L→R 古村大介(Gu)、光村龍哉(Vo&Gu)、坂倉心悟(Ba)、対馬祥太郎(Dr)

L→R 古村大介(Gu)、光村龍哉(Vo&Gu)、坂倉心悟(Ba)、対馬祥太郎(Dr)

【NICO Touches the Walls】タイトル
に偽りなし! まっすぐな新曲に広が
る無限の未来

生々しい感情と熱いサウンドをダイナミックに響かせる「まっすぐなうた」。この曲が生まれた背景、込められた想いとは何なのか? カップリングも聴きどころが満載の最新シングルについて4人が語ってくれた。
取材:田中 大

「まっすぐなうた」はタイトル通りの曲ですね。

光村
勢いがあるでしょ? 去年ベストを出して、武道館でやって、その後にアコースティックアルバムを出して…っていうのが、この曲に関して一番大きかったです。アコースティックって良くも悪くも自分たちのすっぴんが出るし、それが聴いてくれてる人に楽しんでもらえるものになったのは自信にもなったけど、逆に反省もしたんです。“今まで自分たちは何で、いろんな技みたいなことを利かせたり、回り道をしてきてしまったのかな?”と。反省を経て思ったのは“衝動というか、自分たちの種みたいなものを真っ直ぐに出すにはどういう曲を書いたらいいのかな?”っていうことでした。

すぐに納得がいくものを作れました?

光村
いや。いろんなタイプの曲を作ったんですけど、どれも納得がいかなくて。衝動を作りにいくのって、その時点ですでに衝動じゃないですからね。そんな中、スタジオにあったボロボロのアコギを何も考えずに弾いて出てきたのが、《間違ってた なんか全部間違ってた》なんです。“こういうことだ! 今、俺は今までやってきたこと、自分の良いところに自分で気付けなかったこととかを一気に反省したいんだな”と思いましたね。ショッキングな歌い出しかもしれないですけど。
坂倉
ある意味、全部ひっくり返しているわけだからね。
光村
うん。でも、全てを否定したいっていうことではなくて、こうやって歩んできたからこそ気が付いたことがあって、もっともっと自分が作らなきゃいけない音楽があるっていう、ものすごくポジティブな反省なんです。メロコア的なリズムとかは、デモを作りながら自然に出てきましたね。僕はメロコアを通っていなかったので、こういうリズムは今までやっていなかったんですけど。
坂倉
この曲って、例えばリズムに関してはバンドを始めた当初だったら“いかに速く叩けるか”っていうことを追求するタイプだと思うんですけど、僕らがこの曲をやる上での感覚はそれではなかったですね。いかに歌を聴かせて、込められた想いを伝えるか…そこをすごく考えました。
古村
俺もアコースティックアルバムとかを経て、その先に関してちょっと難しいものの方向で考えていたところがあったんです。でも、みっちゃん(光村)がこの曲を持ってきて、“これだ!”って思いました。みっちゃんの良い部分っていろいろあるんですけど、その一番根本となるものを感じた曲ですね。
対馬
歌い出しの部分も含めていろんな衝撃があった曲です。こういう表現ではあるけれど、みっちゃんの言う通りポジティブさを感じました。次への一歩を踏み出した感覚になりましたし、この曲に対してメンバーのみんなも真っ直ぐに向き合って磨き上げるのが必要なことなんだと思いましたね。

未来を見据えているのがすごく伝わってくる曲ですよ。

光村
30歳手前でこういうことを歌えて良かったです。20代で思いっ切り攻めたからこそ気付けたことなので、“これでまた30代、攻められるな”っていう確信を得られました。やっぱ命を削ってやっていますから。これからも何度も自分の魂を洗いながらやっていくしかないんでしょうね。

カップリングに関してはいかがでした?

光村
2曲目の「いいこになっちゃいけないの」は遊んでみた感じです。女言葉の曲はカバーでは歌っていましたけど、オリジナルでも作ってみたら面白いのかなと。タイトルとかサビの出だしの歌詞とかはもともとあったんですけど、“俺に歌わせたい女言葉を入れてちょうだい”と対馬くんにお願いしました。まさか、こんなに昭和な雰囲気になるとは(笑)。
対馬
なぜかこうなったんですよね(笑)。タイトルの“いけないの”は疑問形なのか、言い切りなのか…それを古村や坂倉と相談もしつつ書きました。
光村
サウンド面に注いだエネルギーに関して、今回のシングル全体の7割はこの曲に使ったのではないかと(笑)。サーフロックの研究に時間がかかったので。プロデューサーの岡野ハジメさんがサーフマニアなので、いろいろ教えてもらいました。“今、リアルサーフをルーツから掘り返してる奴、誰もいないからチャンスだ!”とおっしゃっていましたよ。岡野さんも積年のいろんな想いがあったんでしょう(笑)。

(笑)。「夢で逢えたら」のカバーについては?

光村
大瀧詠一さんの曲をやりたくて。カバーしてみて改めてすごい人だと思いました。コード進行の妙とか、いろんな部分に感じましたから。僕らがやったのは吉田美奈子さんのバージョンで、セリフの部分も再現しています。いろんな人がカバーしている曲を自分たちの味付けでやるっていうのも悪くないなと思いました。相当オシャレな雰囲気で録れたので、今後の自分たちにも活かせそうです。

このシングルが出る頃はツアーの真っ最中ですね。7月にライヴDVDが出るのも楽しみです。

光村
“いかにして「まっすぐなうた」は生まれたか?”っていうターニングポイントのライヴのDVDなんですよね。今やっているツアーにつながっている部分もあるので、そういうドラマも感じつつ観てもらえたら嬉しいです。

ところで…野菜で武装した最新のアー写、いいですね。

光村
僕はネギですね。
古村
山芋です。銃のつもりで構えています。
坂倉
僕はフキです。フキは引っ張ってあげないと真っ直ぐにならなかったんですけど、そういう真っ直ぐのかたちがあってもいいのではないかと。
対馬
俺、大根。これはマシンガンかなと。
光村
僕がネギって決まっていただけで、担当の野菜に特に理由はないです(笑)。“何かしら真っ直ぐな野菜を持ちたい”っていうことだったので。それが気付いたら野菜戦隊みたいなことになっていたんです(笑)。
「まっすぐなうた」2015年06月24日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL-2593~4 1800円
    • ※約1mのまっすぐなJK仕様
    • 【通常盤】
    • KSCL-2595 1300円
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着