【グッドモーニングアメリカ】『あな
たの街へ猛ダッシュで~ワンマンツア
ー2017~』2017年4月22日 at TSUTAY
A O-EAST

撮影:watanabe 'kool' syo/取材:田山雄士

 全国33本を回ってきたグドモ史上最長ツアーもファイナル! 金廣真悟(Vo&Gu)、渡邊幸一(Gu&Cho)、たなしん(Ba&Cho)、ペギ(Dr&Cho)の表情はのっけから晴れやかで、ペギのツービートを中心に飛ばす「言葉にならない」、時代のムードを踏まえた「Beep! Beep!」「コピペ」といったアップチューンが、一気にフロアーを過熱させていく。たなしんは早々とサングラスを投げ捨てている。「境界を越えて」では、クライマックスのような大合唱で沸くO-EAST。その光景に、金廣も“ありがとう”と笑顔を見せた。

 最新作『鉛空のスターゲイザー』の楽曲+「ベテルギウスが消えてしまう様に」「輝く方へ」などレアナンバーを織り交ぜたメニューに酔いしれる中、渡邊のライトハンド奏法が炸裂し、ペギの手数とパワーを兼ね備えたドラムが冴え渡る。“100歳までライヴやりたいよ! ファイヤー!!”と叫ぶたなしんも、全体をがっちり支えていて頼もしい。

 金廣の声帯ポリープ手術のため、すでにライヴ活動休止を発表したグドモだけれど、メンバーとファンから金廣(4月30日が誕生日)へ贈られた「Happy birthday to you」の合唱、“ずっと挑戦し続ける固い決意を込めた”と前置きがあっての新曲「悲しみ無き世界へ」を鳴らす姿に、なんだかホッとできた。今はただ、7月の復活をじっくり待ちたい。

 “お医者さんがきれいに喉を治してくれてパワーアップして戻ってくる予定なので、またいい顔で観てくれると嬉しい。今日来てくれたみんなやこれまで支えてくれたいろんな人に対して、感謝の気持ちでいっぱいです”。

セットリスト

  1. 言葉にならない
  2. Beep! Beep!
  3. コピペ
  4. 境界を越えて
  5. 鉛空のスターゲイザー
  6. 突破していこう
  7. フライハイ
  8. マイライフ
  9. ベテルギウスが消えてしまう様に
  10. カラフル
  11. アブラカタブラ
  12. SOS
  13. ダイヤモンド
  14. 悲しみ無き世界へ
  15. キャッチアンドリリース
  16. 心臓抉って
  17. ノーファング
  18. フォトグラフ
  19. 輝く方へ
  20. イチ、ニッ、サンでジャンプ
  21. あなたの傍に猛ダッシュで
  22. STAY WITH ME
  23. <ENCORE1>
  24. クラスター
  25. 世界終わらせないで
  26. 未来へのスパイラル
  27. <ENCORE2>
  28. また会えるよね
グッドモーニングアメリカ プロフィール

グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。15年11月には初の日本武道館公演を成功させ、18年はバンド結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』を打ち立て、さまざまな企画にトライしている。グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着