L→R 海(Gu)、Tohya(Dr)、智(Vo)、瑠伊(Ba)、Yuh(Gu)

L→R 海(Gu)、Tohya(Dr)、智(Vo)、瑠伊(Ba)、Yuh(Gu)

【vistlip】きれいにまとめることを
一度捨てようと思った

2016年第一弾シングル「CONTRAST」には、昨年リリースしたアルバム『LAYOUT』から大きく変化していったvistlipの意識が表れているという。その真意について智(Vo)とTohya(Dr)に訊いた。
取材:桂泉晴名

新曲「CONTRAST」は昨年末に行なわれた代々木のライヴで初披露されましたが、王道のロック曲ですね。

Tohya
いつもとはまた違うんだけど、でも自分らしさは残っているというか。ストレートに“いい曲だね”と言ってもらえるようなメロディーができたかな、と思っています。
曲の内容については、一時期自分がすごく悩んだ時があって、その時に得たものを詞にしました。落ち込むことで、考える時間が生まれる。それは自分が変わるきっかけになる、ということなんですけど。実は読者限定のブログで、“自分はこの時こうだった”というそのままの気持ちを書き留めているんですよ。でも、抽象的すぎて他の人には分からないだろうから、歌詞にまとめて、しっかり伝えられればいいなという想いもありました。

確かにメッセージが明確に分かる詞でした。

昔は斬新な言葉を放り込んでいくことに縛られすぎて、伝え切れなかったこともあって。先日、長年のファンの方から“あの時の歌詞の意味が、今になって分かりました”と言われたんです。それを聞いて、相手に分かるように擦り合わせをしないと、“伝える”ことがおろそかになってしまうんだ、と感じたんです。
Tohya
でも、智は何年もヴォーカリストとしてやってきているから、すごく洗練された言葉とタイミングで、バシッと決めてくるんですよ。逆に、自分は少し重みのあることを言っても貧相に見えるから、その分、行動で示そうと思いました。

「Mob Character」はアコギが入ったやさしい曲ですね。

Tohya
作曲は海ですが、あの素直さを出せるのは、うちのメンバーでは海くらいじゃないかと(笑)。この曲はアコギの練習をした時のフレーズから広がったみたいなので、ギタリストとしての成長とともに、生まれた楽曲なのかな。
詞については、自分が夜に見る夢をテーマに書きました。夢の中って、実際に会った人しか出てこないらしいですよ。
Tohya
“この人、知らない”と思っても覚えていないだけ?
そう。だから、カップルが別れて、お互いのことを忘れたら、群衆のひとりくらいにしかならないのかな、と。それとも出てくることさえないのかな、という話です。

lipper盤収録の「Which-Hunt」は激しいサウンドで。

これは応援してくれているファンのみんなが、気持ち良くいるためには、どうすればいいのか?というテーマです。もし周りに迷惑をかける人がいたら“そんなことはしちゃいけない”と、俺たちが言うべき時もあるので。みんなが気持ち良くっていうのは、永遠のテーマですけど、バンドとして向き合っていかなきゃいけないことだと思うので。

これは瑠伊さん作曲のナンバーですよね。

瑠伊が“激しめの曲を書くのは難しい”と悩んでいたので、“お前がポップでやっているのはファンタジーなんだから、ダークファンタジーにしよう、と思って作ってみたら?”と話してみたんです。それで持ってきたのが、この曲でした。
Tohya
瑠伊が持ってくる激しい曲は、独特な感じがあるんですよ。メロディーで幻想的な世界観を作るんですよね。
やっぱり俺以外の4人が作曲してこそのvistlipなので。今は“こういう曲にしてくれ”とは言わないし。アルバム『LAYOUT』できれいにまとめることを突き詰められたからこそ、それを一度捨ててみようと思ったんです。このシングルを聴いて、さらに次のミニアルバムが出た時に“こう変わったんだ!?”と分かってもらえるんじゃないかと思います。
「CONTRAST」2016年02月17日発売マーベラス
    • 【LIMITED EDITION(DVD付)】
    • MJSS-09164~5 1944円
    • 【vister(DVD付)】
    • MJSS-09166~7 1944円
    • 【liper】
    • MJSS-09168 1296円
vistlip プロフィール

ヴィストリップ:2007年結成。リアルで等身大な言葉を紡いだ歌詞と、多種多様な要素を融合させた楽曲にキャッチーなメロディーライン、時折ラップも織り交ぜた他に類を見ないミクスチャー感を持つビジュアル系ロックバンド。ひと言では言い表せない世界観とメンバーの特異な個性が際立つパフォーマンスを武器にしたライヴは必見。結成日の7月7日にはZeppTokyoにてワンマン公演を行なっており、毎年たくさんのファンで会場は埋め尽くされる。vistlip オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着