【DASEIN】『Coconial DASEIN TOUR
2017 [FEATURE≒FUTURE] ー今、此処
に在る事が愛しくてー』2017年5月13
日 at 新宿ReNY

撮影:岡本麻衣/取材:清水素子

 もし、あの時に解散していなかったら辿り着いたであろう未来と、解散したからこそ今、此処に在る未来。2004年の解散前に存在したデモをもとに生み出された15年振りのアルバム『唯、此処にある事が愛しくて』を引っ提げ、そのふたつの未来をつないだ本ツアーのファイナルは、全ての歴史を飲み込んだ現時点でのDASEINを余すところなく観せつける3時間となった。

 彼ららしいサイバーな映像をバックに、アルバム表題曲「唯、此処に在る事が愛しくて」でライヴは静かにスタート。感情の波を感じさせないRicky(Vo)のハイトーンヴォーカルは抜け良く、隙なく正確に放たれるJOE(Dr)のへヴィな高速ビートや、客席で規則的に振られる青いサイリウムと相まって、どこか無機質なムードを振りまいていく。「キ・ミ・ダ・ケ」でメロディックな旋律を歌い上げながらも、立ち位置から1ミリも動かず手を翳すRickyはまるでアンドロイドのよう。激走ビートの上に抒情的な歌謡メロが乗る「眠らせてください」といい、普通ならば同居しえないものが共存するDASEINの不思議な音楽世界は、しかし、そこからの変貌ぶりこそが最大の観どころであった。

 中盤、緊張感みなぎる音が連鎖するドラムソロでオーディエンスを魅了すると、JOEが“生きてるといろんなことがあって、10あれば8個は苦しい。でも、楽しいことが2個あれば頑張れる。俺の場合は君たちがいてくれるからだよ!”と宣言。そして、インストゥルメンタルの「無限」がパッショネイトに鳴らされれば、再登場したRickyはミステリアスな映像をバックに「絶望の花」を神秘的に届けていく。さらにオフショット写真と共に人間味あふれる熱いロッカバラード「走馬灯」へ。その一連の流れに、AIが新たな命を吹き込まれてゆくかのようなドラマチックな物語を感じたのは筆者だけではないだろう。

 そこからは“人類皆ひとりきり”のコール&レスポンスで始まる「人類 is 皆 ヒューマン」、“俺たちのハイパービートロックについてこれるか!?”という煽りから拳とヘッドバンギングが沸く「ケリをつけろ」と、序盤とは打って変わって熱い空間に。レーザービームが飛び交う中、「Do NoT TENdER!?」ではオーディエンスが一斉に左右にモッシュし、そんなフロアに“お前ら最高だ! 生きてる証、見せてくれよ!”と「我ここにあり」が放たれ、その言葉に応えて満場のチョップが繰り出される。さらにアンコールの「BREAK←SHAKE→BRAIN」では、アルバムでもギターを弾いていたRENOがゲスト登場。そのロック感あふれるリフや速弾きがJOEの疾走ドラムと絶妙のマッチングを見せ、続く新曲「今に勝る時はナシ 今に敗けるよりはマシ」でもサポートのSCOTTIEと豪快なギターバトルを繰り広げてみるというファイナルならではのスペシャルな時間を贈ってくれた。

 そして、Rickyの口から自身の喉の手術のため今日のライヴを最後に暫し活動が休止されることが改めて伝えられると、次があるか分からないからこそ大切な今を歌うメッセージソング「大切な人へ」が、とりわけ大きなリアリティーを持って感動的に響きわたる。“必ず戻ってきます。いつになるかわからないけど……DASEIN、やらなきゃダメだよね”と言い切った彼に、「COGITO ERGO SUM」でライヴが終わってもフロアの声は鳴りやまず、結果、予定外のダブルアンコールが! 「共鳴り」でタオルを振るオーディエンスには熱い一体感が漲り、最後は2018年に向けて18回ドラムを打ち鳴らしてフィニッシュ。ステージの真ん中でフィストバンプして、“また元気で会えますように”と告げたふたりの言葉が現実になることを心から祈りたい。

セットリスト

  1. 再生-prologue-
  2. 唯、此処に在る事が愛しくて
  3. 運命AUTOMATIC
  4. 上昇気流
  5. キ・ミ・ダ・ケ
  6. 修羅
  7. 眠らせてください
  8. 無情の雨
  9. ドラムソロ〜無限
  10. 絶望の花
  11. 走馬灯
  12. JAMSESSION
  13. 人類 is 皆 ヒューマン
  14. ケリをつけろ
  15. Do NoT TENdER!?
  16. 我ここに在り
  17. <ENCORE1>
  18. 流離人〜さすらいびと〜
  19. BREAK←SHAKE→BRAIN
  20. 今に勝る時はナシ今に負けるよりはマシ
  21. 大切な人へ
  22. COGITO ERGO SUM
  23. 新生-epilogue-
  24. <ENCORE2>
  25. ワラウンダーランド
  26. 共鳴り
DASEIN プロフィール

ダーザイン:元SEX MACHINEGUNSのドラマーJOEとヴォーカルのRickyの運命的な出会いにより2000年に結成。翌01年1月1日にavexより「夢つれづれ」にてメジャーデビュー。アグレッシブなJOEのドラムとハートウォームなRickyの歌にデジタルを融合させたサウンドはまさしく唯一無二であり、のちに“HYPER BEAT ROCK”という新たなるジャンルを確立させる。04年に惜しまれつつも解散するが、10年に復活し、17年3月に復活後初のアルバム『唯、此処にある事が愛しくて』をリリース。DASEIN オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着