L→R RYO(Vo)、LANCE(MC&Vo)、DJ MAKKI(DJ)

L→R RYO(Vo)、LANCE(MC&Vo)、DJ MAKKI(DJ)

【ONE☆DRAFT】ここからさらに飛び出
すための“俺タチのけじめ盤”

デビュー10周年を記念した2枚組ベストアルバム『俺タチのまとめ盤』。熱いアップチューンから切ないナンバーなど、彼らの魅力が堪能できる本作の話題や、10周年の想いを語ってもらった。
取材:土屋恵介

10周年記念のベストアルバム『俺タチのまとめ盤』は2枚組の大ボリュームですが、選曲はどのように?

LANCE
シングルを入れるのは決めてて、それ以外は話題になった曲をピックアップしたんです。Disc-1が“先攻”、Disc-2が“後攻”って付けてあるんですけど、曲順は3人でドラフト会議で決めたんですよね。
MAKKI
1曲ずつ付箋に曲名書いて、3人で順番に箱から引いていきました。
LANCE
だから、流れとかは考えてないんですよ(笑)。

ほんとに野球のドラフト会議みたいに決めたと。確かに、2枚の曲名が並ぶと試合してるふうにも見えますね。

LANCE
結果、そういうふうに見えるようにもなりましたね。

今回、ライヴでやっていた曲「まだ止まれない」を初音源化されましたね。

RYO
ずっとライヴでやってて、盤にはなってなかったので新録曲として録りました。
LANCE
曲自体は5年以上前に書いたものなんです。

今聴くと“まだまだこれからもやっていく!”という、10周年目の決意にもつながって聴こえますね。

LANCE
そうですね。当時はそれまでの自分たちを意識して、“このままじゃまだ止まれない!”って気持ちで書いたんですけど、確かに歌詞を読むと今こうして10年目を迎えられているのは、やっぱりファンのおかげだなっていうのは感じますね。“俺たちがみんなを音楽で支えるんだ!”って言ってきたけど、ほんとは自分らがみんなに支えられてるんだなって曲ですね。

では、今作から印象深い曲をそれぞれ挙げてください。

RYO
僕はデビュー曲の「フルサト」です。MVの撮影とか何もかもが初めてだったし、今だに鮮明に覚えてますね。歌詞の通り、大人になるってことを考え始めた時期だったし。あと、両親への感謝も書けた曲なので印象深いです。
MAKKI
僕はONE☆DRAFTのルーツ的な「SUMMER DAYZ」です。僕らが結成して一番最初に作った曲なんですよ。当時、ほんとにノリだけで作った曲が、こうしてベスト盤に入るのは感慨深いです。
LANCE
僕はライヴで一番起用した「ワンダフルデイズ」ですね。最終的に「ワンダフルデイズ」で締めるライヴが長年続いてたので。それだけ3人とも信頼を置いてた曲ですね。僕らの代表曲と言ってもいいのかもしれないです。

なるほど。では、10年活動していく中でいろいろな時期もあったと思いますが、印象深い時期はいつ頃ですか?

RYO
僕らのヒストリーを見ると、2011年の9月から2013年の春までが何も書いてないんですよ(笑)。
MAKKI
リリースができない時期で、グループで見ると苦しかった時期ですね。

そこを乗り越えるモチベーションはどんなものでしたか?

RYO
やっぱりライヴだったと思います。
LANCE
そうだね。ひたすらライヴをやった2年間だったなぁ。
MAKKI
その頃は、ライヴが終わって反省会して打ち上げして。その時、いろいろな人からもらった意見をメモしてました。初めて客観的に僕らのライヴを見た時期だったんです。ある意味、叩き上げられた2年間だったのかもしれない。
LANCE
その頃、私生活で溜め込んでるものを曲にしようと思ったけど、うまくいかなくて、ライヴで発散してたのはありますね。そこはひとりじゃ、多分トンネルを抜けられてないくらいでしたね。そういう時代を乗り越えないと先がないんだっていうのを見せ付けられたというか。それまで、ほんと好き放題やってたんですよ。で、5年間付き添ってくれてた大人が去っていった。そこで3人で何をするか、歌うしかない、歌で見せるしかないって。ただ、その憤りが雑になってて、ライヴで水撒きゃいいだろう、スピーカー登ればいいだろうって感覚があったんです。まぁ、今もスピーカーに登っちゃったりしますけど(笑)。でも、あの頃と違うのは、変に頭を使うよりも、気付いたら登ってたって自然な表現になったところはあります。やっぱり、曲が書けないっていうのが個人的にはスランプでしたね。だから、その頃からMAKKIとRYOも曲を手掛けるようになったんです。
MAKKI
そういう時期があったから今のかたちができて、10年目を迎えられたんだなって。これからも誰かが厳しい時は誰かがフォローできるっていうかたちが確立できたと思います。

厳しい時代を乗り越えて、よりチームとして機能がアップしたと。

MAKKI
そうですね。この10年間で3人の阿吽(あうん)の呼吸がよりアップしました。もう今は変な心配はしないですね。よりライヴに集中できてます。

そして、今年の4月からは10周年記念ツアーがあり、5月27日には大阪で10周年記念ライヴ『「蜂桜祭」〜大阪服部緑地 野音SP〜』も開催されますが、その意気込みを聞かせてください。

RYO
やっぱり、10周年を迎えた今の俺らができるベストのライヴをしたいというのは思ってますね。
MAKKI
デビュー曲から最新の曲までやって、メドレーとかもやったり、面白いことをやれたら…とか考えてます。
LANCE
ツアーもそうですし、大阪でもとにかく熱いライヴをしたいです。大阪は野外だし、特別なことができたらなって。ステージが広いんでRYOと俺がダッシュして始めるとか(笑)。とにかく、今の俺たちの気持ちとしては、10周年の節目でベスト盤とツアーでいいライヴを届けて、11年目からまたルーキーのような気持ちでやっていきたいって想いが強いです。ベスト盤の話になっちゃうけど、これは“俺タチのけじめ盤”ですね。ここで落ち着くんじゃなく、2017年はここからさらに飛び出すって感じにしたいです。
『俺タチのまとめ盤』
    • 『俺タチのまとめ盤』
    • TKCA-74459
    • 2017.01.25
    • 3780円
ONE☆DRAFT プロフィール

ワン☆ドラフト:1981年生まれ、帝京高校野球部出身の同級生3人組。野球部引退後、DJ MAKKIはクラブDJへ転身し、関東の主要イベントで活躍。LANCEは単身アメリカへ留学。RYOはソウルバーで働きながらバンドでのライヴ活動を行なっていた。06年、そんな3人が再度集結しユニットを結成。“DJ / RAPPER / SINGERそれぞれのジャンルでドラフト1位級に”という願いを込め“ONE☆DRAFT”と命名する。07年3月、シングル「フルサト」でメジャーデビューを果たした。ONE☆DRAFT オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着