AKB48・岩佐美咲、念願の“無人駅で”イベント開催、一日車掌も務める

AKB48・岩佐美咲、念願の“無人駅で”イベント開催、一日車掌も務める

AKB48・岩佐美咲、念願の“無人駅”
でイベント開催、一日車掌も務める

AKB48の岩佐美咲が29日、千葉・いすみ市のいすみ鉄道・国吉駅にて演歌ソロデビュー曲「無人駅」(2月1日発売)のヒット記念イベントを開催。国吉駅は、ソロデビュー曲のタイトルと同じ無人駅”。歌の舞台となっている「無人駅」にて念願だった歌唱イベントを行うことが出来た岩佐は、1500人のファンを前に「『無人駅』でデビューしたときから地元・千葉県の無人駅で歌唱イベントをやりたいという無謀な願いを持っていて。かなうはずのない夢かなとずっと思っていたんですが、今日、こうやって実現できて無茶苦茶うれしいです」と感謝の気持ちを表した。
イベントでは、ソロデビュー曲「無人駅」をはじめ、カップリング曲「ヘビーローテーション〈演歌バージョン〉」、城之内早苗のカバー曲「あじさい橋」、それに再度「無人駅」の全4曲を披露。

続いて同駅前の駐車場で握手&記念スタンプ会を行い、この日だけ臨時で運行される特別列車「わさみん号」に乗車。彼女の愛称「わさみん」から名付けられた特別列車の一日車掌を務め、抽選で選ばれたファン40人が乗車する中「いすみ鉄道と岩佐美咲のことをもっと好きになってもらえるような旅にしたいです」とあいさつし、国吉駅から大原駅までの4駅、運行時間20分間にわたって車窓から見えるのどかな景色を眺めながら列車の旅を楽しんだ。

車内では、いすみ鉄道の歴史を紹介したり、同社と彼女のコラボグッズが当たるクイズ大会などを実施。終点の大原駅でファン一人ひとりを握手で見送った岩佐は「一日○○というのは初めてで、すごくあこがれていたので、今日は私にとって一番の夏の思い出になりました。いすみ鉄道について、今日一日ですごく詳しくなりました。鉄道って、面白いなと思いました。鉄道オタクになりそうです」とご機嫌の様子。

岩佐は6月6日に開催された「第4回選抜総選挙」にて、3年連続圏外から33位(9297票獲得)に選ばれ、演歌歌手としてもヒットを放ち絶好調。現在、全国の「無人駅」の写真を募集する「『無人駅』フォトコンテスト」(応募期間=6月11日〜8月31日)も開催中だ。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着