【超飛行少年~スーパーフライングボ
ウイ~】


取材:大庭利恵

“現在の超飛行少年”を形にしたって考
えてもらえたらうれしい

待望の2ndアルバムが完成したわけですが、バンドならではの音とライヴ感があふれ出ていますね。

小林
そうですね。やっぱりツアーをやったことによって、これまで自分たちが楽曲に求めていた“メロディーを大事にしていきたい”という気持ちと同じぐらいに、“ライヴで伝わる音を入れていきたい”と思った部分は大きかったですね。

それはアレンジにも大きく影響したってことですか?

遅塚
もちろん、そういう曲もありましたけど、ほとんどは自分たちが作りたいように作って、演奏する時に自然とバンドっぽく変化してった気がする。
長田
バンドっぽさっていうのは意識することで出るものでもなく、無意識の上の意識って言うんですかね。僕らひとりひとりがライヴで映える音を出したいって考えることで、自然と生まれてくるものだと思うんですよ。だから、もちろんライヴのことを考えたものもあるし、言葉を伝えるためにはどうすればいいのかって考えたものもあります。

シングル「水彩リトルスペクトル」の時に自分たちにとってのプラスαを突き詰めていったら、カップリングの「競争者」が自然とバンドサウンドになったという話をしていたと思うのですが、その気持ちが大きくなってきたという感じですか?

長田
そうですね。「競争者」の時は“今の自分たちがより楽しめるものは何か?”って探してたら出てきたものだったけど、それがより進化して、キチンと超飛行少年らしさも考えた上で作れたんじゃないですかね。

変化ではなく、進化だと?

長田
そうです。これからずっとこの形でやっていこうってことではないし、これからも進化していくだろうから、このアルバムは“現在の超飛行少年”を形にしたって考えてもらえたらうれしいですね。

なるほど。で、ひとつ気になったのですが、資料に“ライヴ感50%増し”って書いてありますよね。これ半分ってことなのでは?(笑)

遅塚
1stアルバムを100として考えてさらに50%増しってことなんで、半減ってことじゃないですからね!

アルバムタイトルを“エクスキューズ”にしようというアイデアは?

小林
最終的には僕が決めました。

曲タイトルから選びたいと思っていたのですか?

小林
そうですね。やっぱり歌詞を書く時に自分が込めた想いというのを、アルバムとしてひとつの言葉で表現したいっていうのはあったんで。
遅塚
でも、いろいろ考えれば考えるほど、どのタイトルでも当てはまっちゃったんですよ。

「マイネイチャー」でも「ニッケルガン」でもハマちゃうってこと?

小林
「マイネイチャー」なんて、絶対に1曲目にしたいと思ってたぐらい気持ちを込めて書いたものだったし、「陽が昇る前に」は伝えたいと思ったことがどんどん出てきて素直に書けた1曲だったんですよ。

最終的な決め手はなんだったのですか?

小林
響きですね。意味も、アルバムに合うなと思ったし。
長田
そうなった時に、より自分たちがアルバムに込めたものを伝わりやすくしようってことでジャケットのアートワークも考えて。

トビタ(超飛行少年のマスコットキャラクター。ジャケットにはいつも登場していた)がいなくなっているのが気がかりではあるのですが(笑)。

長田
大丈夫、裏にちゃんといます(笑)。

安心しました(笑)。ラストナンバーとして、かねてからライヴで評判が高かった未発表曲「透明アバンチュール」が、ついに収録されましたね。

小林
これは、1stアルバムの時にすでに出来上がってて、たまたまリリースするタイミングを逃してしまった1曲だったんで、やっと形にできてうれしいです。

でも、このバンド感を打ち出したアルバムを締めくくるのが、メロディーを重視してた時代に作られた曲というのが不思議だったりもするのですが。

長田
正直、今言われて、確かにそうだなと思いました。でも、作ったのは何年も前だけど、出している音は“現在”ですからね。逆に、そういう曲が入っているからこそ、このアルバムに僕らの現在の音が詰まってるってことになるんじゃないですかね。
小林
さらに、このアルバムから進化した音を5月からのツアーで伝えられると思うんで、ぜひたくさんの人に楽しんでもらえたらうれしいなと思います。
遅塚
ライヴ感が、さらに50%増してる予定なんで(笑)。
超飛行少年 プロフィール

スーパーフライングボウイ:2006年、ミニアルバム『スーパーフライングボウイ』をリリースし、結成1年という異例の速さでメジャーデビューを果たす。ポップなメロディーセンスと本格的なバンドサウンド、そして、少しナメた感じのキャラクターが話題を呼ぶ。2007年春には全国ツアーを成功させ、その続きとなるツアーが秋からは全国6ケ所で開催決定をしている。超飛行少年(スーパーフライングボウイ)Official Website

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着