【阿部真央】私にとって歌はこだわり
たいものになった

デビュー5周年を迎え、いろいろな記念企画が展開されているが、その第五弾となるのが『シングルコレクション19-24』。阿部真央のデビューから現在までの変遷が垣間見れる同作について、さまざまな質問をぶつけてみた。
取材:石田博嗣

ファンの人の反応が一番怖かった

デビュー5周年のタイミングでシングルコレクションがリリースされるわけですが、このタイミングでシングルコレクションを出したいと?

いや〜、全然。デビュー5年でオリジナルアルバムを5枚出してきて、ずっと駆け足でやってきたので、ここでインプットするというか、新しいアルバムは出したくない…まぁ、休みたいと(笑)。じっくりと制作をしたいと言ってたんですよ。で、この5年間に出したシングルが11枚あって、曲にすると14曲あるから、ちゃんと阿部真央の曲を知らない人が手に取りやすいように、それらをシングルコレクションにして出すのはどうかっていう提案をもらったんで出したという。もちろん、いろいろ考えることはあったんですけどね。これまで応援してきてくれているファンのことを考えると、本当は新しい曲を出すほうがいいんだろうけど、そういう意味合いを付けるんだったらいいかなって。今までの曲を知ってもらえるきっかけになるというか。一枚で分かるわけですからね。

このシングルコレクションを出すにあたっての真央さんのモードというのは? 毎回ジャケ写やアー写とかに意味を持たせていたりするし。

今回のジャケット写真って顔をちゃんと見せていないんですけど、それは私的に出したくなかったんですよ。私がデザイナーさんにお願いしたのは、シングルコレクションに対しては“後ろ向き”を表現したいんだって。やっぱり、いっぱい考えることがあって…このジャケ写を撮る段階の頃は“出したくない!”っていう気持ちが強かった…ファンの人の反応が一番怖かったんですよ。“なんで、ここでシングルコレクションなんだ!”って言われるのが。でも、いろんな人の反応を見ていると半々で、そういうことを言う人もいれば、記念に買うって言ってくれている人もいるし、さらにこれが実際にリリースされて、レンタルでもいいから“阿部真央の曲、ちゃんと聴いたことないな”って手に取ってくれる人がいれば、これを出した意味があるのかな…って最近は思うようになりましたね。

そういう思いからジャケ写には顔が写ってなかったのですね。アー写は後ろを振り返っている写真だったから、今までを振り返る意味があるのかなとは思っていたのですが…。

あっ、ほんとだ! そういうことだったのか!? 背景とかも結構きれいに撮れていたんで、この写真を選んだんですけど、確かに後ろを振り返っている! 今後、そういうことにします(笑)。やっぱり、いろいろ振り返りましたしね。

そんなシングルコレクションですが、ロサンゼルスで本人立ち会いによるマスタリングを行なったと。単純にこれまでのシングル曲をパッケージしただけのものにはしたくなかった?

もちろん。現実的に録った年代も違うし、関わったエンジニアも違うので、それを滑らかにしないといけないっていうのはあったけど、やっぱり今までのファンの人に聴いてもらうにあたってのブラッシュアップは必要だと思っていたので。前々から海外でのマスタリングには興味があったし、この機会に信頼のおける人を選んでもらって、ステファン・マッカーセンにやっていただきました。

ポール・マッカートニーやローリング・ストーンズ、真央さんの好きなアヴリル・ラヴィーンなどを手がけている人ですよね。

はい。すっごいいい人でしたよ。言葉が分からなくても、いい人ってのが分かる。すごくシャイな方なんですけどね。

真央さん自身が現地に行って立ち会ったというのは、そこまで責任を持ってやりたかったから?

そうですね。やっぱり確認したいし…基本的に毎回、レコーディングやマスタリングとかには立ち会わせてもらってるんで。専門的なことは分からないんですけど、曲間とかは自分の意見も反映されるので、今回もそこに立ち会えてすごく良かったです。

音の変化も如実に感じたのでは?

