L→R 明希(Ba)、ゆうや(Dr)、マオ(Vo)、Shinji(Gu)

L→R 明希(Ba)、ゆうや(Dr)、マオ(Vo)、Shinji(Gu)

【シド】想いをひとつにしての再始動
シングル

2017年は再始動のタイミングなので、4
人がひとつになって攻めていけたら

そして、カップリングの「チイサナツバサ」は清涼感と疾走感があって、高い空が見えるようなナンバーですね。

明希
曲自体はずーっと前からあって陽の目を見ることがなかったんです。今回、カップリングに収録されることになってメロディーと大まかなコード進行だけ残してガラッと変えました。“今、こういう曲がシドにあったらカッコ良いだろうな”って。ベースに関しては「硝子の瞳」とは真逆の発想ですね。自分が今思うシドのロックサウンドを突き詰めました。

“AKi”名義でソロ活動をされていますが、それも影響しています?

明希
そうですね。特にサウンド面でいろいろなことを勉強できた1年だったので、アレンジもライヴを意識してよりエネルギッシュに聴こえるように。テンションが途切れない曲になったんじゃないかと思っています。

この曲を聴いて“チイサナツバサ”というタイトルがなぜ浮かんできたのでしょうか?

マオ
タイトルはある程度、歌詞が完成してから付けたんです。曲を聴いてお客さんが笑顔でノッている絵が浮かんだので、そういう歌詞って何だろう?というところから書き始めたんですけど、単純に前向きなことを歌う内容じゃないなって、いろいろなことを考えて書きましたね。

《途中でやめるのは 恥ずかしいことじゃない》《今は 休んでいたいだけ》という箇所が気になりました。どんな想いがあって書いたのですか?

マオ
自分もちょっと前に経験したんですが、最近、キャパオーバーして無理しちゃう人が多い気がしたので、“もっと気楽に長い目で見て笑顔でやっていこうよ”というのがテーマとしてありました。自分自身もずーっと音楽を続けていく上でそうありたいし、“長く応援したいです”“10年応援しています”というファンの人が多いので、聴いてくれる人もちょいちょい休むじゃないけど、シドの曲から離れた時には肩の力を抜いてくれたらいいなと思ったり。

今、力を抜くという話が出ましたが、歌詞の書き方も変化していませんか? 「チイサナツバサ」はマオさんの心情と重ねて書いているのかなという気がしました。

マオ
この曲に関しては確かにそうですね。

各自、どんなアプローチで臨みましたか?

明希
レコーディングするにあたって新しいベースを買ってチャレンジしたところもありつつ、アレンジは考え込まずにその場で出てきたフレーズをどんどん取り入れていきました。
ゆうや
俺もベースの人に近いかな(笑)。「硝子の瞳」とは真逆の感覚で音作りやプレイに臨みました。こっちはロックなアプローチに寄せていますね。

ライヴをイメージしたのでしょうか?

ゆうや
そうですね。“今の俺らがロックをやると、こんな感じになる”というのをフレーズとかプレイで見せていった感じです。遊び心をたくさん入れつつ。

Shinjiさんは歌メロの裏でもフレーズを弾いていて、饒舌なギターという印象を受けました。

Shinji
いろいろなプレイをしてますね。音色はクランチ(歯切れのいいシャープな音)っぽい音が多かったりするので、結構ポップなんですが、弾いていることはハードだったりするので、この曲は難しいですね。

ライヴで大変そうですか?

Shinji
例えばAメロの部分はディレイ(エコーをかけたように音を遅らせて出す機材)を使っているように聴こえるけれど、実は自分が実際に弾いたフレーズをちょっとずらして加工しているんです。なかなかディレイでは出せないニュアンスの音なので、ライヴで実際にプレイしてみないと分からないですね。

今回のシングルも1年振りですが、ライヴも『VISUAL JAPAN SUMMIT』に出演したのが10カ月振りでしたよね。今、改めてシドに思っていることは?

ゆうや
“休みます”って宣言したわけでもないし、“戻ってきた”というほどではないですけど、4人で久しぶりに集まって音を出した時は安心感がありましたね。
マオ
自分はソロ活動で演奏の上手い方たちと一緒にやらせてもらいましたけど、シドにはシドにしかない空気があるんですよね。結成13年で染み付いちゃっているものがあるんだなと、ライヴとシングルのレコーディングを通じて感じました。以前は個々の強さを良い意味でも悪い意味でも主張していたけど、今は4人とも大人になってお互いにバンドとして見られるようになった気がしています。

では、2017年に向けて抱負をお願いします。

ゆうや
頑張りますよ(笑)。

せっかくだから、もう少し(笑)。

マオ
怪我せず、みんな健康で頑張ります(笑)。
ゆうや
お父さんみたい(笑)。
明希
新しい音楽をちゃんと作って届けていきます。
ゆうや
もう発表されていると思いますが、5月に日本武道館で2デイズ、久しぶりに単独ライヴをやります!
Shinji
ファンの方を待たせてしまったし、自分たち自身がまず楽しんで、お客さんを楽しませたいですね。
マオ
2017年は再始動のタイミングなので4人がひとつになって攻めていけたらなと思ってます!
「硝子の瞳」2017年01月18日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤A(DVD付)】
    • KSCL2826~7 1750円
    • 【初回生産限定盤B(写真集付)】
    • KSCL2828~9 1650円
    • 【通常盤】
    • KSCL2830 1200円
    • 【期間生産限定盤(アニメ盤)】
    • KSCL2831~2 1400円
シド プロフィール

シド:2003年結成。08年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。10年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった13年には初のベストアルバム『SID 10th Anniversary BEST』をリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライヴを開催し、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。16年1月、シングルベストアルバム 『SID ALL SINGLES BEST』を発表。18年はバンド結成15周年&メジャーデビュー10周年のアニバーサリーイヤーとして、計50本以上にも及ぶ全国ライヴハウス公演やアジアツアーを実施し、19年3月にグランドファイナルとして横浜アリーナ公演を大成功に終えた。20年3月にシングル「delete」を発表。11月より3作品連続配信を経て12月23日にシングル「ほうき星」をリリースする。21年には自身初の配信ライヴと河口湖ステラシアターでのライヴも控えている。シド オフィシャルHP

マオ from SID プロフィール

マオ・フロム・シド:シドのヴォーカリストであるマオのソロプロジェクト。シドは2003年に結成され、08年にメジャーデビュー。数多くのヒット曲を世に放ち、10年には東京ドーム公演を行うなど常に音楽シーンを牽引する存在に。活動13年を迎える中、新たな挑戦として同ソロプロジェクトが始動。16年6月には、1stシングル「月/星」を発表した。マオ from SID オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着