L→R 笹宮千穂(Vo)、早川満里奈(Gu)、日向琴乃(Ba)、椎名りえ(Gu)

L→R 笹宮千穂(Vo)、早川満里奈(Gu)、日向琴乃(Ba)、椎名りえ(Gu)

【CherryHearts】これまでの挑戦を全
て詰め込んだ

入手困難だった会場限定シングルの曲はもちろん、激しくギターをかき鳴らすロックチューンからドラマチックなバラードまで網羅した1stアルバム『CherryHearts』について4人に語ってもらった。
取材:吉田可奈

1stアルバムはどんな一枚になりましたか?

早川
今作には、いつも私たちがライヴで演奏している“暴れ曲”や、ほぼ初挑戦となるバラードまで入っているんです。きっと、このアルバムを聴けばCherryHeartsがどんなバンドなのか分かると思います。

バラードの「one’s dear one」はとても印象的でした。

早川
この曲で一番苦労したのが、ギターの(椎名)りえとふたりで弾くユニゾンのフレーズで。バラードは誤魔化しが効かないからこそ、ぴったりと息を合わせないといけないので、何度も弾き直しました。これからは一発OKになるくらい、絆を深めないとダメだと思いました(笑)。
椎名
そうだね(笑)。後半はドラマチックな展開になるからこそ、ふたりの音を合わせるのがすごく難しかったんです。感情を入れすぎるとダメになるし、入れなくてもダメ。そのバランスが難しかった。でも、その苦労の甲斐があってすごくいい曲に仕上がったと思います。
笹宮
「dara…×2」もオススメの曲です。春になるとポカポカしているし、どうしてもだらっとしてしまいますよね。そんな時に聴くと、すごく共感できると思うんですよ。私も電車でこの曲を聴いていて、《電車くらい寝かせて…》というフレーズに“まさに私の今の気持ち!”って思い、一気にこの曲が大好きになったんです(笑)。
日向
私が好きなのは「Another You」。この曲は歌詞が物語のようになっていて、すぐに映像が頭に浮かぶんです。共感は…しなかったんですけど(笑)、弾いていて、すごくかわいらしい曲だなと思いました。
椎名
シャッフルというリズムを使っているので、ウキウキするサウンドになっているしね。
笹宮
うん。短編映画を観ているような感覚になれるよね。いつか、こんな曲でドラマのようなMVを作ってみたいな。
早川
この曲に出てくる女の子はちょっと小悪魔な女の子だから、演じるのは(笹宮)千穂かな。
笹宮
じゃぁ、私にうつつを抜かすのはこっちゃん(日向)ね! りえは男装して男の子の役をして、まりちゃん(早川)は全体的にエキストラで!
早川
えぇ! なんか役をちょうだいよ!(笑)

あはは。今作には、過去の売切れた会場限定シングルも多く収録されていますよね。

椎名
はい。これまでライヴに来てくれたお客さんたちが、“あの音源はもう手に入らないの?”と何度も声をかけてくれていたんです。でも、“会場限定シングル”と言っているからには、そのまま収録するのではなく、今の私たちを表現するためにアレンジも少し変えて録り直しました。限定シングルを持っている人は当時の私たちと聴き比べてくれたら、面白いかもしれないですね。

DVD付限定盤には、MVに加えて、ライヴ映像も同梱されるんですね。

笹宮
はい! イベントで出させていただいたZepp DiverCity Tokyoでのライヴが収録されています。この日のライヴが始まるまでのみんなは、あまりにも緊張していて大変だったんですが、ライヴが始まったらものすごく楽しめたんですよね。全員が本当に楽しそうにしている姿が伝わる映像だと思うので、ぜひ観て楽しんでもらいたいです。そして、少しでも興味が沸いたなら、ライヴに遊びに来てください!
『CherryHearts』2016年04月20日発売Across Music/VAA
    • 【DVD付限定盤】
    • RAMI-012 3240円
    • 【通常盤】
    • RAMI-013 2700円
CherryHearts プロフィール

チェリーハーツ:2013年3月に笹宮、早川を中心に、椎名を迎え東京で結成。15年6月に日向が加入して現体制となる。すでに自主制作でライヴ会場限定シングルを10枚発表し、満を持して12月にシングル「スノーレター」でデビューを果たす。ちなみに全員が高身長で平均身長は166センチ!CherryHearts オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着