L→R しゅうま(Ba)、Daiki(Vo&Gu)、Natsuki(Dr)、ISATO(Vo)、まーきー(Gu)

L→R しゅうま(Ba)、Daiki(Vo&Gu)、Natsuki(Dr)、ISATO(Vo)、まーきー(Gu)

【LOCAL CONNECT】人と人、気持ちと
気持ちを“つなぐ” LOCAL CONNECT

1stミニアルバム『過去ツナグ未来』でメジャーデビューを果たすLOCAL CONNECTは、熱量の高い歌とエモーショナルなサウンドを身上とする5人組バンド。メンバー、仲間、オーディエンスとの強い絆もこのバンドの大きな魅力だ。
取材:森 朋之

先日ライヴを観させてもらいましたが、とにかく熱量が高くて。“リアルな感情を込めた歌を伝える”という意思が強く感じられました。

ISATO
うん、まさにそういうライヴをやりたいと思ってるんですよ。
Daiki
暑苦しい印象もあると思いますけどね(笑)。このスタイルになったのはここ1〜2年なんですよ。それまではいろんなジャンルに挑戦したり、ライヴのやり方も試行錯誤していて…。でも、ライヴが終わった時に“しっかり気持ちを伝えられた”という手応えが感じられるのが一番いいな、と。
ISATO
あとは自分の言葉で伝える、僕らにしかできないことをやるのが大事だと思っていて。特に僕はヴォーカルなんでMCも熱くやりたいんですよね。そうすることでメンバーの気持ちも高まるんじゃないかなって。

なるほど。ISATOさん、DaikiさんのツインヴォーカルもLOCAL CONNECTの武器ですよね。

Daiki
自然な感じでそうなったんですよね。僕とISATOは中学から一緒なんですけど、その頃から休み時間になるとふたりで歌ってたので。
ISATO
小学校は別々で、“歌が上手い奴がおる”っていう噂は聞いてたんですよね(笑)。俺もカラオケとかでは上手いって言われてたんだけど、“あっちの小学校の奴はギターも弾けて曲も作れるらしい”って。
Daiki
ちょっと天狗になってました(笑)。でも、カラオケで初めてISATOの歌を聴いた時、鳥肌が立ったんですよ。
ISATO
(笑)。Daikiの歌にもびっくりしましたけどね。ハモるのもすごく上手くて。
Daiki
バンドを組んだばかりの時は彼がメインで僕がコーラスみたいなかたちだったんですけど、普通のバンドにはないところを出したいっていうのもあって、ふたりの歌のいいところを活かすことにしたんです。

音楽的にはエモーショナルなロックを目指していた?

Daiki
いや、実は僕ら、ロックのことはあまり知らなかったんです。高校の時はR&Bとかが好きだったし。
ISATO
そうやな。
Daiki
学園祭のためにバンドを組んだのがきっかけなんですけど、それからですね、ロックを聴くようになったのは。オリジナルの曲を作り始めたのも高校を卒業してからで、最初はかなりポップだったし。そこからだんだん熱い感じになっていって。
ISATO
めちゃくちゃヘヴィな曲をやってた時期もあったんですよ。
Daiki
ギターをドロップチューニングにして、思い切りシャウトして。
ISATO
今は丁度いいところに落ち着いたかもしれないですね。
Daiki
活動を続けていくうちに歌詞も変わってきたんですよね。もっと生きることに必死にならないといけないと思ったし、あとは“いろんな人に支えられてきた”ということにも気付いて…
ISATO
うん。
Daiki
家族や友達、近所のおばちゃんとか。僕らが生まれ育ったところ(京都・長岡京)って、すごい田舎なんですよ。その分、人と人とのつながりが強いんですよね。それが自分たちにとって大切なことだし、それがバンドの名前(LOCAL CONNECT)にもそのまま出ていて。
ISATO
距離が近いですからね。ライヴに来てくれる人に対してもそうでありたいし。等身大でありたいと思うし、ひとりの人間として何が表現できるか?を常に考えているので。

バンドとしての方向性、大事にするべきことがはっきりしたからこそ、今回のメジャーデビューにつながったのかも。

Daiki
今年からドラムが変わって、今のバンド名になったんです。今回のアルバムにも新しい曲とこれまでの曲が半分ずつ入ってるんですよ。

だから、タイトルが“過去ツナグ未来”なんですね。

ISATO
そうですね。メンバー全員、このタイトルがいいって一致してたので。例えば、「ツギノセカイヘ」にしても、現状をぶっ壊して進んでいきたという決意が表れていると思うんですよね。
Daiki
そういう気持ちはずっと持っていたいし、“これでいい”と思ってしまったら終わりですからね。貪欲に上を目指すという話は、メンバーともいつもしてます。

アニメ『俺物語』のエンディングテーマになっている「幸せのありか」の作詞はISATOさんですね。

Daiki
基本、作詞・作曲は僕がやらせてもらっているんですけど、アニメのタイアップは初めてだし、メジャーデビューのタイミングということもあるので、ISATOが持っているものも取り入れたかったんですよね。アニメの内容と彼の真っ直ぐさもすごく似てると思ったし。ISATOは真っ直ぐでいい歌詞を書くんですよ、ほんとに。
ISATO
いろいろな人と接する中で感じられる幸せの欠片を思い出しながら書きました。このタイミングで作詞を任せてくれるDaikiの気持ちも嬉しかったし…。出会ってから10数年経ちますけど、ぜんぜんブレないんですよね、Daikiは。

すごい信頼関係ですね!

Daiki
ほんとに仲良いんですよ、このバンドは。他のバンドから“仲良すぎて気持ち悪い”って言われるくらい(笑)。ライヴやスタジオではキリッとしたバンドマンなんですけど、移動中とか銭湯に行く時は完全に友達の雰囲気なんですよね。
ISATO
地元のイオンモールで遊んだりしてます(笑)。
Daiki
でも、ただ楽しく笑ってるだけではなくて。ぶつかったことも何度もあるし、しっかり話し合いながら、それを乗り越えてきたので。
ISATO
全員、このメンバーじゃなかったらバンドはやらないと思ってるんですよ。それくらい、この5人でやっている意味があるんですよね。
『過去ツナグ未来』
    • 『過去ツナグ未来』
    • VPCC-81844
    • 2015.06.17
    • 1800円
LOCAL CONNECT プロフィール

ローカルコネクト:京都府長岡京市出身、5人組ロックバンド。透明感があり、伸びのあるハイトーンヴォイスのISATO、泥臭く熱量を放つDaikiのふたりが織りなすツインヴォーカルの極上ハーモニー。正統派ロックバンドの中でもずば抜けて輝くメロディー。疾走感と透明感が共存したどこまでも美しく力強いサウンドは唯一無二。幅広い世代に受け入れられる王道のポップ/ロックミュージックを表現している。LOCAL CONNECT オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着