L→R たなしん(Ba&Cho)、渡邊幸一(Gu&Cho)、金廣真悟(Vo&Gu)、ペギ(Dr&Cho)

L→R たなしん(Ba&Cho)、渡邊幸一(Gu&Cho)、金廣真悟(Vo&Gu)、ペギ(Dr&Cho)

【グッドモーニングアメリカ】4人の
創造性が炸裂したニューアルバム到着

初の日本武道館公演(2015年11月)のあとも精力的にライヴ活動を展開してきたグッドモーニングアメリカ。そんなメンバーの独創性が奔放に発揮されたニューアルバム『鉛空のスターゲイザー』ついて語ってもらった。
取材:森 朋之

2015年11月の日本武道館公演から約1年が経ちました。日本武道館以降の活動についてどのようにとらえていますか?

金廣
振り返ってみると早いなって思いますね。やっていることは変わらないというか、ワンマンツアーがあって、イベントにも出させてもらって。あとは『ハチテン』(11月5日に地元八王子で開催された自主企画フェス『八王子天狗祭2016』)が決まっていたので、そこに向かってバンドを進めていった感じです。
渡邊
『ハチテン』を乗り越えたのは大きかったですね。自分たちでフェスを主催することで、いろいろと気付かされることもあったし。
ペギ
日本武道館を経て、改めて考えることも多かったですね。バンドを続けていくためには演奏力、表現力も身に付けないといけないし、自分と向き合う時間もかなりありました。
たなしん
僕自身はずっと悩んでいたんですよね。演奏の技術だったり、おざなりにしてきたことがあったなって気付いたというか。最近ようやく“こうすればいいんじゃないか”と明確にイメージできるようになって、そこに向かって進み始めています。すごく貴重な1年でしたね。

そして、前作『グッドモーニングアメリカ』以来、約1年振りとなるニューアルバム『鉛空のスターゲイザー』がリリースされましたが、どんなテーマで制作されたのですか?

金廣
特にテーマはなくて、2016年の1月、2月、3月に曲作りの合宿をやったんですよ。前作の制作の時にメンバー各々がテーマやフレーズを持ってきて、それをもとにして曲を作るという方法をやってみたんですけど、それが上手くはまったというのもあって、今回はそういう作り方をもうちょっと増やしてみたかったんですよね。あとは、全部シングルのリード曲にするという意気込みでやってました。
ペギ
俺はギターが弾けないので“ギターは、こんなフレーズなんだけど”って口で説明したり(笑)。みんなが持ってきたフレーズに対して“それいいね。じゃあ、こういうドラムはどう?”みたいなやり取りはすごくワクワクしたし、合宿中もずっと楽しかったですね。バンドをやっているのが楽しかったです。
渡邊
前作の制作の良いところを上手く発展させたというか。例えば12曲目の「リジェネレーション」は僕が持っていったギターのリフをもとにして、金廣がメロディーとコード進行を考えて曲にしていったんですね。奇抜なイントロにメロウな部分が加わってるという。「カラフル」もギターのリフから始まって、ペギがリズムを考えてくれて。
ペギ
「カラフル」は歌詞のイメージもあったんですよね。中学生くらいの元気な女の子が廊下を走ってるような情景が浮かんでいたから、それを金廣さんに伝えて。
金廣
そういうイメージがあると楽なんですよね。それを吸収することで曲につなげていくというか。
ペギ
金廣さんが上手く曲にしてくれるので、つい甘えちゃうんですけどね(笑)。
たなしん
僕はペギと真逆というか、曲作りの時はワクワクできなかったんですよ。自分の音楽的な引き出しが少ないことも感じていたし…。その後、いろいろな音楽を聴いて、掘っていくうちに“これを吸収して、こういう自分になっていきたい”と考えられるようになりました。

メンバーそれぞれが自分の音楽観と向き合う時間だったのかもしれないですね。タイトル曲「鉛空のスターゲイザー」も素晴らしかったです。グドモらしいスピード感の中で、メンバーのフレーズが気持ち良く絡み合っていて。

金廣
もともとリード曲として作っていたんですよ。アルバムの中でも一番聴いてもらえる可能性を持った曲だなと思って。
ペギ
うん。最初から“すげぇいい曲だな”と思ってました。アルバムのリード曲に決まってから、頭にドラムのフレーズを入れさせてもらったんです。“ここ、絶対にテレビで流れるな”と思って。
全員
ハハハハハ!
ペギ
それは冗談として(笑)、自分のカラーもしっかり出せたし、勢いもすごくあって。レコーディングの時点から手応えがありました。
渡邊
サビを軽快にしたくて、カッティングをメインにしているんですよ。ヴォーカルの裏のメロディーもいい感じにまとまってるし、また新しい表現ができたと思います。この曲に限らず、どの曲にもいろいろなトライがあるんですよね、今回のアルバムは。
たなしん
自分の中で“ヤバイ! グッとくる!”と思うベースのフレーズをピックアップして、それを自分なりに取り入れてるところもあります!

2017年1月からはワンマンツアー『あなたの街へ猛ダッシュで~ワンマンツアー2017~』がスタートしますが。

渡邊
僕らも楽しみですね。いいアルバムができたので、それをしっかり届けたいっていう気持ちもあるし、新旧の曲をバランス良くやりたいです。
金廣
“今までで一番良いライヴばっかり”というツアーにしたいですね。新しいアルバムを表現することはもちろんだけど、グッドモーニングアメリカにとっての良いライヴを積み重ねて“もっと観たい”と思ってほしいなって。
ペギ
こんなに長いワンマンツアーは初めてだから、未知の部分もあるんですよ。その日にしか観られないセットリスト、ライヴを目指したいですね。このライヴにしかできない空気感は崩さず、自分たちを上げつつ、内容の濃いツアーにしたいです。
たなしん
ワンマンだから自分たちのライヴだけに集中できるし、お客さんの反応を含め、すぐ結果も分かると思うんですよ。そこから自分たちの良い部分、足りない部分も見えてくるだろうし、それを昇華していけたら、もっと強靭なバンドになれるんじゃないかなって。チャンスだし、勝負だと思ってます。
『鉛空のスターゲイザー』2016年12月14日発売日本コロムビア
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • COZP-1264~5 3048円
    • 【通常盤】
    • COCP-39775 2667円
グッドモーニングアメリカ プロフィール

グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。15年11月には初の日本武道館公演を成功させ、18年はバンド結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』を打ち立て、さまざまな企画にトライしている。グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着