取材:土屋京輔

とにかく伝えたい気持ちが膨らんだ

アルバム『DIAMOND』の次となるシングルは、意外性も感じさせる「MERRY GO WORLD」で来ましたね。

塩谷
5年目の一発目ということもあるんですけど、ちょっと新しい挑戦もしたいなぁと。それと最近、完全にバンドが外を向いているんですよ。ずっと現代社会というものに対して歌ってきたけど、歌詞の一部をとるなら、“僕等が叫ばなければ”というところなんですよね。とにかく伝えたい気持ちが膨らんだし、新しいお客さんにも聴いてほしい。そんな意味でも入口になるようなキャッチーさを意識して作りました。
川内
僕はまずインパクトがあるなぁという印象だったんですけど、実際にレコーディングしてみても想像以上のものができたんですね。こういう曲調でも12012としてのグルーブが出せたし、すごく手応えを感じましたね。
酒井
ポップじゃなく、ロックの要素もちゃんと詰め込むことができたし、2008年のいいスタートになったかなと。
須賀
上辺だけじゃなく、ちゃんと実も詰まってますしね。
宮脇
ポップな曲は耳に入りやすいけど、デメリットもあるんですよね。例えば、強い内容のことを歌っても響きにくかったりして。でも、そこも今回は上手く調和できたんじゃないかな。俺が歌えばメッセージ性が強く出てくるところもあるけど、その基盤は演奏で作ってくれたと思うんですよ。

歌詞も、見ている世界がより広い印象がありますよね。

宮脇
自分としてもひと皮むけたい時期なんだけど、そのきっかけとしてもいい曲になったというか。いろんなものが常に変わってくる中で、この曲が与えてくれたものが3つぐらいリンクしたんですよね。誰に向かって歌うのか、どんな状態で自分が歌うのか、次のモードの自分。内容的には生きている今を書いてるんですけど、このスピード社会…メリーゴーランドと一緒ですよね。ずっと同じところを回っていて、同じことが繰り返されている。乗っている人はそれがあまり分からないんだけど、外に出て俯瞰して見ると見え方も違う。そこでもう一度、乗り込むんですね。ーーその中で“叫ばなければ”と決意して行動に移すと。
須賀
『DIAMOND』を録った後ぐらいからだと思うんですけど、バンドが外を向いていることが如実に表れているし、この5人の意思がすごくこもった内容だと思いますね。
酒井
僕はレコーディングの間際に出来上がった歌詞を見るんですけど、ブースで歌っている声を聴いた時、やっぱ何か叫びたいんだろうなという勢いを感じたんですよ。
宮脇
でも、いい叫びですよ、苦悩とかではなくて(笑)。

前向きな気持ちですね。ライヴで披露される日も楽しみです。さて、結成5周年を記念して、“嵐”なるタイトルが付けられた赤坂ブリッツ公演が5月15日に決定しましたね。

宮脇
5周年であり、シングルの発売もあり、3月から回ってきたツアーのファイナルでもあり、いろんな思いが込められてるし、気持ち良さを残したいですね。みなさんの煩悩を全て吹き飛ばしてあげたいと思ってますよ。
塩谷
特別なライヴにしたいですね。最近やってない曲も織り交ぜつつ。“嵐”なんでエラいことになりそうですね。
須賀
この間も話してたんですけど、気合いが入ってるのはメンバーだけじゃないんですよ。知らないところで、スタッフもすごい状態になってる感じで(笑)。最近のライヴとはまた違う、集大成を見せることができるんじゃないかな。
12012 プロフィール

宮脇渉(Vo)、酒井洋明(G)、須賀憂介(G)、塩谷朋之(B)、川内亨(Dr)のメンバーからなる5人組ロック・バンド。「人間の内面における狂気」というコンセプトのもと03年5月に結成。03年7月に1stシングル「depression sign」でインディーズ・デビュー。大阪を拠点として数々のライヴに出演、不定期ではあるが江坂BOOMIN HALLにて主催イベント『Formal≠Normal』を開催し、ヴィジュアル好きのファンのみならずロック・ファンをも虜にしていく。インディーズでシングル8枚、ミニ・アルバム5枚、1stフル・アルバム、裏ベストを発表後、Dir en greyやkannivalismなどが在籍する<フリーウィル>に所属事務所を移籍。

07年6月には、<ユニバーサルミュージック>から1stシングル「CYCLONE」をリリースし念願のメジャー・デビューを果たす。ロサンジェルス市警の“犯人凶器所持”という暗号から引用されたバンド名“12012”が示すように、危険性を匂わせる彼らのステージは、日本のみではなく米国を中心に欧米にまでその支持を拡大している。12012Official Website
12012 Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」