感じましたね〜。“こんなにも音に広がりが出るんだ!”って。それと、安心感も持てました。毎回、質のいい録音がちゃんとできてたって実感したというか。で、“この時の荒っぽさは、この時の勢いが出ていていいな”って思えたり。やっぱり歌い手なんで、声の変化を一番感じましたね。“この時はこんな感じだったな〜”っていう記憶が蘇ってきました。初期の喉の調子が良かった頃、中期のちょっと声がカサカサになってきた頃、手術から復帰した時…「側にいて」の頃なんですけど、まだあんまり喉のコントロールができてなかったりして。最新の「Believe in yourself」や「always」とかでは、ちゃんと自分で喉をコントロールできるようになっていたので、そういう声の変遷も感じれて面白かったですね。

そういうのはあるでしょうね。そして、今言われた「always」は初回限定盤のMV集に収録されている未発表曲なのですが、これは新曲になるのですか?

新曲です。ストックとしては前からあったもので、個人的にはそんなに推し曲ではなかったんですけど、ディレクターさんがすごく気に入ってくれていて。で、どういうかたちになるかは分からないけど、この作品に未発表曲を入れたいと言っていたので、“じゃあ、この曲をやってみましょう”ってことになったんですよ。だから、音源化はしてなかったんですけど、シングルコレクションのためにレコーディングをして、MVを撮ったっていう感じですね。

曲自体はいつ頃に作ったものなのですか?

2012年の頭ぐらいですね。“曲を作んなきゃ!”って時期ではなかったと思うんですよ。だから、突発的に出たというか…まぁ、私の好きなコードなんですけどね、AとDとBm(ビーマイナー)が多用されていて。ほんと、練習していたらできたんだと思います。で、最初に出てきたのがサビの《I will always love you》ってところだったから、そのままサビは英語にして、それ以外のところは日本語にしようって。私的には字余りだったり、きれいに言葉がハマってない印象があるんですけど…AメロとかBメロとかね。スローテンポの曲だし、それはそれでこの曲のイメージには合っていていいのかなって。

すごく気持ち良く歌っている印象があるので、作ろうと思って作った曲ではないと聞いて納得しました。自然と生まれた感じがあるというか。

そうそう。いい感じでゆるいっていうか、リラックスしてる感じがありますよね。

この曲のMVを撮るということで、監督さんには何かリクエストしたり? っていうか、毎回そういうことはあるのですか?

明確なイメージがある時は言いますけど…例えば、「Believe in yourself」は表彰台に立っているシーンがあって、それは私がリクエストしたんですね。でも、ほとんどは監督さんにお任せです。だから、今回の「always」のMVも…でも、ライヴっぽい感じにしたいってのは言いましたね。私のイメージでは誰もいないホールで、いつものバンドメンバーと演奏している感じだったんです。実際はスタジオを借りて…それも不思議な場所だったんですよ。円形のホールみたいな。で、よくあるセッション映像を撮ったんですけど、そこだけリクエストしました。あとは監督さんがこの曲の温かいイメージに合わせて、照明がポッポッポッと点いていく、おしゃな感じにしてくれました。

あ、“誰もいないホール”ってのは分かります。お客さんを前にして“歌うぞ!”という感じじゃなくて、バンドメンバーと純粋に音楽を楽しむ感じなんでしょうね。

そうそう。なんかね、まどろむ感じなんでしょうね。お客さんがいないテンションっていうか、気張ってない。ナチュラル…そんな感じ(笑)。

そんな今回のシングルコレクションですが、まず出来上がったものを聴いた感想はどうでしたか?

ん〜、そんなにワクワクとかはないですね。自分の過去の曲に興味はないので、“新たに手に取る人のためのもの”っていう印象かな。オリジナルアルバムだったら、まだ世に出ていないので、私の手元に発売直前のものが届くと、やっぱりワクワクするんですけど、そういうのはなかったですね。

そんな感じなんですね。サブタイトルが“19-24”となっていて、よくあるような年代での“2009-2014”じゃないので、それだけ19歳から24歳までの阿部真央が詰まった思い入れ深いものになっているのかなと思ってました。

でも、そういう感覚はありますよ。2009年から2014年という年代というのは、年齢に関係なく、万人が経験するじゃないですか。でも、19歳から24歳というのは…もちろん、誰もが経験することなんですけど、その人それぞれに時間軸があって、私にも時間軸がある。年代で縛るんだったら、もっと政治的なことを歌ったり、そういうものを出した時にしたいと思うんですけど、このシングルベストにあるのはすごく個人的な歌ばかりだし、女性として大きな変化を遂げた時期でもあるので。でも、“この時期の阿部真央の曲です”ってことでいいんだけど、これを手に取った人が“自分の19歳から24歳の時ってどうだったかな?”や“どうなってるんだろうな?”っていう聴き方をしてもらっても面白いと思ってるんですよ。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着