【藍井エイル】『Eir Aoi First Liv
e 2012 -Autumn-』2012年9月22日 at
shibuya duo MUSIC EXCHANGE

取材:長澤智典

会場を支配していたのは、藍井エイルから放たれる生命力を受け、奮い立たされた人々の“藍い熱狂の炎”だった。初のワンマンライヴながらも気負いすることなく、透明感を持ちながらも芯の太い歌声を際限なく響かせたエイル。1stシングル「MEMORIA」に象徴されるシンフォニック&ヘヴィな音楽性など、全体的に重くスケール感あふれる曲調を軸に据えながらも、雄大な景観を描き上げる重厚で躍動的な音の調べを味方に付け、さまざまな表情を見せる。そして、どの楽曲に対しても伸びやかで抑揚あふれた歌声を通して“光”を与えていく。屈強な壁を壊しては進み続ける女戦士にも似た存在感と輝きを放つ歌だからこそ、満員の観客たちは彼女に熱狂の先導を預け、暴れ続けていた。初ライヴでこの一体感。今後の躍進が楽しみだ。

セットリスト

  1. MEMORIA
  2. Roses
  3. Crimson Eyes
  4. enigmatic karma
  5. Lapse from Virtue
  6. Gleam In Twilight
  7. アヴァロン・ブルー
  8. frozen eyez
  9. white world
  10. Lament
  11. End of the Earth
  12. AURORA
  13. INNOCENCE(新曲)
藍井エイル プロフィール

アオイエイル:2011年10月、シングル「MEMORIA」でメジャーデビュー。自身のFACEBOOKページには世界中から50万以上のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。シングル13枚、オリジナル・アルバム3枚を経て、2016年10月にベスト・アルバム『BEST -E-』『BEST -A-』を同時リリース。2016年11月4日(金)・5日(土)に行われた日本武道館公演をもって活動休止。休養を経て、今春より活動再開。藍井エイル オフィシャルHP(アーティスト)
藍井エイル オフィシャルHP(レーベル)
ブログ
Twitter
藍井エイル スタッフTwitter
Facebook
YouTube
Instagram
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着