L→R mei、ami、hime、minan、ayaka

L→R mei、ami、hime、minan、ayaka

【lyrical school】リリスクの新たな
側面と成長感が詰まったアルバムが完
成!

アイドルラップグループとして、クオリティーの高い作品を発表し続けてきたlyrical school。豪華作家陣が参加した、聴き心地も最高なメジャー1stアルバム『guidebook』について、mei、ami、minanの3人に話を訊いた。
取材:土屋恵介

アルバム『guidebook』ですが、全体的にどんな印象がありますか?

mei
最初から最後まで聴くと物語のようで、それぞれの曲の主人公の子は、こういう気持ちなのかな?って思える曲がたくさんある気がしました。リリスクにとって、すごく新しいタイプの曲がたくさん増えたアルバムだなと思います。
ami
作詞作曲してくださる方が豪華で、バラエティーに富んだすごく面白いアルバムになったなと思いました。誰でもどれかは好きな曲があると思うので、リリスクをまだ聴いたことない人にも、ぜひ聴いていただきたいアルバムです。
minan
今回、ラップだけじゃなく歌メロが印象的な曲がすごく多いなって思いました。今までラップを聴いたことがない人にも入りやすいと思います。ラップを初めて聴く入口になりやすい曲がいくつも入っているので、ぜひたくさんの方に届いてほしいですね。

では、個人的にお気に入り曲を挙げてもらえますか?

minan
私は「ラストソング」です。まず、耳に残るメロディーだし、素敵な旋律だなって思いました。あと、ラップの難易度が今までに増して高い曲だったので、私たちが挑戦したところも聴いてもらいたいですね。それに、とにかく歌詞がいいんです。リリスクの未来がこうなってほしいなっていうのを全部書いてもらってますね。私は、特にサビの《この街はまたメイクを変えて 流行りの靴で踏むジェネレーション》というフレーズが、何て素敵な言い回しなんだと思いました。変わっていくものもあるけど、変わらないでほしいものもあるじゃないですか。私たちは、その変わらないでほしいものをずっと体現できるような存在でありたいなと思いました。
ami
私は「おしえて」が印象に残ってます。アルバムの最後にレコーディングした曲で、メロディーが好きですね。サビがすごく気持ち良く歌えて、すごく達成感がありました。あと、歌詞がかわいくて、女子なんですよ。ちょっと大人っぽいところもあるから、感情移入しやすかったですね。
mei
ほんとは全部好きですけど、特に好きな曲を挙げると、私も「ラストソング」と「おしえて」なんです。新しいリリスクだと思えるのは「リリシスト」と「恋わずわず」だなって。「リリシスト」は大江千里さんとGAKU-MCさんが書いてくださった曲なんです。10月に出したシングル「格好悪いふられ方-リリスクの場合-」で大江さんの曲をサンプリングさせていただいたんですけど、私たちのために曲を書き下ろしてもらえると思ってなかったので、すごく嬉しいですね。メロディー感がすごくいいなって。「恋わずわず」はかせきさいだぁさんが歌詞を書いてくださった曲で、キラキラしてます。この曲は今まで自分の中にはなかった新しいフロウで、自分の中でいつもと違う感覚があるんですよね。

アルバム制作を通じて成長できた感はありますか?

minan
ありますね。いつもリリスクは、今までよりも難しい曲をいただくんですよ。レコ[q]ディングでそのハードルを越えて、自分たちの力にもなったかなって。今回は歌メロも多いので、そこもみんなが成長できたところだと思ってます。
ami
アルバム曲が7曲あるんですけど、そこで全部違う私を表現できた気がするんです。面白い自分がいたり、かわいらしい女の子を表現できてたり。あと、「DO IT NOW!(HEY!HEY!HEY!)」では初めてコーラスをやったんです。なので、いろいろなところで成長できたかなと思ってます。
mei
グループとして考えると、リリスクになかったタイプの曲が一気に増えたので、ライヴパフォーマンスがガラッと変わると思うんです。なので、ここからがまたライヴでどう表現するかとか考えて、もっと成長していきたいと思いますね。

あと、9月から5人編成になりましたが、今のグループのモードとして“5人で結束していくぞ!”って感覚は強いですか?

mei
はい。そう思う大きなきっかけにさせてくれたのが、このアルバムだと思います。『guidebook』で私たち5人としての新しい曲が増えたことが素直に嬉しいですね。最初から自分がいただいたバースを歌うとなると、曲を披露するのがより楽しみなんです。

そして、11月27日からこのアルバムを引っ提げての全国ツアーが開催され、ツアーファイナルが12月29日のZepp Tokyo。その意気込みを聞かせてください!

minan
このアルバムを引っ提げてのツアーで、しかも今の5人になって初の全国ツアーなのでドキドキですね。でも、『guidebook』の新しい曲がリリスクの新たな武器になると思っているので、それをきちんとかたちにして見せたいです。ステージに立つ人間として、しっかりしたショーを見せたいです。
mei
ツアー一本一本もそうだし、Zepp Tokyoでもリリスクにはたくさんの引き出しがあるんだって、観に来てくれた人に思ってもらいたいですね。今、ヒップホップが流行ってきてるんですが、フリースタイルとかラップバトルのイメージが強いじゃないですか。でも、私たちがやってるのはアイドルラップっていうジャンルなので、こういうラップもあるんだよってことを伝えていけたらいいなって思います。リリスクの音楽はピースフルですってとこを伝えたいですね。
ami
リリスクは今年メジャーデビューしたんですけど、お客さんに“リリスク変わっちゃうのかな?”って不安を与えることもあったと思うんです。でも、私たちはすごく前向きなんです。アルバムの最後に「RUN and RUN」って曲が入ってて、それが応援ソングってだけじゃなく、これからもリリスク大丈夫だよって聴こえ方もすると思うんです。だから、2016年の最後の大きなワンマンライヴで、“これからもリリスクについてこい!”ってみんなに言えるライヴにしたいですね。
『guidebook』
    • 『guidebook』
    • KICS-3429
    • 2016.11.16
    • 2700円
lyrical school プロフィール

リリカルスクール:2010年に結成された、ガールズラップのパイオニアグループ。結成当初は清純派ヒップホップアイドルユニット“tengal6”として活動し、ネットニュースを賑わす存在に。12年にタワーレコードのアイドルレーベル・T-Palette Recordsに移籍し、それを機にユニット名を“lyrical school”に改名。16年4月にシングル「RUN and RUN」でメジャーデビューを果たすと、同年5月には初主演映画『リリカルスクールの未知との遭遇』を劇場公開した。lyrical school オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着