【THE PREDATORS】『THE PREDATORS
2012 TOUR 「Monster in your head」
』2012年9月20日 at 渋谷CLUB QUATT
RO

撮影:鈴木 潤/取材:宮本英夫

4枚目のミニアルバム『Monster in my head』のリリースツアーがいよいよキックオフ。のっけからひたすらラウドでシンプルなグランジロックが炸裂し、“アツいじゃねーか、バカヤロー!”と山中さわお(Vo&Gu)が叫び、JIRO(Ba)は微笑みながら鬼のようなダウンピッキングでリズムを刻み、高橋宏貴(Dr)は親の仇のごとくドラムをひっぱたく。パッション命で突っ走る豪快なステージングだが、ヘヴィさよりも明るさやポップさをより強く感じるところにTHE PREDATORSの個性が光る。新曲「Trade」では高橋がヴォーカル、山中がドラムでJIROがギターというパートチェンジで会場を大いに沸かせ、アンコールではジョン・デンバーの「カントリーロード」とニルヴァーナの「Breed」という両極端のカバーをやってのけ、全22曲で1時間半。熱波のごとく駆け抜けた痛快なライヴにロックの原点を見た。
THE PREDATORS プロフィール

GLAYのJIRO(b)、STRAIGHTENERのナカヤマシンペイ(dr)、the pillowsの山中さわお(vo&g)というドリーム・コラボがトリオ編成のロック・バンド=THE PREDATORSで実現。彼らは05年7月に、インディからデビュー・ミニ・アルバム『Hunting !!!!』をリリースし、音楽シーンに鉄槌を食らわせる!! コイツはちょっとした事件ですよ。オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』