L→R 岸波 藍(Dr&Cho)、土肥大人(Vo&Gu)、ココナッツ先輩(Ba&Cho)

L→R 岸波 藍(Dr&Cho)、土肥大人(Vo&Gu)、ココナッツ先輩(Ba&Cho)

【セプテンバーミー】すごく素直なア
ルバムになった

4つ打ちのビートや漫画チックなイメージを覆す大きなグルーブや90’s感のあるギターロックも聴かせて、新鮮な新作『Godspeed you!』を完成させた“バーミー”の今を探る。
取材:石角友香

今作は今までとガラッとイメージが変わったのでは?

土肥
そうですね。特に1st(『LiFT OFF』)は結成して3カ月後ぐらいにリリースしたんで、“セプテンバーミーってなんだろ?”と思いながら出して、2nd(『YES!YES!YES!』)は“ライヴハウスで生きていくには?”って考えながら楽曲を作ってたところがあったんですけど、今作はちゃんと自分が歌いたいことを歌うというか、自分の聴きたいことを書こうと思って作ったので、だいぶ変わったかなと思います。

ライヴを始めた頃にフェスシーンみたいなものが盛り上がりましたからね。

土肥
MVになってる代表曲は4つ打ちだったりして、今のフェスシーンで分かりやすく提示しやすいバンドなんだろうなって、自分でも客観視してるところもあるんですけど、最近はさすがにそれもリスナーのみんなも飽きてくるのかな、ってちょうど思い始めてますね。

そのモードは今作にも入ってますか?

土肥
そうですね。「幽霊ダイブ」ってリード曲は今までのセプテンバーミーらしい楽曲ではあるんですけど、他の4曲はだいぶ一線引いちゃいました。ある意味、意思表示できたかなと思ってます。

今作の軸になっていると思う曲は?

土肥
テーマとして歌いたかったのは5曲目の「ぐらぐら」って曲なんですけど。この曲は上京して10年以上経った、その10年間の思いを歌った曲なんで、これに自分の全てを込められたと思ってます。僕が17歳で上京した時は、富山から新潟を経由して東京へっていうアクセスの悪さで。当時、父から“10何年後に東京と富山を結ぶ新幹線を今作ってるらしいぞ”みたいな話をされて、その時は“俺、そんなに東京いねぇしな”と思ってたんですよ。で、今年に入ってたまたま富山に日帰りで帰る用事があって、今年開通した北陸新幹線に乗った時に“あの新幹線だ”と思ったら、俺、電車の中で今までの10何年間を一気に思い出して号泣しちゃって。で、泣き終わったあとから歌詞を書くみたいな。

へー!

土肥
もちろん、あとからブラッシュアップはしたんですけど、だいぶ素直な歌詞っすね(笑)。

プレーヤーとしてはどうでした?

岸波
昔と違って、ただゆっくり叩くとかじゃなくて、ドラムテックさんと相談して“シンバルの音はこれがいい”とか結構作り込んで、その曲のテーマで意識が変わりました。
ココナッツ先輩
演奏面というより、アルバムができてから感じたことだと、いい意味で聴いててあっと言う間ですぐ終わる。もっと聴きたいなっていうのがありましたね。

アルバムタイトルはどういう心境で付けたのですか?

土肥
ちょうどこの作品を作ってた時期に、わりと人との別れがすごく続いたんですね。歌詞も別れについて歌ってる歌詞が多いんで、タイトルは別れにちなんだタイトルを付けたいなと。でも、そのまんま付けちゃうとネガティブにとらえられるなと思ったんで、前向きに送り出す意味で“幸あれ”っていう意味の“Godspeed you!”にしました。あと、今までのセプテンバーミーと完全に一線引いちゃったんで、今までの自分とも別れだなと思ってて。聴く人が各々いい感じで解釈してもらえたら嬉しいです。
『Godspeed you!』
    • 『Godspeed you!』
    • CCN-001
    • 2015.11.18
    • 1700円
セプテンバーミー プロフィール

セプテンバーミー:2012年11月、東京都立川にて結成。全てをセルフプロデュースで行なう傍ら、アグレッシブなライヴがさまざまなシーンで話題を呼ぶ。16年3月、かねてよりサポートギターを務めていたタナカ・ターナを新メンバーとして迎え、4人編成となる。セプテンバーミー オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着