【SKY-HI】『SKY-HI HALL TOUR 2017
〜WELIVE〜』2017年5月2日 at 日本
武道館

撮影:ハタサトシ/取材:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

 3rdアルバム『OLIVE』を引っ提げ、初の日本武道館公演を成功させたエンターテイナー、SKY-HI。ここは到達点ではなく、あくまで通過点という姿には自信が満ちあふれていた。“さぁ、ひっくり返しにきたぜ!”と、SKY-HIは満員のオーディエンスに向かって語りかける。3時間にわたって気心の知れたバンドSUPER FLYERSとともに作り上げたショーは、最新のR&Bやヒップホップセンスを吸収し、途中ハイスピードなラップを織りまぜるなど、言葉が突き刺さる真摯な日本語詞が痛快だ。

 オープニングは赤いギターを抱え、挨拶代わりに「Double Down」をプレイ。中でも7曲目に披露され、1stアルバムにも収録された「blanket」に注目したい。メロ、トラック、声が美しい正三角形を描いており、これほどまでにナチュラルに“平和であることの幸せ”を“日常の輝き”として表現している曲はないだろう。終盤、ダンサブルに感情をアップリフトする「Seaside Bound」、爽快なポップセンスで駆け抜ける「スマイルドロップ」、ビートの効いた新曲アッパーチューン「Silly Game」と、これでもかとぶちかます。MCではオーディエンスにやさしく語りかけるように、生きることの大切さ、世界平和について語られていたことも印象的だった。ラストは至福感の強い肯定ソング「カミツレベルベット」、心を揺さ振られる「リインカーネーション」で締め括る。ステージに残された“NOW WE LIVE”の文字。さらなる活躍を予感させてくれる一夜だった。

セットリスト

  1. Double Down
  2. Ms.Liberty
  3. BIG PARADE
  4. Stray Cat
  5. 十七歳
  6. 明日晴れたら
  7. Blanket
  8. Countdown
  9. ラップメドレー
  10. Turn Up
  11. 〜Dungeon Survivors
  12. 〜As A Suger
  13. 〜Welcome To The Dungeon
  14. 〜Enter The Dungeon
  15. 〜Tyrant Island
  16. 〜運命論
  17. Walking on Water
  18. Over the Moon
  19. ナナイロホリデー
  20. センテンス
  21. アドベンチャー
  22. How Much??
  23. Seaside Bound
  24. 創始創愛
  25. アイリスライト
  26. スマイルドロップ
  27. Silly Game
  28. LUCE
  29. クロノグラフ
  30. カミツレベルベット
  31. リインカネーション

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着