【TABARU】大きな夢を持ち、やり遂げ
る強い意志を持ち続けることは大きな
一歩につながる…

甘い歌声の中に感じる、強い芯。その強さは、彼女の並々ならぬ決意があるからこそ。20代になってから上京し、会社を辞めてまで掴んだ全国リリースだからこそ、強い意志がその歌詞を色濃く、輝かせている。
取材:吉田可奈

音楽活動を始めたのが2011年というと、最近ですよね。

はい。実は、それ以前は普通に就職をして、社会人として働いていたんです。歌は好きでしたが、歌手になれるなんて思ってもいなくて。でも、あるきっかけがあって、歌手になることを目指すことになったんです。

そのあるきっかけとはどんなことですか?

休日にお手伝いをしていた会社がイベント会社だったんですが、その打ち上げの際、カラオケで歌っている時に、“ちゃんと歌手を目指してみたら?”という声をいただいたんです。それをきっかけに音楽活動を始めて、中途半端にやるのは嫌だったので、思い切って会社も辞めて、歌手になろうと決意したんです。

ずいぶん思い切りましたね。

私もそう思います(笑)。ちゃんと就職して働いていたからこそ、親に心配をかけてはいけないと思ったり、不安も大きかったです。でも、今やらないといけないとも思ったんですよね。それは“今”と思った瞬間が、自分の中では一番早いから。当たり前だけど、来年になればまたひとつ年齢を重ねてしまう…そしたら、さらに“もうダメなんじゃないか”と思い止まってしまうと思ったんです。

確かに、思った瞬間に行動に移すことは大事ですよね。

はい。もちろん不安だらけでしたが、一歩踏み出すことは大事なこと。今も私は夢を目指している最中ですが、踏み出した今は、すごく充実していると胸を張って言えるんです。

素敵ですね。それに、その経験があるからこそ、生まれる歌詞もありますよね。

「MY WAY」はまさにそういった歌詞です。いざ、アーティストとして活動をし始めると、小さな頃から英才教育を受けている人たちと同じ舞台に立つこともあるんですよね。そういう人たちを見ると、すごく劣等感を感じることがあるんです。でも、私は私であって、私が過ごしてきた時間や出会った人たちから学んだことは、私しか伝えられないと思っているので、その気持ちを書けたらいいなと思って書いた曲なんです。

今作のタイトル“HORIZON LOVE”に込めた想い教えてください。

収録曲を並べた時に、どの曲も“LOVE”をテーマにしていたので、この言葉は入れたかったんですよね。それにプラスした“HORIZON”は、“地平線”なので、“終わりのない壮大な愛”という意味で、この言葉を選びました。

今作の中でも、「Forever」はとても素敵なラブバラードで感動しました。

ありがとうございます。この曲は初めて書いたブライダルソングなんです。実は、以前ブライダルプランナーとして働いていたことがあったんです。その時、人生に一度きりのスペシャルな日に“おめでとう”というありきたりな言葉しか言えなかったんですが、この曲を通して、聴いてくれる全ての結婚するカップルたちに祝福の気持ちが伝えられたらいいなと思って書きました。

全ての楽曲の歌詞を手掛けていますが、一番大事にしていることはどんなことですか?

これまでは聴いてくれる人が共感するような歌詞を書くことを大事にしていたんです。だからこそ、きれいな言葉でまとめていたんですが、今作では思ったことをストレートに書きたいと思い、ありのままの自分の心境を素直に歌詞にしてみました。

その心境の変化はどうして生まれたのでしょうか?

アーティストとしての自覚が出てきたんだと思うんです。これまでは社会人生活も長かったので、どこかサービス精神で動く部分があったんですよね。でも、自分が発信する側になって気付いたんですが、もっと自分が思ったことを聴き手に届けなくてはいけないと思うようになったんです。それはきっとたくさんの方々に支えられ、ライヴを重ねてきたからこそできることだと思うんですよね。

確かに、TABARUさんはライヴの数が多いですよね。

ありがたいお話で、こんなふうに私の歌を聴いてもらえる場所があるのはすごく幸せなことです。そこではオリジナル曲でちゃんと自分が思っていることをメッセージとして乗せて歌い、カバー曲は聴いてくれる人たちが楽しめるような曲を選んでいます。

どんな曲をカバーしているのですか?

洋楽が多いですね。クリスティーナ・アギレラやビヨンセ、アリシア・キーズなど、私がリスペクトするアーティストの曲を歌わせてもらっています。

今はさまざまな場所で歌い、経験を積んでいる最中なんですね。

はい。聴いてくれる人が増えるからこそ、その人たちに恩返しをしていきたいと強く思うようになったんです。さらに、イベントライヴなどでは歌った後に嬉しい言葉をもらったり、アドバイスをいただけるのですごく勉強になるんです。そんな方々と出会えるライヴはすごくありがたいので、これからもずっと続けていきたいですね。

では、最後にTABARUさんだからこそ伝えられるメッセージをいただきたいのですが。

今、私はインターネット放送番組の現場で大学生と一緒になることがあるのですが、そこで伝えているのは“自分の道を諦めないで進んでほしい”ということ。私も少し前までは“このまま平凡に人生を終えるのかな”と思っていました。でも、夢を決意した今はまったく違う世界が見えているんです。ぜひ、新たな一歩を踏み出すことに悩んでいる人は、思い切って前に進んでもらいたいですね。
『HORIZON LOVE』
    • 『HORIZON LOVE』
    • ESFT-0001
    • 2015.10.07
    • 1080円
TABARU プロフィール

タバル:宮崎県日向出身。2011年に音楽活動を開始、同年8月に仙台クリネックススタジアムでの楽天×ロッテの公式試合オープニングで「君が代」を独唱した。13年8月には1stミニアルバム『TABARU』をリリース。天性とも言える透明感のある声色と圧倒的な歌唱力で世界観を作り出し、ライヴでは多くのオーディエンスを魅了。さまざまなイベントに出演するかたわら14年5月からはインターネット放送局の音楽情報番組『beats on the music』のMCを務めるなど、積極的な活動を進めている。15年9月より、FM Salusにて毎週1時間の音楽番組“アーティストTABARUのミュージックフレッシュ♪”をスタート。10月7日、2ndミニアルバム『HORIZON LOVE』をリリース。TABARUオフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着