L→R テラ(Gu&Programming)、takao(Vo)、鳴風(Gu)、坂本尭之(Ba)

L→R テラ(Gu&Programming)、takao(Vo)、鳴風(Gu)、坂本尭之(Ba)

【Fo'xTails】熱量を込めた曲しか入
れたくなかった

2015年のメジャーデビュー以来、全てのシングルがアニメのタイアップソングに起用されてきたFo'xTailsの1stフルアルバム『INCEPTION』。ラウドな曲からエレクトロなダンスナンバーまで、振り切れた楽曲の数々には4人の熱い魂が注入されている。
取材:山本弘子

これまでにリリースされたタイアップシングル5曲を含む、満を持しての1stアルバム『INCEPTION』が完成しましたね。表題曲からしてパンチがあって攻めの一枚ですが、じっくり時間をかけて制作したのですか?

takao
アルバムを出すなら2016年中に出したいねって話をして、夏ぐらいから制作に取りかかったんです。まず最初に決めたのがタイトルの“INCEPTION”。俺の好きな映画のタイトルでもあるんですけど、他人の脳内、夢の世界に入り込んで自分のアイデアを植え付けていくというストーリーの発想が面白かったので、脳内に植え付ける音楽というのがテーマになっています。そこから表題曲はギターの鳴風が書いていったんですけど、みんなで意見をぶつけ合ってサビのメロを何度も書き直した曲でもあります。鳴風は“このメロでもダメか”ってすごく怒ってましたね(笑)。

アルバムのために書き溜めていた楽曲を収録した作品というわけではないのですね。

鳴風
ほぼ書き下ろしの新曲ですね。
takao
「Lost Tonight」という曲だけは1年ぐらい前から存在していて、アルバムのためにとっておいた曲です。他にも過去の曲はあったんですけど、今のFo'xTailsを提示したいから、どんどん新しい曲を書いていこうって。それと、今回はいろいろな挑戦をしています。「INCEPTION」は自分の中にあったテーマを伝えて作詞家の方に協力して書いてもらったんですが、発見もあったし、自分が表現し切れていない部分を感じて悔しさも感じました。でも、それが今後の成長につながればなって。他にも「ジリジリスパーク」という曲ではベースの坂本が歌詞を書いているし、自分とギターのテラが共作した曲もあるし、どんどんチャレンジしたからこそ振り幅のある作品になったと思います。
坂本
Fo'xTailsがシングルで見せてきた面とは違う角度も楽しめるアルバムになっていると思います。スカのリズムを取り入れた曲があったり、「Lost Tonight」のようなエレクトロなナンバーがあったり、「SHOW TIME!!!」みたいにライヴでお客さんと騒いで踊れる曲があったりと、自分たちの喜怒哀楽をいい塩梅で盛り込むことができたなと。振り幅はあるんだけど、1枚通して聴くと一貫性があって、Fo'xTailsなりのロックというところに落とし込めましたね。

坂本さんが歌詞を書いている「ジリジリスパーク」はレトロで哀愁のあるメロディーのシャッフルナンバーですね。

坂本
そうですね。鳴風くんのデモに“ジリジリスパーク”というタイトルが付いていて、ちょっとエロい恋愛の歌詞にしてほしいというざっくりとしたテーマがあった曲で。最初はこんなにエロい歌詞じゃなかったんですよ(笑)。
takao
男だったら分かるっていう歌詞かもしれない。エロさだけじゃなく、葛藤もありますね。最初は曲調も含めて“これ、歌えるかな?”って不安もあったんですけど、歌ってみたら自分の声に合うことが分かって、また新しい武器が増えたなと思いました。
テラ
あとは今回、生ドラムを入れていない曲が収録されていて、それが「Lost Tonight」なんです。EDM系のダンスロックなんですけど、Fo'xTailsはドラムが抜けて4人体制になったので、打ち込みの方向に振り切ってみようって。シンセの音色にこだわったり、アルバムならではの試みをした曲なので楽しんでほしいですね。最後に収録されている「faraway」はtakaoの“一緒に曲を作ってみたい”という提案で共作した曲です。途中でサビに行き詰まって、takaoに電話したら“アイデアが浮かびそうだから”って家に来てくれてかたちにしたんです。あとからピアノを加えて、よりドラマチックになりましたね。
takao
「faraway」は満場一致でラストの曲にしようって。すっきり爽快な気持ちになれる曲なので。

メインソングライターでもある鳴風さんはアルバムにどんな手応えを感じていますか?

鳴風
個人的には、Lantisに所属しているカッコ良いギタリストはGRANRODEOのe-ZUKAさんだけじゃないんだというのを発見してもらえれば(笑)。
takao
中でも「SHOW TIME!!!」でしょ?
鳴風
全曲いいんだけどね(笑)。
takao
ははは。「SHOW TIME!!!」を持ってきた時に鳴風が、“俺、このギターすっごい好きなんだよね”ってずっと主張してくるんですよ(笑)。実際、ギターリフがカッコ良くて。
坂本
“鳴風”って感じだもんね。
takao
「Lost Tonight」や「faraway」のギターソロも想像を超えて新鮮でしたね。

鳴風さんのギターがスパークしてる?(笑)

takao
そうですね。メンバー全員スパークしてるアルバムだと思います。俺の歌もEDM系もスパークしてる(笑)。

大人になったなと感じさせる曲もありますが、Fo'xTailsは基本的に熱いバンドだと改めて感じました。

takao
そうですね。根本的な部分は変わっていない。全力で魂込めて歌いました。
鳴風
熱量を込めた曲しか入れたくなかったですね。何となく作った曲はまずメンバーに伝わらないし、お客さんにも届かないと思うので。

では、1月20日からスタートする東名阪ツアーに向けて、やる気のメッセージをお願いします。

takao
東京以外でFo'xTailsが主催するライヴは初めてなので楽しみでもあり、濃い内容にしたいですね。2月3日の東京のツアーファイナルはメジャーデビュー2周年の記念日でもあり、約1年振りのワンマンなのでお客さんを魅了して感動させたいですね。観に来る人たちの脳内に入っていって俺たちの音楽をオンしてやる!っていう勢いで臨みます!
『INCEPTION』2016年12月14日発売Lantis
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • LACA-35615 3780円
    • 【通常盤】
    • LACA-15615 3240円
Fo'xTails プロフィール

フォックステイルズ:2013年11月15日に結成されたロックバンド。その個性ある才能を評価され、15年に人気アニメ『黒子のバスケ』第3期ED主題歌「GLITTER DAYS」でLantisよりメジャーデビュー。16年12月には全てのシングル曲を収録した1stフルアルバム『INCEPTION』をリリースしたが、18年5月に解散を発表。同年8月1日の東京・代官山UNIT公演がラストライヴとなる。Fo'xTails オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着