>動画>BeeTV
【スマホならVIDEOストア】 dメニュー>dマーケット>VIDEOストア powered by BeeTV
<番組公式サイト>
▼iモード (beetv.jp/pg/10000395)
▼Android (sp.beetv.jp/pg/10000396)

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着