【黒木渚】作り上げてきた世界観は絶
対に崩してはいけない

バラエティー番組への露出で一気に知名度を上げた黒木渚。注目を浴びた今だからこそ発売するのは、黒木渚節全開のダンスチューン!
取材:吉田可奈

最近はバラエティー番組に出演するなど、活躍の幅を広げていますね。みなさんからの反響はいかがですか?

私が公務員をしていた過去の経験などを面白がってもらっての出演になったんです。最初はどうなるか不安だったんですが、これまでのジャケ写やタイトルのイメージで聴かず嫌いだった人たちや、初めて観る人たちに、“黒木渚って暗いだけの人じゃないんだ”って思ってもらえたらしく(笑)、YouTubeでの再生回数が増えたり、ランキングが上がったり、黒木渚の音楽への興味につながったので、すごくいい経験になりましたね。

そんな話題に持ち上がった今のタイミングで発売される新曲「ふざけんな世界、ふざけろよ」の歌い出しが黒木渚節全開の《チクショーチクショーふざけんな》で、なんだか嬉しくなりました(笑)。

あはは。ありがとうございます。実は新曲を作った時に、“この歌い出しはやめたほうがいいのでは?”という意見も出たんですよ。でも、これまでもこの世界観に誇りを持ってずっと真面目に作ってきたからこそ、スタイルを崩してはいけないと思ったんです。

そんな歌詞が乗るサウンドがすごくダンサブルで、ギャップに驚きました。いつ頃作られたのですか?

実は他の曲でシングルをリリースすることが決まっていたんですが、事情があって、新しい曲を作らなくてはいけなくなってしまったんです。でも、予定通り同じ発売日に出すには、残り2日で曲を完成しなくちゃいけない状態になってしまって…。最初の1日でなんとなく作り上げたんですが、夜中に“これじゃダメだ!”って一度全部捨てたんです。その瞬間、なんだか笑えてきたんですよ。あと24時間しかないし、今が黒木渚にとって大事な時期だというのも自覚しているからこそ、聴き手の腹に一発入れるようなものじゃないと意味がないし…。

考えただけでドキドキしてきます(笑)。

ですよね(笑)。でも、ピンチの時に笑いが出るという状況を実感した時に、困難を乗り越えるために一番適しているのが笑いなんじゃないかと思ったんです。その時に、ユーモアやコメディー、音楽の力を借りて、“チクショー”を笑い飛ばす曲にしようと思い付いてから一気に書き上げました。まさに窮地に追いやられたからこそ、この曲ができたんです。

ということは、歌詞が先に生まれたのですね。

はい。リリースが春なら、花見をしながら、カーニバルのように踊れる曲が聴きたいと思ったんです。この歌詞がドギツイものだからこそ、そういった曲を付けてバランスをとることにしました。

ピアノのフレーズがすごく印象的でした。

私もアレンジしながらずっと踊っていました(笑)。チャップリンのようなコメディー映画って、調子の狂ったピアノがぽろぽろ鳴っているイメージがあったんです。そこにダンサブルなフレーズが入ることで、聴いてくれる人たちが踊ってくれたらいいなと思って作り上げたんです。1曲を通してずっとクラップが入っているので、ライヴではこの曲をみんなで歌えたらいいなって思います。

みんなで“チクショー”って歌えたら最高ですね。

本当に最高! きっと、今はみんながそれぞれいろんな“チクショー”を抱えていると思うんですよ。でも、それを抑えなくてはいけないじゃないですか。その気持ちを、黒木渚のライヴで思い切り発散してもらえたら嬉しいですね。

OKMusic Playlist

「素敵な歌声の男性シンガー」

By 黒木渚

素敵な歌声の男性シンガーさんを集めてプレイリストを作ってみました。 セクシーな声、癒される声、切ない声、など魅力的な歌声ばかりです。 みなさん、是非楽しんでくださいね!

1. Stay With MeSam Smith

悲哀を帯びた素晴らしい歌声です。この曲を聴きながら小説を書いたりしています。

AWAで聴く

2.Right Here WaitingRichard Marx

昔から好きな曲です。暖かくて包容力ある声。

AWAで聴く

3.愛を感じて三浦大知

セクシーさと少年ぽさを兼ね備えた歌声ですよね。大好きな実力派シンガーです。

AWAで聴く

4.風唄 森山直太朗

ファルセットが美しい。メロもなんとなく和風な気がしてます。素敵です。

AWAで聴く

5.田園 玉置 浩二

無条件にブチ上がってしまう一曲。この曲を歌う時の玉置さんの表情とか最高です。

AWAで聴く

6.学生街の喫茶店 ガロ

たまに聴きたくなる曲です。アンニュイでいいですね。

AWAで聴く

7.リヤカーマン たま

たまは、決まって夜中に聴きます。妖怪人間になったような愉快な気持ちになれるので。

AWAで聴く

8.さよならミッドナイト 大柴広己

とにかくシチュエーションにグッとくる。グッとくるわぁ。

AWAで聴く
   
「ふざけんな世界、ふざけろよ」2016年04月06日発売Lastrum
    • 【初回限定盤A(DVD付)】
    • LASCD-0067 2484円
    • 【初回限定盤B(DVD付)】
    • LASCD-0068 2484円
    • 【通常盤】
    • LASCD-0069 1296円
黒木渚 プロフィール

クロキナギサ:2010年に自らの名前を掲げたバンド“黒木渚”を結成。12年に『あたしの心臓あげる』でデビュー。14年からバンドを解散し、ソロ活動へと移行。独特の世界観を持つ小説も発表するなどさまざまな才能を開花させている。黒木渚 オフィシャルHP
黒木渚 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。