L→R 藤咲 佑(Ba&Cho)、蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(Gu&Cho)、澤村小夜子(Dr&Cho)

L→R 藤咲 佑(Ba&Cho)、蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(Gu&Cho)、澤村小夜子(Dr&Cho)

【ねごと】ねごとが見つけた、手放し
てから分かるもの

3月にリリースしたアルバム『VISION』を引っ提げ、6月まで初の全国ワンマンツアーを展開中のねごとから、早くも新作「DESTINY」が到着。バンドに大きな変革と自信をもたらしたアルバムを経て、今、暖色の風がねごとの新たなる扉を開く――。
取材:清水素子

ピコピコ音での幕開けから、とにかく風通しの良さを感じさせる曲ですね。バンドの状態の良さが音にも表れているというか。

蒼山
私たち自身も今、すごく風が吹いてるなぁって感じてるんですよ。前作『VISION』には本当の意味でのリスタート感があって、正直言ってあのアルバムを作れたことで自分たちの音楽に対する自信というか、基盤ができたんですよね。
沙田
そこから間髪入れずに今回の「DESTINY」の制作に臨めたことで、自分たちの中の熱を倍増させていくことができたんです。前々から曲の原型はできていたんで、この「DESTINY」も『VISION』に入れちゃう?って話も実はあったんですよ。でも、この風通しの良さやバンドとエレクトロの爽快な融合に、これはアルバムの“次”に出すべきものなんじゃないかっていう予感がして。よりノリがよくキャッチーで広がりのある、攻めモードな曲に仕上げていきました。
澤村
疾走感だったり、ねごとが本来持ってる宇宙感だったり、サビの切ないシンセフレーズだったり、もうワクワクしますね!しかも、同じタイミングでTVアニメ『銀魂°』のエンディングテーマのお話をいただいて、私はずっとアニメも観ていたから、この曲が一番似合うんじゃないかと思ってたんです。そしたら選んでいただけたんで、超嬉しかった! まさにDESTINY(=運命)ですよね(笑)。
沙田
うん。ほんとにタイミング良すぎて、びっくりした。

ねごとが出したいものと、アニメの制作サイドが求めているものが合致したと。それでタイトルも“DESTINY”に?

蒼山
言葉自体はメロディーを作った時からありました。ただ、リリースにあたって歌詞はアニメのことも考慮しつつ書き直しましたし、きっと昔の私だったら“DESTINY”という言葉から、重たくて逃れられないようなイメージを持ったと思うんです。でも、“今回は信じていれば待っているものがある”だとか、“繰り返しの道のりの中にも喜びがあったりするんだよ”っていう前向きなスタンスで書いていて。結局、伝えたいのは最後のサビで歌っている“喜び咲かせる旅”っていうことなんですよね。そんな歌詞が書けたのは『VISION』を作り終えた今だからこそだろうし、曲自体にもカラフルで、寒色ではなく暖色のイメージがあったんですよ。
藤咲
そうなんです。ねごとって意外と暖色の曲がないのに、今回は全員一致で“これは暖色系のカラフルな曲”って言えるところが、今のねごとの開けたモードを表してるなぁって。

同じ宇宙感でも銀色の無機質な感じではなく、花畑の広がる惑星のような生命感のあるファンタジックさですよね。

澤村
ちょっと切なくて、ふんわり温かくて、思い出がカラフルに見えるイメージかな。今までは地球から宇宙を見上げていたのが、今回は実際に宇宙に行っちゃった感じ!
藤咲
『VISION』でエイリアンの不動産屋に火星の土地を勧められる曲があったから、移住したのかもしれない(笑)。どんどん場面が変わっていくのが気持ち良い曲で、間奏も燃えまくるんですよ。『VISION』で掴みかけたグルーブ感を引き継いだフレーズで、早くみんなの前でライヴしたい!って思えるんですよね。カップリングの「夜風とポラリス」もバンドだけで攻める力強い曲で、野外で演奏してる情景が目に浮かびますね。
沙田
「DESTINY」とタイプは違うんですけど結構前からある曲で、エモーショナルなメロディーが「DESTINY」の開放感につながるんじゃないかと、疾走感とバンド感を強めにリアレンジしていった曲ですね。ちょうどリリースが6月なので、夏フェスでも活躍できる曲になったらいいなぁと。
蒼山
歌詞的には夜風の中を走っている主人公を、夜空の星が力強く導いてくれてるイメージがあったんで、“ポラリス”という単語を使いました。ロックで勢いのあるサウンドだから、歌詞もスッと胸に入ってきやすいものにして。

人生を何かを探す旅に例えて、それを肯定的に書いてるあたりは「DESTINY」に通じるものがありますし、それが今のねごとのモードなのかなと。

蒼山
ねごとの“今”もいろんな変化を経てのものですからね。以前は自分の性格的にも守ることを重視しがちだったけれど、飛び込んでみて見える景色もあるし、手放してから分かることもあるってことを実感できた今は、聴いてくれる人にも前向きな気持ちになってほしいんです。だから今、全国を回っているアルバムツアーでも、来てくれた人たちが“ねごとの世界に出会えて良かった”って感じてもらえるライヴをしたい。実際に客席でキラキラした顔を見ると、まだまだ走らなきゃいけない!って奮い立つし、今までの中で一番いいツアーができている実感はあります。
澤村
特に今回、女性・子供エリアを作ったので、女の子たちの表情がよく見えて! 泣いてる顔とかグッときますね。
藤咲
最初は身体を揺らしてる程度だった子が、終盤になって恥ずかしそうに拳をあげてたり。私たちの鳴らす音でどんどんノリが広がっていくさまを目の当たりにできるのがすごく嬉しい。今までは自分自身に余裕がなくて、そういう変化に気付けなかったんですよね。そう考えると今は自分たちも開放されて、ライヴ自体を楽しめてるんだと思います。

つまりは、みなさん強くなったと。

澤村
まぁ、ねごとはこの4人でしかないんだ!っていうのが、『VISION』を作ってみて分かったんで。
蒼山
そうやって自信が付いた分、ねごとをもっとたくさんの人たちに知ってもらいたいという気持ちが強まって、さらに果敢に攻めていきたい時に、これだけ納得のいく作品をアニメタイアップというかたちで発表できて。それに先立って各メンバーがゲスト参加するライヴや作品、ONE OK ROCKさんにお呼ばれした大きなステージがあったりと、“勝負”な場が多いのは本当にチャンスだと思うんです。それを掴んでの夏、どんなねごとを魅せられるのか、今から楽しみですね。
「DESTINY」2015年06月03日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL 2579~80 1728円
    • ※クリアフィルムブックレット仕様
    • 【通常盤】
    • KSCL 2581 1296円
    • ※初回仕様:アニメ絵柄ワイドキャップステッカー封入
    • 【期間限定生産盤】
    • KSCL 2582 1404円
    • ※アニメ絵柄描き下ろしデジパック仕様 ※アニメ絵柄描き下ろしステッカー封入
ねごと プロフィール

ねごと:『閃光ライオット 2008』(SonyMusic × TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』)で審査員特別賞を受賞したガールズロックバンド。10年9月、1stミニアルバム『Hello!"Z"』でメジャーデビュー。蒼山幸子の透明感あふれる唯一無二の歌声と、オルタナティブなロックエッセンスを軸にエレクトロサウンドを融合し、ポップでファンタジックな世界を作り出す。ねごと オフィシャルHP
SonyMusic

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着