L→R 照沼光星(Dr)、白波多カミン(Vo&Gu)、濱野夏椰(Gu)、上野恒星(Ba)

L→R 照沼光星(Dr)、白波多カミン(Vo&Gu)、濱野夏椰(Gu)、上野恒星(Ba)

【白波多カミン with Placebo Foxes
】“音楽”を世に出すという作業をし
たかった

シンガーソングライターの白波多カミンが新たな音楽表現のために結成した、白波多カミン with Placebo Foxes。その精神の解放と高い自由度が、最高にカッコ良い初音源についてカミンに訊いた。
取材:竹内美保

バンドを結成して初の作品集となりますが、今作の制作に向けてどんなビジョンを描かれていたのでしょうか?

私の生々しい歌を洋楽育ちの3人に料理してもらう、という気持ちで臨みました。そこでどんな化学反応が起きるかを楽しみに。3枚目の『白波多カミン』という弾き語りアルバムを出した時に、“生々しさを生のまま出したらこうなる”みたいなものを1回はっきりさせたので、そこにずっとこだわっていたくないというのと、楽曲が自分の手元から離れてひとりで立てるようになってきたので、私個人の音楽として世に出すのではなく、“音楽”として出したいなと思ったんです。自分を分かってもらうのではなく、“音楽”を世に出すという作業をしたかった。

化学反応が起きることで、楽曲が有機的に進化する。そこには起爆力も生まれるでしょうしね。

起爆力、欲しかったんです。あと、今回は曲によって歌い方を工夫するということを初めてやりました。“白波多カミンが歌ってる”というよりは、私がその曲に対してどういうアプローチをするかを考えて歌いました。だから、歌録りもすごく楽しんでできましたね。

歌っているのは白波多カミンだけど、何かを伝えようとしているのは曲の中の主人公、みたいな感じですか?

そうです。この曲の中の人はいったい何が言いたいのかな?というのを、どの曲に対してもすごく考えて歌いました。

確かに。前作はカミンさんの姿が全面的に浮き彫りになっている印象でしたが、今作は風景を含めた全体像が映像的に浮かび上がってくる感じでした。ラストの「なくしもの」とかは、聴き終えたあとの余韻も味わい深くて。

この曲を最後に持ってきたのは、それが理由です。その世界からすぐに覚めてほしくないというか。この曲でこだわったところはサビで、自分の一番好みの音が詰まっているんです。ウィンドチャイムがシャラーンと鳴って、バーンって気持ちと身体が離れていくような感覚…それをずっと表現したかったんですけど、この曲でやっとできた気がします。“この瞬間、めっちゃ好き!”みたいなものが、そこにありますね。

そのサビにはアルバムタイトルにもなっている“空席のサーカス”という言葉がありますが、なんとも言えない物寂しさがありますよね。

誰もいない場所できれいなサーカスが行なわれている…その風景って起きているんだけど夢を見ているような感じで、それが哀しく美しくて。サーカスという煌びやかなものと、空席っていう真逆のものの組み合わせ…引き裂かれちゃうような強い言葉同士、反対の力同士のものがくっついている状況が私はとても好きなんですよ。それは私の中でずっとテーマとしてあって…例えば、「姉弟」での仏壇の前でセックスをするということは、仏壇は先祖を祭ってある場所だけど、セックスというのは未来に向かう行為という。その真逆のものが同じ場所にあるというのが、絶妙にグッとくるんです。

どちらのフレーズも日常では見られない、イマジネーションを掻き立てられる表現ですよね。

まさにそれなんです。音楽をする時はちょっと違う世界を見せたくて。寝ている時に見ている夢が、起きている時に起こっている感じが好きですし。そういう瞬間をいつも探しているというか、そういう風景を描いていきたいですね。
『空席のサーカス』
    • 『空席のサーカス』
    • COCP-39495 
    • 2016.03.23
    • 2700円
白波多カミン with Placebo Foxes プロフィール

シラハタカミン・ウィズ・プラセボ・フォクシーズ:2015年結成、活動開始。京都出身シンガーソングライターの白波多カミンが初めて組んだバンドとして注目を集めている。16年3月、アルバム『空席のサーカス』でメジャーデビュー。白波多カミン オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着