L→R Fumiha(Ba&Cho)、Aika(Dr&Cho)、Ryoko(Vo&Gu)、Yurika(Gu&Cho)

L→R Fumiha(Ba&Cho)、Aika(Dr&Cho)、Ryoko(Vo&Gu)、Yurika(Gu&Cho)

【ЯeaL】メンバー全員負けず嫌いで
“漢”臭い

今、大阪発のティーンズガールズバンド、ЯeaLが注目を集めている。ニューシングル「カゲロウ」はテレビアニメ『銀魂.』のオープニングテーマとしても話題だ。Ryoko(Vo&Gu)のコンポーザーとしての能力はもちろん、楽器陣の演奏面も高く評価されているだけに、今後の展開が期待できる。
取材:水谷エリ

楽曲全てにおいてみなさんのエネルギーが伝わってきました! 作詞作曲を自分たちで手掛けているというのもЯeaLの武器だと思うのですがいかがですか?

Ryoko
結成した時から全部、私が作詞作曲をしているんですけど、そこは変わらずに貫いてきました。
Aika
それが当たり前みたいな。

それはすごい。本作でリード曲となっている「カゲロウ」は、アニメ『銀魂.』新シリーズのオープニングテーマにもなっていますが、最初からアニメを意識して作曲をしていったのですか?

Ryoko
と思われがちなんですけど、実はこの曲はデビュー前に1コーラスだけあって、そのデビュー前の不安だった時期に書いていたものを『銀魂.』のスタッフのみなさんが気に入ってくださってオープニングテーマに決まったんです。そこからフルコーラスの尺を作って完成したのが「カゲロウ」なんです。

今、“不安だった時期に”とおっしゃいましたが、そんな気持ちを抱いていた時があったとは驚きです。

Ryoko
デビュー前も、デビューしてからも不安でした。ライヴでお客さんが増えない時期もあったので、自分たちの音楽を聴いてくれている人が果たしているのだろうかと自問自答する時間が結構あって。その頃にできた曲だったので、歌詞も最初の部分はすごくネガティブなんですよ。でも、いろいろな不安を乗り越えて書けた歌詞だったので、1曲の中でコントラストがあるというか。今までのЯeaLと、それを踏まえた上でどうしていくかという決意の曲にもなったのかなというのはあります。

コンポーザーでもあるRyokoさんはギターも弾かれているだけに、レコーディングの時にYurikaさんに対して要望を多く言ってしまったりしないですか?

Yurika
どうですかね。私よりもドラムのAikaのほうが要望は多く言われていると思いますよ。
Ryoko
ひとつの楽器を集中的に攻めるというよりかは、曲として聴いた時にこの曲のギターソロは絶対に速弾きじゃないといけないとか、この曲は絶対にベースはスラップじゃないといけないとか言ってますね。
Aika
曲によって攻める人が違うよね。

ティーンズガールズバンドというより、体育会的な男性ロックバンドのノリじゃないですか(笑)。

Ryoko
メンバー全員負けず嫌いで男臭いところはありますね。それも“男”というより、“漢”みたいな(笑)。
Fumiha
確かに、文化部系のノリではないですね。
Aika
でも、結成当初からこんな感じなんですよ(笑)。
Ryoko
それこそ高校の夏休みとか、朝の9時から夜の10時までずっと楽器の練習していましたから。
Aika
門限ギリギリまでやっていたよね。
Ryoko
でも、今も当時とそんなに変わらないかな。スタッフさんとか関わる人は増えたけど、やっていることはほぼ変わらない。むしろ、もっと頑張らないといけない!と思っています。
Aika
その気持ちはこうしてアニメのオープニングテーマに決まってから一層強くなりましたね。

そんな今作の聴きどころはどこでしょう?

Aika
ラストのサビで転調するんですけど、そこですね。あと、個人的にはド頭のギターフレーズがすごく耳に残るというか。
Yurika
ここはドラムとベースの音がない分、このふたり(Ryoko&Yurika)がやらかすと終わるんで(笑)。あとは、聴いてもらった通り、ギターは細かいフレーズが多くて難しいんですよ。レコーディングが終わったあと、魂が抜けたみたいになりましたね(笑)。
Fumiha
ベースはドラムと一緒に録ったんですけど、ストレートな曲だけにやりやすかったですね。
Ryoko
うちらは全員主張が激しいんですよ。誰かがこういう音を出しているから自分もそこに合わせようというのではなく、私はこんな音が出したいんだ!っていうのが詰まっているのもЯeaLらしさなのかなって。

カップリングの2曲もЯeaLらしさが詰まっていますね。

Aika
カップリングだからって妥協していないよね。
Ryoko
うん、手は抜いていない。「ひらり舞う」は高校生の時に作った曲なので、2年越しで出せることになりました。背伸びをしていないというか、良い意味で等身大の自分たちが出せた曲になったと思います。「満月の夜に」は2カ月前に書いたので、もっとも新しい曲と言えます。メロディーも気に入っていて、歌詞にもとてもこだわっているんですよ。納得のいく大好きな一曲になりました。
Aika
ポップかつバンドサウンドがゴリゴリな感じで、ギャップが出ていて良いと思います。

良い曲が揃ってますからね。また、今年3月でデビュー1周年を迎えられますね。

Aika
以前と比べるとメンタル的には強くなりました。
Fumiha
うちら、めっちゃ豆腐メンタルだからね。
Ryoko
そうそう。負けず嫌いで強がりなくせに(笑)。今までは4人とも考えることが子供だったんです。ライヴでお客さんが入っていなかったらどうしようとか。でも、今はだいぶ強くなってきた。それもあって余裕が出てきましたね。

では、豆腐メンタルは卒業ですか?

Ryoko
と言いつつ、5年後も10年後も豆腐メンタルとか言ってそうだけど。
Yurika
木綿豆腐ぐらいにはなれるんじゃない(笑)。
Ryoko
じゃあ、最終的には高野豆腐ぐらいにはなれたらなって思います。ちょっとずつ強くなれたらいいですね。
「カゲロウ」2017年03月01日発売SME Records
    • 【期間生産限定盤(DVD付)】
    • SECL-2120~1 1500円
    • 【通常盤】
    • SECL-2119 1300円
ЯeaL プロフィール

リアル:大阪発のガールズバンド。バンド名の“Я”は“やー”or“ろしあもじ”or“ろしあ”で変換できる。作詞作曲を手掛けるRyokoのポップメイカーとしてのポテンシャルの高さと、圧倒的なライヴパフォーマンスが話題となり、関西を中心に人気急上昇中! 2016年3月にシングル「秒速エモーション」でメジャーデビュー。17年3月にリリースした3rdシングル「カゲロウ」が人気テレビアニメ『銀魂.』新シリーズのオープニングテーマとして注目を集める中、同年5月に待望の1stアルバム『19.』をリリース!ЯeaL オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着