【Mrs. GREEN APPLE】『MGA MEET YO
U TOUR』2017年5月19日 at 東京国際
フォーラム ホールA

撮影:HAJIME KAMIIISAKA/取材:宮本英夫

 ライヴハウスとホールを巡る長いツアーの終着地、国際フォーラム ホールAは2階のてっぺんまで埋まった。バンド史上最大のキャパシティだが、余裕すら感じるパフォーマンスでいきなりパワー全開。1曲目「Just a Friend」の全員コーラスで一体感を作り上げると、「アンゼンパイ」「Lion」などアッパーチューンを連発して波に乗る。5曲目「おもちゃの兵隊」からはメッセージ性の強い曲を連ね、へヴィな音に乗せてしっかりと言葉を届けてゆく。緩急をつけた巧みな盛り上がりに、本当にライヴの進め方が上手くなったなと、保護者のような気持ちになってしまう感慨深いシーンだ。前半のハイライトは名曲「鯨の唄」で、壮大なロックバラードに乗せて若井が最高にエモいギターソロを聴かせてくれた。

 中盤の「我逢人」は藤澤涼架のピアノと大森元貴の歌だけ、「Hug」は5人のアコースティックセットでしっとりと。座って楽しむ曲のあとは一気にアップへと転じ、「うブ」と未発表曲「WHOO WHOO WHOO」はもはや完全なEDM。アコースティックからEDMまで、ここまでパワフルにやってのけるバンドが、この世代で他にいるだろうか? 後半は、大森が浮き輪を装着し、ビーチボールが客席を転がる「サママ・フェスティバル!」、王道ポップチューン「In the Morning」などシングル曲を連発し、とことん盛り上げて本編終了。アンコールでは、この日24歳の誕生日を迎えた藤澤が「ハッピーバースデートゥーユー」の大合唱で祝福されるなど、最後までミセスらしいハッピーな2時間20分だった。一体どこまで大きくなるのか、5人の未来には希望しか見えない。

セットリスト

  1. Just a Friend
  2. HeLLo
  3. アンゼンパイ
  4. Lion
  5. おもちゃの兵隊
  6. ツキマシテハ
  7. 絶世生物
  8. soFt-dRink
  9. Oz
  10. 鯨の唄
  11. 我逢人
  12. Hug
  13. VIP
  14. うブ
  15. WHOO WHOO WHOO
  16. スマイロブドリーマ
  17. SwitCh
  18. Speaking
  19. サママ・フェスティバル!
  20. In the Morning
  21. JOURNEY
  22. <ENCORE>
  23. StaRt
  24. どこかで日は昇る
  25. 庶幾の唄
Mrs. GREEN APPLE プロフィール

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、15年7月にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。18年4月に発表した3rdアルバム『ENSEMBLE』はオリコン初登場3位を記録。アルバムを提げてのワンマンツアーはファイナルの幕張メッセ国際展示場2デイズまで全公演即日完売。シングルと同時発売で最終公演の模様を収めたDVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』をリリースする。Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着