L→R  Misaki(SpecialThanks)、YUTTy(MIX MARKET)

L→R  Misaki(SpecialThanks)、YUTTy(MIX MARKET)

【SpecialThanks x MIX MARKET】それ
ぞれのロックが交ざり合う感じにした
かった

SpecialThanksとMIX MARKETのスプリットアルバム『ROCK'N'ROLL』がここに完成! 今作はコラボ曲やお互いのカバー曲、加えて新曲を3曲ずつ持ち寄った全9曲入り。もう笑顔で踊り出したくなる“FUN”な空気満載だ。そこで両ヴォーカリスト、Misaki(SpecialThanks)とYUTTy(MIX MARKET)の対談を敢行した!
取材:荒金良介

今作はガールズ・ヴォーカルという軸はありつつ、楽曲のバラエティーも豊かで楽しいムード満載ですね。このスプリット案はどこから出てきたのですか?

Misaki
私とプロデューサー(Misakiママ)の中でずっと温めてたんですよ。で、スペサンのワンマンの打ち上げにYUTTyさんが遊びに来てくれて、その時に“やりましょうよ!”と言いました。
YUTTy
好きなバンドだったし、Misakiちゃん自体が大好きなので、誘ってくれたのは嬉しかったです。
Misaki
もともとMIX MARKETは大好きで聴いてたんです。今回カバーした曲(「our ideas」)が一番好きで、いつも歌ってました。で、名古屋にMIX MARKETが来るから出ない?とライヴハウスに言われて、絶対出る!って。

07年にMIX MARKETのオープニングアクトに出たんですよね。当時のことは覚えてます?

YUTTy
覚えてますよ。レコ発で名古屋に行って、その時に観たスペサンはすごく輝いてて。Misakiちゃんは個性的だったし、若いのに昔のパンクやメロコアも知ってたからびっくりして。

YUTTyさんと同世代のパンクも知っていると。Misakiさんはその時のライヴは覚えてます?

Misaki
ライヴハウスに出ること自体が2回目ぐらいでドキドキでした。その後、会うごとにYUTTyさんと話すようになって、今回のレコーディングもずっと喋ってました。
YUTTy
なんか通じるものがあるんですよ。
Misaki
感覚が近いと思います。メンバーからの扱われ方やポジションが似てるんですよ。
YUTTy
そうそうそう(笑)。女の子でもガツガツいくタイプじゃなく、メンバーに全部やってもらう。

ははははは。

Misaki
レコーディング中もYUTTyさんと私は誰よりもダラ〜としてる。あぁ、似てるなって(笑)。
YUTTy
楽しかったもんね。ウチもスペサンとやるから、より一層頑張ろうと思えたし、Misakiちゃんが書いた曲を歌うのも楽しかったです。

コラボ曲「ロックンロールダンス」は、Misakiさんが書いたのですか?

Misaki
はい。歌詞も“ここはYUTTyさんに歌ってもらおう”と考えるのが楽しくて。
YUTTy
レコーディング中はダラッとしてるのに、私の歌入れの時はMisakiちゃんが立ち上がって。
Misaki
YUTTyさんがYUTTyさん節を忘れちゃうんですよ(笑)。
YUTTy
Misakiちゃんに引きずられて、“あ〜ん♪”みたいに歌い回しになってしまって、“違うんですよ!”ってプロデューサーみたいに言われるという。
Misaki
(笑)。MIX MARKETは日本語曲もあるから、せっかくコラボするなら、私も日本語で歌いたいし、チャレンジしました。
YUTTy
1回聴いたら忘れられない曲だから、これはイケる!って。あと、ここに切なさを足せば最高だろうと。
Misaki
《あったばかりのあの気持ちを I don’t forget you 忘れないのよ》の歌詞は、私たちがMIX MARKETと初めてライヴやった時のことを思い出して。
YUTTy
みんなに伝えたら、あの歌詞やばいね!って言ってました。

ほんとにラブラブ・コラボですね(笑)。お互いの新曲に関しては何か話し合ったのですか?

Misaki
特にしてないです。それぞれのロックが交ざり合う感じにしたかったから、自分らしくやろうと。
YUTTy
一緒だ! ウチも結局作るとMIX MARKETになるから、それでいいんじゃないのって。
Misaki
カッコ良かったです! これ、言っていいか分からないけど、歌詞ができてないってYUTTyさんが言ってて…。
YUTTy
レコーディング当日に完成させることが多いんですよ…。
Misaki
そこも一緒なんですけどね(笑)。

(笑)。今回はお互いのカバーも聴きどころですね。

YUTTy
「You Say GOODBYE」をMIX MARKETっぽくするなら、キーボードを入れて、ダンスの要素も入れて、2ビートかなと。Misakiちゃんはあっと言う間だったもんね?
Misaki
「our ideas」はいつも歌ってたから(笑)。“オロリコロリ♪”と歌ってるパートがあって、ほんとの歌詞は《Autumn loneliness and cold of winter》で。もともと耳コピで歌ってた時に“オロリコロリ♪”で覚えていたから、ここはお気に入りのフレーズで歌っちゃおうって。

なるほど(笑)。お互いに原曲の良さを活かしつつ、自分たちの色もしっかり出てますね。MIX MARKETはスカのリズムを入れて、らしさを出してるし。

YUTTy
おっ、ちゃんと聴いてくれてますね。あそこがウチのポイントです。

逆にスペサンはスカのパートを独自にアレンジして。

Misaki
ライヴ前提で、みんなに乗ってもらいたかったから2ビートでやりました。
YUTTy
あと、終わり方も最高だもんね。

アウトロでクラッシュの「アイ・フォウト・ザ・ロウ」のフレーズをちょっと入れてますね。

Misaki
ヘイスケくんがアイデアを出してくれたんですよ。
YUTTy
カバーを聴くと、改めていい曲だなって。
Misaki
名曲ですよ、名曲! 
YUTTy
今回はほんとに楽しかった。その楽しさが曲に出てると思うので、そこを聴いてほしいですね。
『ROCK’N’ROLL』
    • 『ROCK’N’ROLL』
    • KOCA-82
    • 2014.11.05
    • 1944円
SpecialThanks プロフィール

スペシャルサンクス:ガールズヴォーカルメロディックパンク&ギターロックバンド。絶対的な歌唱力と表現力の高さ、聴く人全てを釘付けにするMisakiの才能あふれる歌、そしてルックスも兼ね備えたピュアな魅力を軸に、メロディックパンクから王道ポップロックまで日々を進化を追求する本格的バンドサウンドは日本において唯一無二の存在。2019年7月にサポートメンバーのToshiki(Gu&Cho)、KOUSUKE(Ba&Cho)、YOSHIDA(Dr&Cho)が正式加入することが発表された。SpecialThanks オフィシャルHP

MIX MARKET プロフィール

ミックスマーケット:1999年から2004年にかけてガールズポップ&パンクの代名詞的な存在としてインディーズシーンで活躍。メンバーチェンジ等の充電期間を経て、 07年に新生MIX MARKETとして完全復活! 自らのレーベル『elephant music』を立ち上げ、現在も下北沢を拠点に精力的に活動中。MIX MARKET オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着