L→R ヤノ(Dr&Vo)、ハヤシ(Gu&Vo&Synthesizer&Programming)、フミ(Ba&Synthesizer&Vo)

L→R ヤノ(Dr&Vo)、ハヤシ(Gu&Vo&Synthesizer&Programming)、フミ(Ba&Synthesizer&Vo)

【POLYSICS】個性的だけどハマると好
きになるDr PepperってPOLYSICSっぽ

ハヤシ(Gu&Vo&Synthesizer&Programming)の食への偏愛を歌ったPOLYSICSの最新作『HEN 愛 LET’S GO!』が完成! ハヤシが語ってくれた全曲紹介ならぬ全食紹介からは、彼の趣味嗜好や変わり者ぶりが見えてくる!?(笑)
取材:フジジュン

ミニアルバム『HEN 愛 LET’S GO!』は1年2カ月振りの音源となりますが、その間も新曲を作ったり?

そう。前アルバム『ACTION!!!』のツアーが終わって、新曲をたくさん作ってました。そのまま出しても良かったけど、何かパンチがあってもいいかなと思ったんですよね。で、“企画盤くらい振り切ったものはどうだろう?”って話から、“自分の偏愛をテーマに曲を書くのはどうだろう?”というアイデアが出て、自分の好きなものや自分を形成しているものを挙げていったら、“好きな食べ物の偏り方が異常で面白い!”って話になり…自分ではそんなつもりなかったけど、並べてみたら“確かに”って(笑)。

メインたるものがなくて、Dr Pepperとか、ホモソーセージとか、なければないでいいものばかりですもんね。

そんなことないでしょう!?(笑) でも、ぶっちゃけね、“グルメって何だろう?”ってタイプなんです。食べることも美味しいものも好きだけど、不味くなければいいやって(笑)。

そんな中、好きな食べものを挙げて。POLYSICSの楽曲で、歌や歌詞から愛情が伝わってくるのは新しいなと思いました。

あ~、確かに。音楽への敬愛やオマージュはあるけど、それはないかもしれない。だから、作ってて楽しいのはあったけど、楽しいに辿り着くまで時間はかかったかな。「Homo Sausager」とか最初、歌詞がすり身に寄りすぎちゃったし。

わはは。曲制作の話をしてて、“すり身に寄りすぎた”って解説はなかなか出てこないですよ(笑)。

でも、こういう書き方をしたのは初めてかもしれない。普段、楽しい響きや引っ掛かりのある言葉を大事にしてるけど、今回“偏愛”をテーマに書こうと思った時、それだけじゃ伝わらないと思ったんですよ。“なぜ好きかも言わないとな”って思いながら、歌詞を書くというのは今までにない感覚でしたね。

また、曲もDr Pepperとか、明確なテーマがあるから、曲の色がしっかり出ているし、思い切り遊べていますしね。

そう。例えば『ACTION!!!』もシンセポップやEDMの自分なりの解釈や、自分の中の流行りがあったんだけど、今回はそういうことをまったく考えなくて。ライヴのことも一切考えなかったんだよね。自分から沸き出てくるものだけで作って、良い意味で周りに影響を受けずに作った曲ばかりですね。

では、せっかくなので全曲紹介ならぬ、全食紹介をしてもらおうと思うのですが(笑)。まず、1曲目「Dr Pepper!!!!!」。

Dr Pepperを初めて飲んだ時、期待して飲んだから薬っぽくて。期待からの転落がショックで泣きました(笑)。でも、“もう一回飲んでみよう”と思って飲んだら、ちょっとハマって。それからは“あれば飲みたい”って感じで、飲み続けてますね。Dr Pepperって個性的すぎて取っ付きづらいけど、ハマると大好きになるってのが、POLYSICSとも似てるなと思って(笑)。サウンドもニューウェイブ・パンクにいろんな音を詰め込んで、全員で歌うのがやりたかったんです。

続いて、「Homo Sausager」。ホモソーセージとか、ラスポテトとか、潰して固めた加工品、好きですよね?

確かに(笑)。素材そのものより、加工したものが好きなんだよね。だから、ルーツミュージックより、そこから発展したニューウェイブが好きなのかな。ジェームス・ブラウンよりトーキング・ヘッズ、ビートルズよりもXTCが好きなのは、そんな理由もあるのかなって思いますね。

なるほど、上手いこと話がつながりました(笑)。「GT(Great Tan-men)」はタンメンの歌ですね。

子供の頃、お父さんとご飯を食べに行く時によくタンメンを食べてたんですよ。“これは野菜がたくさん入ってていいぞ”みたいな思い出もあって、レコーディング中に出前を頼む時もほぼタンメンなんです。オススメは『蒙古タンメン中本』のタンメン! あの店に行って辛くないのを頼むのは勇気がいるけど、本当に美味しいんで食べてください。

続いては「DTMK未来」。伊達巻への愛を歌ってますが。

この歌の通りですね。あんなに美味しいのに、なんでお正月しか食べれないんだろう?って。スイーツ感覚で食べるとか、可能性はたくさんありそうじゃないですか。

ケーキ屋さんが作った伊達巻とか、美味しそうですね。「I’m Hard Boiled」は固ゆで卵へのこだわりで。

半熟って中途半端でチャラいでしょ? “固ゆでが好き”というのは、メンバー全員一致なんです。それが知れただけでも、この作品を作った意味がありました(笑)。曲もスカっぽいのはあまりやってないので、面白い曲になりましたね。

続いて、「ラスポテトメモリーズ」。ラスポテトはピンとこない人が多いかもしれないですね。

これは浅草花やしきとか、遊園地の売店に売ってるんですけど、粉から作るサクッとモチッとしたポテトで。許可を取るために、作ってる会社に連絡したら、ラスポテトのキットを送ってくれたんですよ。家で作って食べました! だから、“どこで食えるんだ?”って歌で、《無性に食べたい 今食べたい》って歌ってるのに願いが叶っちゃったんです。最後にできた曲なんだけど、並べた時に音数も少なく、アレンジもシンプルで、ここまでスカスカな音の曲も珍しいですね。

で、ラストは「Ski Ski Die Ski(n)」。皮で一括しちゃいましたけど、鶏皮とか焼き魚の皮って話ですよね?

そうそう。焼き魚で皮を残す人に“俺にくれよ”くらいの感じで、僕の中ではシャケ弁当のメインはシャケの皮ですからね。皮をはいで、ご飯を巻いて食べるのが一番好きなんです! ただ、身があってこその皮だから、皮だけこんもり出されてもちょっと違いますけど(笑)。

わはは。そして、5月からはツアーが始まりますね。

今は偏愛モードなので、『HEN 愛 LET’S GO!』の曲をやりたいんだけど、ライヴモードで作ってないから、これが結構大変で。ライヴでどうなるのかも、楽しみにしててください。
『HEN 愛 LET’S GO!』
    • 『HEN 愛 LET’S GO!』
    • KSCL-2564
    • 2015.03.25
    • 2160円
POLYSICS プロフィール

ポリシックス:1997年3月に結成。結成当初から揃いのバイザー、特異なライヴパフォーマンス、爆音ギターとシンセサイザーやボコーダーなど、コンピューターミュージックを融合させた稀有なサウンドで注目を集める。日本武道館単独公演や250本以上の海外ライヴなど、精力的に活動。結成20周年となる17年、10月に新メンバーのナカムラ リョウを迎え4人体制となり、11月にはニューアルバム『That's Fantastic!』をリリースする。POLYSICS オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着