取材:土屋京輔

注目の新鋭がファン待望の1stアルバム
を発表!

結成から約1年ですが、2人の中でBOUNTYというものの見方や考え方が変わってきたところもありますか?

KAZUYA
あまりそういう話って2人の間ではないんですよ。ただ、一年間ライヴをやっていく中で、自然と思うことは色々ありますね。音楽的には幅が広い感じもあったり。逆にこうでなくちゃダメというのもないんですね。だから、彼が歌って、僕がギターを弾けばBOUNTYというか(笑)。その辺の“らしさ”というものは2~3年後に出てくるものだと思うんですよ。

なるほど。お互いについてはどう見てます?

KAZUYA
すごく個性的だと思いますよ、自分の世界を持っているし。僕もいろんな歌い手の方と仕事をしてきたけど、その中でも相性がいいなと感じますね。期待以上に返してくれますし、安心感もあります。時には理解できないところもあるんだけど(笑)、フロントに立つ人物としてはそれぐらいがいいんです。だからこそ夢が見れる。何となく価値観が似てるなぁと思うところもありますしね。
Aoi
僕はKAZUYAさんのことを繊細な人だなぁといつも思っていて。でも、すごく芯は持っているんですね。そういったところが曲にも表れているんです。一緒にいて楽しいですし、良いものを作る上でも、とてもいい環境だと思いますね。

ようやく完成した1stアルバム『Tribal』に対しては、どんな印象を持ってますか?

KAZUYA
まず結成してからアルバムが出るまでをワンクールと考えた時、足りないところを補っていくような曲の作り方をしていたので、自然とコンセプト的なものはなかったんですね。とりあえずは名刺代わりの1枚ですよね。ただ、結果的に音源がない時から何度もライヴに来てくれていたファンのみんなと僕たちで育て上げた感じにはなっていると思うんです。
Aoi
マスタリングの時は泣けました。やっと形になったこともあるし、それがいろんな人の元に届いて、いろんな人が聴いてくれたらいいなぁって。今単純に思いついたのは、“ヘンゼルとグレーテル”に出てくる、お菓子の家みたいなイメージもありますね(笑)。どこを聴いてもおいしくて面白いアルバムになっているんじゃないかなって。

完成に至るまでに特に興味深かった曲などは?

Aoi
「Coming brand new days」は、配信限定シングルとしてリリースするにあたって、アレンジや歌詞を変えたりしたんです。僕はできたものに手を加えるのはあまり好きではないんですが、元の形よりもよくできた感じはしました。それと「always」は、曲が持っているものが独特だったし、新たなチャレンジもありました。明らかに普通には歌えない速さのメロディーがあって、これはきっとラップってことだよなぁ、と思ったんですね。ただ、ラップとロックをどう交えたらいいのかな…と歌詞を考えている時に、キラキラ感のあるロックっぽいニュアンスの韻の踏み方にしてみたんです。これをライヴでやってみるとどうなるのかな、という気もしていましたし。
KAZUYA
「always」は作り手的にも多少、冒険でした。でも、普通にいいものを返してくれたので。根本としては、単純にタオルを回す曲を作りたかったんですよ(笑)。個人的に一番興味深かったのは、曲の作り方でしたね。今回、共同でアレンジを徹くん(Dr/元FANATIC◇CRISIS)がやってくれたんですけど、電話とメールでのやりとりで基本的な楽曲制作を終えたという。今のご時世ってこういうものなんだね、とか言いながら(笑)。僕は合理的な人間なので、今のこういった制作スタイルがすごくやりやすいし、いいなと思いますね。

Aoiくんのアイデアでガラリと変わった曲もある?

KAZUYA
「Delusion」は思いっきりそうですよ。英語の歪んだ声が入ってくるところ。実はアレンジで一番悩んだかもしれない。ギターソロや普通の間奏にしても何だかなぁと。そこでAoiくんから声を入れたいという話が出てきて、やってみたらすごくカッコ良くなったんですよ。
Aoi
歌詞には載せていないんですが、サーカスの団長さんが英語でアナウンスしているイメージだったんです。ただ、僕は言葉とかあまり好きじゃなくて…こう言ってしまうとあれですけど(笑)。感覚的なところ、本能の部分を出したいんですよね。言葉じゃ表現できないこともいっぱいあるじゃないですか。だから、歌詞を書く時も、あまり深く考えないようにしたりしています。むしろ、すごくフラットな状態だから書けている気もしますしね。

曲の中でひとつの役柄を演じるような感覚なんでしょうね。内容的には希望に向かう世界観を感じるんですよ。

Aoi
そうであればいいですね。僕自身あまりキレイなことやいいことを言いたくないし…ただ、これはKAZUYAさんが曲に対して込めたものがポジティヴだからでもあるのかなって。

5月5日からは東名阪ツアーが決まってますよね。

KAZUYA
はい。1年前の5月5日にライヴをスタートしたんだけど、同じ場所で同じ日にやりたいと話していたんですよ。先日、名古屋、大阪にライヴに行ったんですけど、まだアルバムが出ていない状況でもすごく手応えがあったんですね。その感じを今度のライヴでも出したいですね。
Aoi
アルバムが出ますし、ようやく曲がきちんとした形で届いたうえでの記念日になるんですよね。本当の意味で一緒に楽しめたらいいなと思いますね。
BOUNTY プロフィール

バウンティー:KAZUYAがFANATIC◇CRISIS解散後、数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュース活動を行なっている時にAoiと出会い、2007年3月に結成。同年5月5日に6曲限定ライヴにて本格的に始動する。BOUNTY オフィシャルサイト
BOUNTY Official Website

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着