te'5thアルバム『ゆえに、密度の幻想は綻び、蹌踉めく世界は明日を『忘却』す。』

te'5thアルバム『ゆえに、密度の幻想は綻び、蹌踉めく世界は明日を『忘却』す。』

te'、現体制初アルバム完成&リリー
スツアー開催

インスト・ポストロックバンド、te'が、ニューアルバム『ゆえに、密度の幻想は綻び、蹌踉めく世界は明日を『忘却』す。』を10月3日にリリースすることが明らかになった。

前作『敢えて、理解を望み縺れ尽く音声や文字の枠外での『約束』を。』より約1年4ヵ月ぶり、通算5枚目となる今作。
matsuda(Ba.)加入以来初のアルバムで、今までの骨太なサウンド、キャッチーなメロディは残しながら、ラウド・ミュージックからメタル、ジャム・ロックなどこれまで以上に幅広い音楽性が詰まった、バンドとしての再スタートを感じさせる作品に仕上がっているという。
リリース後には、全国ツアー「陋劣の残滓を啜り聖を排出する正義という呪縛。狂躁する資本主義の末期衝動。罪は通奏低音の如く聖に平衡し、赫奕たる旋律をかなでる。」の開催も決定。なお、全9公演のうち、東京、名古屋、大阪、札幌の4公演はワンマンライブとして行われる。

チケットは9月1日(土)より公演ごとに順次一般発売がスタート。現在<GET TICKET>では8月24日(金)13:00まで先行予約を受け付けている。


【リリース情報】
5thアルバム『ゆえに、密度の幻想は綻び、蹌踉めく世界は明日を『忘却』す。』
2012/10/03(wed) リリース
ZNR-126/¥2,500(tax in)
[収録曲]
1.生命の快楽とは死の『接種』であり、終焉へ歩む生の動力である。
2.楽観の深奥で燻る魔は、万人が宿す普遍的無意識の『罪』の残滓。
3.道徳とは権力の装置であり民衆の自由の最大の『枷』と自覚せよ。
4.『弦』の揺らぎは多様の文様を紡ぎ、泡沫夢幻の重奏をかなでる。
5.探求者は相対する事象の『中間層』を彷徨う半音階的世界の住人。
6.茫漠の中の『粒子』の蜜月は、私という存在が煌めく刹那の現身。
7.連続と不連続の境界での戯れが、命脈を繋ぐ『供犠』という慰み。
8.音の中の『痙攣的』な美は、観念を超え肉体に訪れる野生の戦慄。
9.夢境は重力の『検閲』を畏れず、閉じた裡を突破する自由の幽体。
10.私は川の窪み。流れは過ぎゆけど保たれる波紋。『動的』な秩序。
11.貨幣を峻拒する狷介な咆哮だけが禁忌を侵犯する。黙考する『叫』


【ツアー情報】
『陋劣の残滓を啜り聖を排出する正義という呪縛。狂躁する資本主義の末期衝動。罪は通奏低音の如く聖に平衡し、赫奕たる旋律をかなでる。』
[日程]
10/6(sat)- 金沢 vanvan V4
10/7(sun)- 京都 METRO
10/8(mon)- 岡山 CRAZY MAMA 2nd Room
10/20(sat)- 札幌 BESSIE HALL
11/3(sat)- 仙台 CLUB JUNK BOX
11/4(sun)- 群山 CLUB#9
11/17(sat)- 大阪 LiveHouse Pangea
11/18(sun)- 名古屋 CLUB ZION
12/9(sun)- 渋谷 CLUB QUATRO
※東京、名古屋、大阪、札幌ワンマン

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』