L→R フジムラ(Ba)、Yurin(Vo&Gu)、知(Gu)

L→R フジムラ(Ba)、Yurin(Vo&Gu)、知(Gu)

【サイダーガール】みんな人間臭い悩
みを持ってる

期待のニューカマー、サイダーガールがミニアルバムを2カ月連続でリリースする。今月は3rdミニアルバム『ジオラマインサイダー』の話を中心に、全員に語ってもらった。
取材:高橋美穂

結成した時から、ビジョンはあったのですか?

フジムラ
僕らはもともとボーカロイドを使って曲を発表してたんです。そんな中で、いろいろつながりができて、知くんからバンドの誘いがあって。
ボーカロイドで曲作りを始める前から、バンドに興味はあったんですけど、ただ組むきっかけやいろんなものがなくて。ボーカロイドはひとりでできるから曲を発表し始めたら、それで縁ができて、またバンドをやりたいって気持ちになったんです。
Yurin
ボーカロイドってバンドを解散したり、バンドをやりたいけどできないからやってる、みたいな人も多いんです。

とはいえ、バンドとなるとライヴもあるし、見せ方がまるっきり変わりますよね。

そうですね。ディスプレイにアップしていたものは何回観ても同じですけど、ライヴは発信する側の気持ちやモチベーションで、お客さんに伝わる伝わらないっていうところも変わるし、そこは難しいし面白いと思いますね。

でも、3人とも歌詞も曲も書けるっていうサイダーガールの強みは、そういう経緯によるものだったのですね。 

そうです。ふたりがこういう曲を作るっていうのは知っていて誘ったので。

だから、多作にもなれるし、ミニアルバムを連続リリースするという挑戦もできたのかなと思いますが。

Yurin
コンセプチュアルにしたいと思っていて。最初は一枚にまとめてフルでいこうかって話もしていたんですけど、ふたつに分けて対のテーマでやったほうが、よりコンセプトが映えると思ったし、分けることでこういう曲を作ればいいって見えやすいし。最終的にこれで良かったと思っています。

では、先にタイトルを付けたのですか?

対になるテーマを先に決めようって話してて、表立っては出していないんですけど、先にホットとアイスっていうテーマが出てきて、そこからタイトルを決めたんです。“サイダーの中にいる”“サイダーの外にいる”っていうのと、“インサイド”“アウトサイド”が掛かっていて。自分の心の中に留めてている気持ちが『ジオラマインサイダー』に入っていて、いろんな人に発信したいという気持ちが出ている曲は『ジオラマアウトサイダー』に入っています。

“ジオラマ”はどこから出てきたのでしょうか?

Yurin
客観的に街を見ていたり生活を見ていたりする、リアルな感じや生活感が大まかなテーマとしてあったので、そういう言葉を使おうかなと。その上で、内側と外側で上手いことできるかなと思ったので。

『ジオラマインサイダー』を象徴する曲が、「モラトリアムさん」なのかなと思いました。

Yurin
自分のための歌というか。でも、多分同じようなことを思っている人もたくさんいると思うし、伝わる人に、“あぁ、確かにな”って思ってもらえればなって。

あと、「恋のすべて」もインサイダー的ですよね。

フジムラ
そうですね。妄想で書いた感じです(笑)。

とはいえ、「オーバードライブ」には泥臭さも出ているし、先ほどYurinさんが言っていた生活感がありますよね。

今、顔を(アー写などでは)隠しているから、何者か分からないだろうけど、僕からしてみれば、みんな人間臭い悩みを持ってるんで、それを作品にして出したかったんです。
『ジオラマインサイダー』
    • 『ジオラマインサイダー』
    • PROE-1011
    • 2016.10.12
    • 1944円
サイダーガール プロフィール

サイダーガール:シュワシュワと弾ける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっと言う間に消えてなくなってしまう儚さ。そして、どんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指して2014年5月結成。17年7月にシングル「エバーグリーン」メジャーデビュー。同年10月に1stアルバム『SODA POP FANCLUB 1』を、18年11月に2nd アルバム『SODA POP FANCLUB 2』をリリース。20年1月には3rdアルバム『SODA POP FANCLUB 3』を発表し、同作を引っ提げたツアーの追加公演として5月にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて初のホールワンマンを開催。サイダーガール オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着