L→R 佐藤純一、towana、kevin mitsunaga、yuxuki waga

L→R 佐藤純一、towana、kevin mitsunaga、yuxuki waga

【fhána】「ケセラセラ」からの流れ
でニヤリとしてもらえたら嬉しい

「青空のラプソディ」で、それまでとは違う明るくキャッチーな一面を見せたfhánaが早くもシングルをリリース! 今作「ムーンリバー」はデビュー曲「ケセラセラ」と同じアニメ『有頂天家族』続編のタイアップで、遊び心が満載だ。
取材:榑林史章

「ムーンリバー」はデビュー曲「ケセラセラ」がタイアップになっていたアニメ『有頂天家族』続編のエンディングテーマで、作曲がyuxukiさんですね。

佐藤
「ケセラセラ」でデビューして、アルバムを出してツアーをして、fhánaの活動が1周した感覚があったんですね。そんな時に活動の起点となったアニメ『有頂天家族』の続編のお話をいただいたので、1周回った感覚と同時に新しい側面も楽しんでほしいと思って。と同時に「ケセラセラ」と重なる部分もあえてたくさん設けています。

MVを「ケセラセラ」の時と同じ、京都の鴨川や下鴨神社で撮影しているのもそのひとつですね。

towana
デビュー曲のMV撮影で初めて行った思い入れのある場所だったので、戻って来られて感慨深かったですね。結構寒かったのと、飛び石の上で歌うシーンでハイヒールが滑りそうになって危なかったです(笑)。「ケセラセラ」との共通点と違いを発見して楽しんでほしいです。
佐藤
新しい側面としては、「ケセラセラ」は僕が作曲で、叙情的だったのに対して、「ムーンリバー」はyuxukiくん作曲で、シリアスで熱い曲になっています。
yuxuki
曲としては、『有頂天家族』の前作では一見完璧に見えたキャラクターの弁天の悩みや苦悩と、そこから立ち上がるための強さを描いています。なので、最初は淡々としていて、徐々に熱く明るくなるようにコントラストを付けています。
kevin
fhánaの楽曲でこのようなマイナー調の曲は珍しいと思います。曲の出だしがエレクトロな感じになっていたり、結構新しいことにチャレンジしていますね。

歌はどういうことに意識を置いて?

towana
歌は少し大人っぽく聴こえるように意識しました。歌いやすい音域だったんですけど、すごく難しいメロディーで。ロングトーンは単調にならないように強弱を付けて、サビは駆け上がるような雰囲気を意識して…と、やれることを全て詰め込んだ感じです。細かいところまで聴いていただけたら、いろんな発見があると思います。
yuxuki
今回towanaの声の調子がすごく良かったので、特にロングトーンとか声の伸びを楽しんでほしいですね。

タイトルの“ムーンリバー”は映画『ティファニーで朝食を』の「ムーン・リバー」を彷彿させますが。

佐藤
実際、オードリー・ヘップバーンの「ムーン・リバー」がインスパイア元です(笑)。「ケセラセラ」がドリス・デイの名曲から付けたので、今回も名曲からと思って。それで鴨川に月が映っている映像が浮かんだので。「ケセラセラ」からの流れでニヤリとしてもらえたら嬉しいですね。

すごく遊び心がありますね。同じアニメシリーズのタイアップを続けてやるからこそできることで、アニメ盤に収録の「ケセラセラ先斗町Ver.」も遊び心がたっぷりだし。

yuxuki
せっかくの機会ですからね。去年のライヴでやった“なんちゃってジャズバージョン”を発展させました。小気味良くリズムにノれるようなバンドアレンジに仕上げています。
towana
“先斗町Ver.”と言うだけあって、大人っぽいアレンジになっていて。それに合わせて歌ったら自然と歌も少し大人っぽくなりましたね。でも、デビュー当時にはこういう歌い方はできなかったと思うので、元のバージョンを知っている方は成長というか、違いを楽しんでほしいです。

「ムーンリバー」も含めて、アニメ盤では“大人towanaさん”が楽しめるわけですね。

towana
はい(笑)。アニメ『有頂天家族2』のキーパーソンである弁天が、すごく大人な女性なので自然とそうなりました。

アーティスト盤のカップリング曲「Rebuilt World」は切なさがあって、fhánaらしさのある楽曲だと思いました。

佐藤
タイトルは“世界を再建する”みたいな意味で、一度落ち込んで立ち直っていく部分では「ムーンリバー」と同様ですが、fhánaとしては大きな意味を持っています。というのは、昨年の『アニサマ』出演のあと、実はtowanaが喉のポリープ手術をしているんです。歌手にとって喉の手術は一大事で、towanaは“歌手生命が絶たれるんじゃないか”と思い詰めて落ち込んでいたんですけど、手術を無事終えてからは前より声の調子が良くなって、その第一弾が前回の「青空のラプソディ」だったんです。以降上り調子で、今回の「ムーンリバー」を迎えた次第です。だから、僕らとしても、“Rebuilt”があって、しかも前よりパワーアップしているという。
towana
当時はすごく辛かったですけど、手術したらむしろ前より調子が良くて。今絶好調です!(笑) 今回のシングルは1枚を通して、『有頂天家族2』の弁天という女性キャラクターがキーパーソンになっていて。その弁天が悩み落ち込んで、そこから立ち直っていくように、私自身も佐藤さんが話したようにいろいろあって落ち込んで苦悩して、でも今はもうそれを乗り越えて…と自分のこととすごく重ねてレコーディングしました。今のこのタイミングでこういう曲が歌えたことは、すごく良かったと思っています。

すごく濃いシングルになりましたね。fhánaらしさと同時に新しさもすごくあって、深さも感じるというか。

yuxuki
いろいろな部分でそう思ってもらえたら。バンドのドラマが詰まったシングルになっていると思います。
佐藤
あと、音楽的にEDMを意識したんだけど、ワブルベースを使わずクラムボンのミトさんに生でスラップベースを弾いてもらったことで、EDMっぽくなくなっています。
kevin
EDMでは使わないけど、fhánaではお馴染みのストリングスやグロッケンを使っているのもポイントで。fhánaとしての新しさが出ていると思うし、かと言って今までのfhánaとはガラリと違うわけではないし。いろいろな角度から楽しんでいただけると思います。
「ムーンリバー」2017年04月26日発売Lantis
    • 【アーティスト盤】
    • LACM-14596 1296円
    • 【アニメ盤】
    • LACM-14597 1296円
fhána プロフィール

ファナ:2011年、佐藤純一を中心に、yuxuki waga、kevin mitsunagaの3名のサウンドプロデューサーによって結成。12年秋にゲストヴォーカルのtowanaを正式メンバーとして迎え、現在の4人体制となる。13年8月にシングル「ケセラセラ」でメジャーデビューを果たし、その後は新人アーティストでは異例とも言える連続アニメタイアップなど、シーンを問わず各界から注目を集めている。fhána オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着