L→R 飯田祐馬(Ba)、小泉貴裕(Dr)、谷口 鮪(Vo&Gu)、古賀隼斗(Gu)

L→R 飯田祐馬(Ba)、小泉貴裕(Dr)、谷口 鮪(Vo&Gu)、古賀隼斗(Gu)

資生堂『アネッサ』のCMソングとなった「なんでもねだり」。心地良いメロディーと極上のビートに遊び心もたっぷり加えた、この曲の制作秘話とは? 日本武道館ライヴのエピソードも併せて語ってもらった。
取材:田中 大

「なんでもねだり」は最初、誤植だと思いましたよ。「ないものねだり」っていう曲がすでにあるわけですから。

谷口
そうでしょうね(笑)。
飯田
鮪もライヴのMCで“ないものねだり”って言い間違えていました(笑)。

CMソングとして書き下ろしたんですよね?

谷口
そうです。“わがままな彼女に振り回される彼氏”とか“欲張りな彼女”というテーマをいただいたので、そこからイメージを膨らませていきました。

演奏する上では、どんなことを思っていました?

古賀
CMで流れる曲なので、いろんな人に聴いていただくっていうことを考えつつ…でも、KANA-BOONらしさは大事にしました。ギターに関しては、“日光に当たっても映える夏っぽいリフ”というか。海を想像しながら考えましたね。
飯田
CMで流れるっていう一定の枠組みみたいなものがあるから視野が狭くなるんじゃなくて、“これもできるんじゃないか?あれもできるんじゃないか?”って考えられたのは、バンドとして成長したからなのかなと思います。
小泉
楽しいイメージを出したかったので、いろんな遊び心も加えています。カウベルとかタンバリンを入れたり、同期の音を使ってみたり、KANA-BOONの4つ打ちの曲として新しい要素を入れたものにもなりましたね。

歌詞はスムーズに書けました?

谷口
思っていたほどには苦労しなかったです。男は女性に振り回されるもんやからな。
古賀
俺は振り回されたくない! 振り回したくもない! 家でのんびりしたい!
谷口
そういうことやない(笑)。

小悪魔的な女性が出てくる曲って今までにありました?

谷口
初めてです。CMの映像とかがあって、それに映えるように作ったから出てきたんでしょうね。サウンドも歌詞もタイトルもくだけた感じですし。『TIME』というアルバムを経たから、いい具合で肩の力が抜けたのかもしれないです。

タイトルは、どういう経緯で出てきたのですか?

谷口
スタッフと軽い感じで話していた中で言われたんですよ。オヤジギャグとして受け止めていたんですけど。
古賀
“ホシガール”っていうのもありました。

“欲しがる”と掛かっているわけですね…。

飯田
“はいはい~”って流していました。
谷口
でも、そのうちに“あれっ?”と。
飯田
このタイトルしか考えられなくなったんです(笑)。

秀逸なタイトルですよ。初回盤には「ないものねだり」のパロディーのMVが収録されるそうですが。

古賀
もともとの「ないものねだり」のMVをいっぱい観た後に観ると、より爆笑できると思います。(谷口)鮪以外の3人の誰が主演するのかファン投票をやったんですけど、俺らは主演をやりたくない願望が強くて。だって“鮪のあの髪型をせなあかんのかな?”って思うじゃないですか?
谷口
なんでや? しろや〜(笑)。
飯田
主演をしたくないわけではないんですけど、鮪にはなりたくなかったってことですね(笑)。

(笑)。KANA-BOONって遊び心があるバンドでもありますよね。日本武道館での4人の夢の実現も面白かったですし。

谷口
鮪の解体は、前からやりたかったんですよ(笑)。

飯田さんのセグウェイは?

飯田
乗りたかったんです。特にライヴ会場で乗りたくて。

アリーナ席の通路を走っていましたね。

飯田
はい。僕はプライベートも見てほしいんです。“こういう人が音楽やってるんやで”と。
谷口
セグウェイに乗るプライベートって何やねん?(笑)
飯田
“俺はこういうところでこういうことをしたいんやで”っていうのを伝える夢が叶いました。

小泉さんの箱から脱出するイリュージョンは?

小泉
“箱に入っている人、どういう感じなんだろう?”と前から思っていたんです。

ゴリラのマスクと手袋をして箱から出てきたのは?

小泉
素のまま出てきても面白くないのかなと…。
谷口
ギャグ?
小泉
うん。
古賀
ギャグでゴリラを使うな!
飯田
古賀、ゴリラ側?(笑)

古賀さんは白いシャツを着る夢が叶ったわけですが。

古賀
違います! ワイヤーで空を飛ぶ夢を叶えました。黒いシャツだとよく見えないので白いシャツを着たんです。

飛びながらギターを弾いた感想は?

古賀
リズムがまったくとれない。
一同
(爆笑)。
古賀
でも、宙に浮いているほうが案外弾きやすい部分もあるんですよ。広がった後の音が聴こえるので。
谷口
ということは、今後、古賀はずっと上の位置で吊るされてるかも(笑)。まぁ、それはともかく、大阪城ホールと日本武道館をやって気持ち的にもひと皮剥けましたね。
小泉
応援してくれるお客さんの存在も改めて実感しました。
飯田
大阪城ホールで家族連れのお客さんが見えたんですけど、小っちゃい子がいたんですよ。嬉しかったです。音楽が好きになってくれたらいいですね。

この記事が出る頃はライヴハウスのツアー中ですが。

古賀
日本武道館とか大阪城ホールでは“ライヴハウスみたいなライヴをしたい”って思ってたんですけど、今度は“ライヴハウスで大きな会場みたいなライヴをしたい”っていう目標ができました。いいライヴをしたいと思っています。
「なんでもねだり」2015年05月13日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL 2573-4 1620円
    • 【通常盤】
    • KSCL 2575 1258円
KANA-BOON プロフィール

カナブーン:大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催された『キューン20イヤーズオーディション』にて4,000組の応募者の中から見事優勝し、13年9月に1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。14年8月には地元大阪で野外凱旋ライヴを行ない、デビューから1年足らずでありながら16,000人超を動員。15年には大阪城ホールと日本武道館での単独公演を、16年には初の海外公演を含む全21公演の全国ツアーを敢行し大成功を収めた。そして、18年にメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたる5リリース・5イベントを企画し、現在遂行中!KANA-BOON オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着