【中 孝介】『夏目友人帳』の世界と
連動した歌詞で、聴くと元気になれる
曲ばかり

2013年にリリースした『ベストカバーズ〜もっと日本。〜』で幅広い年代とジャンルの楽曲を独特の歌声で表現した中 孝介。今回は人気アニメ『夏目友人帳』の歴代テーマソングのカバーに挑戦! 歌い手としての新たな魅力が感じられる素晴らしい作品に仕上がった。
取材:田中隆信

2年前にリリースした『ベストカバーズ〜もっと日本。〜』はタイトル通りカバーアルバムでしたが、今回もカバーアルバムなんですね。

はい。今回は『ベストカバーズ〜夏目友人帳〜』という作品で、アニメ『夏目友人帳』に特化したカバーアルバムなんです。普通のカバーアルバムじゃなくて、アニメ『夏目友人帳』の歴代オープニングテーマとエンディングテーマのカバーに加え、僕が担当させてもらったエンディングテーマ2曲(「夏夕空」「君ノカケラ feat 宮本笑里」)も入っているので、カバーアルバムとオリジナルアルバムの両方の要素があると思っています。

ひとつのアニメ作品のテーマ曲を集めたコンピレーションアルバムというのはたくさん存在しますが、こういう内容の作品というのは珍しいなって思いました。

はい。新しいことに挑戦できて嬉しいです。第1期のエンディングテーマを歌わせてもらった時、アニメで描かれている郷愁感が僕の歌った「夏夕空」とリンクしていたこともあってすごく反響があったんです。それまで中 孝介の歌を聴いてこなかった若い世代の人たちからも“エンディングの曲、いいですね”と言ってもらえたりしましたし、『夏目友人帳』によってたくさんの出会いがあった感じでした。第3期でもエンディングをやらせてもらって、しかも今回のようなカバーアルバムも作れたというのは本当に感謝してます。

エンディングテーマを2度担当したことで、アニメ『夏目友人帳』のファンの人も、中さんの歌により親近感を持っていることでしょうね。

そう思ってもらえたら嬉しいですね。僕も『夏目友人帳』が好きなので、これまでに聴いてきた他のアーティストの方々が歌うテーマ曲や、主人公の夏目貴志くんのキャラクターソングを歌えるというのが決まってワクワクした気持ちになりました(笑)。

前作と今作、ふたつのカバーアルバムを作ってみたことで、カバーに対する考えとか思いが変わったりしましたか?

デビューの頃から…いや、それ以前からカバー曲を歌ってきましたし、僕自身、詞曲を作らないので、オリジナル曲とカバー曲だから歌い方を変えるということは特にないんです。自分の経験したことをそれぞれの楽曲に重ねて歌うと、言葉の向こうに景色が見えてくるんですよね。あとは、聴いてくれる人たちが、それぞれ経験してきたことや景色などと重ね合わせて聴いてくれたらいいなと思っています。でも、難しいところもありますね。

それはどういうところですか?

他のアーティストの方たちが歌った原曲、オリジナルがあるわけですから、そのアーティストや楽曲のファンの方もたくさんいますし、僕もカバーする楽曲に対してのリスペクトがあるので、あんまりイメージを変えたくないという気持ちがあります。オリジナルに寄せて歌うとモノマネというか、カラオケで歌ってる感じになってしまいますし、かと言って崩してしまうと原曲の良さがなくなってしまうので、そのバランスが難しいなって。でも、それがカバーの楽しさでもあると思うんです。

普段だと歌わないタイプの曲もあったりするのでは?

そうなんですよ。今回もLONG SHOT PARTYさんの「あの日タイムマシン」のようなアップテンポな曲って、もちろん聴いたりすることは多いんですけど、自分で歌うことはあまりないので。たぶん、一般的にも中孝介はバラードというイメージが強いと思いますし(笑)。

まさに新しい挑戦ですね。

表現の幅を広げるという意味でも、カバーはすごくいいなって思いました。実際にレコーディングで歌ってみて、自分にしっくりきたのが1曲目に収録されている「愛してる」でした。その他の曲もアニメの世界と連動した歌詞で、聴くと元気になれる曲ばかりなので、アニメ『夏目友人帳』のファンの方、アニメを観てなかった方にもぜひ聴いてもらいたいです。

期間生産限定盤のDVDにはドキュメンタリー映像が収録されているということですが、どういう内容になっているのですか?

『夏目友人帳』で描かれる美しい風景のもととなっている熊本県の人吉市に行ってきました。アニメに出てくる神社とかバス停とか、ゆかりのある場所を訪れて、地元の人たちと触れ合ったり、歌を歌ったり。『夏目友人帳』の世界観がより伝わってくると思いますので、こちらもぜひ観ていただきたいです。

人吉市にはこれまでにも何度か訪れているということですが。

はい。民謡の九州大会が毎年人吉で行なわれていて、デビュー前に2度出場したことがあります。デビュー後にもキャンペーンで行ったり、一昨年の12月には初めて人吉で単独公演もやらせてもらいました。山の中に大きな川が流れている、とても自然がきれいなところなんですよ。最初に行った時と比べると駅とかもきれいになっています。

そうだったんですね。さて、秋にはツアーも決定していますが、今回はどんなツアーになりそうですか?

アルバムを引っ提げてのツアーなので、今回の収録曲を中心にした内容を予定しています。どういう編成にするかはこれから考えるところです。まだまだ先のような気がしてますけど、10月とかあっと言う間にやってくるんでしょうね。

最後に、今後挑戦してみたいことを教えてください。

オリジナル楽曲の制作やリリースと並行して、またカバーもやってみたいですね。昭和の歌謡曲を歌うとか、普段歌ってる音楽とは違うジャンルのものにも挑戦してみたいです。
『ベストカバーズ ~夏目友人帳~』2015年06月17日発売Ariola Japan
    • 【期間生産限定盤(DVD付)】
    • BVCL 652~3 4200円
    • ©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会
    • 【通常盤】
    • BVCL 654 3300円
中孝介 プロフィール

アタリ コウスケ:鹿児島県奄美大島出身、在住。“地上で、もっとも優しい歌声。”と称される奄美大島のシマ唄で培われたコブシ回しが独特なヴォーカリスト、表現者。高校生の頃、独学で奄美大島伝統の民謡であるシマ唄をはじめ、2000年の奄美民謡大賞で新人賞。同年、日本民謡協会の奄美連合大会で総合優勝を果たした。06年3月にシングル「それぞれに」でデビューし、史上初となる九州全県FM同時パワープレイなど23局ものパワープレイを獲得。以降、「花」「夏夕空」など多数のヒット曲を放つ。中 孝介 オフィシャルHP
中 孝介 オフィシャルTwitter
中 孝介 オフィシャルFacebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着