L→R Yukio(Gu)、so-hey(Vo)、Otsuki(Dr)、Gaku (Gu)、Kossy(Ba)

L→R Yukio(Gu)、so-hey(Vo)、Otsuki(Dr)、Gaku (Gu)、Kossy(Ba)

【ALL OFF】表面ではなく、内面にし
っかり届けたい

TVアニメのタイアップ曲「One More Chance!!」をはじめ、「Never Gave Up」「リフレインボーイ」を含む全11曲を収録するニューアルバム『Re:sound』。激しさだけではなく、聴き手の心を揺さぶる表現力に脱帽の一枚だ。
取材:荒金良介

今作は約2年振りのアルバムとなりましたね。

so-hey
洋楽並みに間隔が開いちゃいましたね(笑)。今回はシングル3枚のリード曲を入れることは前提だったから、どちらにせよ、バラエティーに富む内容になるなと。それなら振り切ったものを作ろうって。

シングル曲とは、また違う曲調を意識して?

so-hey
前アルバム『ALL OFF』はテンポの速い曲がほとんどだったし、シングルで疾走感や攻撃的な曲は揃ってましたからね。ライヴでどれだけ盛り上がれるかを追求してきたけど、今回は歌や曲そのもので勝負したいなと。

前シングル「リフレインボーイ」のカップリング曲は、特にそれが顕著に表れてましたよね。

Yukio
そうですね。今回はアルバムを通して、どう一貫性を持たせればいいのかを考えました。シングル3枚はアニメのタイアップ曲ということで、作品に寄り添ったものでしたからね。最終的には今回のリード曲「In Shadows」もそうだけど、ある意味原点に立ち返って、自分たちが純粋にやって気持ち良いことをやろうと。

その「In Shadows」は、どんな作風にしようと?

Yukio
僕らは洋楽のエモ/スクリーモに影響を強く受けたから、作品を経るごとにいろんな要素を取り入れてきたけど、歌メロはしっかりありつつ、演奏がガツッ!と耳に入ってくるものが好きなんですよ。当時のやり方とはまた違うけど、今の自分たちでやったらどうなるのかなと。
so-hey
1周回って、俺らはどの武器を出せば勝てるかなと。それで生まれたのが「In Shadows」なんですよ。この曲は転機になりましたね。ゴリゴリだけじゃなく、切なさや心に訴えてくる孤独感みたいなものも出てるから。それは今回の歌詞やサウンドにも反映されてますね。
Yukio
ギターのフレーズも情景が浮かぶような、感情が揺さぶられるような音色になっていると思います。

そういうふうに意識が変わった理由は?

so-hey
たくさん曲を書く中で、本質にあるものの大事さに気付いたというか。ないものねだりではなく、自分の中にあるものを出そうと。シンプルな結論でした。

今作はシングル表題曲以外は聴かせるものや、大人っぽい曲調も多いですからね。

so-hey
盛り上がれる曲もいいけど、自分が落ち込んでいる時にそういう曲は聴かないから。シングルのリード曲ではなかなかやる機会はなかったけど、アルバムは自由が許されるので、より人の心に寄り添える曲を書こうと。

演奏面はどうですか?

Yukio
バンドを始めた頃はスローな曲も作ってましたからね。だから、違和感はないし、戸惑いもなかったです。今回は曲の世界観を大事にしたくて。

その意味で気を配ったポイントは?

Yukio
空間の広がりですね。平たく言うと、3Dサウンドというか、奥行きのあるものにしたかった。スケール感を出したいし、大きなステージでも映える音にしようと。あと、シンプルにしたいというテーマはありました。

「Don't Worry」はまさにそういう曲調ですよね。

so-hey
必要最小限のものだけで面白い曲を作ろうと。クラップとストンプはちょっと練習すればライヴでやれるようなラインを狙いました。クイーンの「We Will Rock You」みたいなイメージで、今までの4つ打ちとは違うリズムでやってみたかった。

あと、アコギとピアノを用いた静謐な「ありがとう」、アッパーな「Hey Mom」のラスト2曲の流れもいいですね。どちらも感謝の気持ちを綴った楽曲ですが。

so-hey
「ありがとう」は一瞬で曲が出てきたんですよね。ただ、これまでとテイストが違いすぎるから、アルバムに入れるかどうかは迷ったんですよ。「Hey Mom」を含めて、最初は全部日本語で歌詞を書いていたんです。

そうなんですか!

so-hey
日本語でいい曲を書くことに憧れはあるけど、自分の武器は英語詞だから、大事な部分だけ日本語を使おうと思って。なので、日本語のつもりで書いたメロディーに英語を乗せたら、逆に自分たちっぽい曲に仕上がったかなと。

結果的に両方の良さを活かせたと。

so-hey
そうですね。ないものねだりはやめて、自分たちの武器を磨こうというテーマもあったから。
Yukio
そこは議論しましたね。もともと英語でやってきたバンドだし、そこも原点に戻ったのかなと。

感謝を綴った歌詞もロックバンドがなかなか取り上げないテーマで、それも新鮮でした。

so-hey
素直な気持ち…母への感謝とか、そういう純粋な気持ちを曲に残したいと思ったんですよ。言葉では恥ずかしくて言えないことを音楽に託そうと。日本語で表現してカッコ悪くなるよりも、このバンドらしく英語詞メインで、やろうと思ったやり方で正解でした。

「Hey Mom」は予想外に激しい曲調ですからね(笑)。

so-hey
感謝の歌はしっとりする曲が多いけど、前向きに元気に伝えようと思って。自分の親に元気でいてほしい!という気持ちを込めて、アッパーにしました。

今作のツアーはどんなものになりそうですか?

so-hey
ライヴも激変すると思います。ウェイウェイ盛り上がるだけじゃなく、曲もめっちゃいい!と思ってもらえるパフォーマンスを観せたいですね。
Yukio
身体的に盛り上げるだけじゃなく、今は自分たちの音楽を演奏することで人の心に響かせたいんですよ。今回はそういう曲も多いし、ライヴでいろんな観せ方ができるなと。表面ではなく、内面にしっかり届けたいですね。
『Re:sound』
    • 『Re:sound』
    • 1000634550
    • 2016.12.21
    • 3240円
ALL OFF プロフィール

オールオフ:2004年結成の5人組バンド。カリフォルニア育ちのso-heyが巧みに英語と日本語を使い分けて歌い、楽曲はどんなシーンにも違和感なく溶け込む絶妙なバランス感覚を持つ。キャッチーなメロディーと圧倒的なライヴパフォーマンスで『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』にも出演を果たした。10年間に及ぶ活動でバンドとして考えられる限りのありとあらゆる挫折と遠回りを糧にして、15年11月、シングル「One More Chance!!」でTVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』のオープニングテーマに抜擢されたのを機にメジャーデビューを果たした。ALL OFF オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着