写真上より、カナタタケヒロ(Vo&Gu)、ヤマモトシンタロウ(Ba)、タナカヒロキ(Gu)、アサカワヒロ(Dr)

写真上より、カナタタケヒロ(Vo&Gu)、ヤマモトシンタロウ(Ba)、タナカヒロキ(Gu)、アサカワヒロ(Dr)

【LEGO BIG MORL】スタッフがカッコ
良いと言ってくれると嬉しい!

日本工学院ミュージックカレッジが開催する、夏のイベント『OVERHEAT2014』に、LEGO BIG MORLの出演が決定。それに先駆けて、実際にイベント制作に携わる学生が、インタビューを体験。学生の真っ直ぐな質問に、メンバーもタジタジに!
撮影:キセキミチコ/取材:榑林史章

新曲の「RAINBOW」についてですが、スケールの大きなダンスロックで、新しいLEGOと言える曲ですね。

カナタ
はい。新しいLEGO BIG MORLを1年かけて作りました。パソコンでデモを作ったことで、それがいい方向に出ましたね。
タナカ
4人で演奏しながら作ると必要以上に弾いてしまうところがあったのですが、パソコンでデモを作ることによって、必要な音とそうじゃない音を客観的にとらえることができるようになりました。それによって、あえて休符を楽しむことや音を出さないことの美学が分かるようになりました。

非常に前向きでスケールの大きい歌詞も印象的ですね。

タナカ
ライヴ活動ができなかった頃は、これでもうギターが弾けないかもしれないって、気持ちが落ちていたんです。そこにデモが届けられて、聴いた瞬間、気持ちが前向きに変わった。ギターがまた弾けるようになるまでどのくらいか分からないけど、ものを作る作業はやめたらダメだって。もともと僕らの歌詞は、光と影の狭間というテーマを持っているんですが、ライヴ活動を休止したことでそれを実体験したので、歌詞の説得力が増したと思っています。

4月に行なったワンマンツアーでも披露されていましたが、やはり早くライヴで発表したいとウズウズしていた?

カナタ
というか、僕らはライヴバンドとして生きているので、まずはライヴで新曲を披露するのが普通なんですよね。
タナカ
そこですごく手応えを感じたので、自信を持ってレコーディングに臨むことができましたね。

なるほど。では、ここからは学生にバトンタッチしてお話を進めます。

三浦
「RAINBOW」に限らず、楽曲を作る時に、大切にしていることは何でしょうか?
カナタ
“キタ!”って思う瞬間を大切にしていますね。僕らの中でのOKラインの基準みたいなものなんですけど。
タナカ
その“キタ!”ってなるまで、何度も作り直すし、それでもこなかったら、もうその曲はボツになります。僕らの楽曲で「バランス」という曲があるんですが、それは本当になかなかこなくて、結局1年イジり続けましたよ(笑)。
田原
同じ大切にすることでも、ライヴをする時に一番大切にすることは何ですか?
タナカ
今の話に似ているんですけど、今、特に意識しているのは空気感です。ライヴシーンで何が流行っていようとも、自分ら独自の世界観や空気感を感じさせることができるように、周りに媚びずにやるよう心がけています。
三浦
ライヴで一番楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?
タナカ
楽曲が響いた時です。対バンが誰であろうと、フェスで誰が出ていようと、“勝った! 今日は俺らが一番カッコ良い!”と思えた瞬間が、一番楽しいです。俺らの曲がその空間にジワジワ浸透していっていると思える時があって、本当に自分たちが無敵になったって感じる。
カナタ
曲の構成で“キメ”というのがあって、息を合わせてダンッてやるんですが、それがばっちり合った時、すごく楽しいです。音が飛んでいくような爽快感がありますね。
山下
そうしたライヴを行なう上で、アーティストとスタッフでより良い関係を築くために大切なことは何ですか?
カナタ
やっぱり挨拶だと思います。
タナカ
アマチュアの時によく出ていたライヴハウスの店長さんが、すごく厳しい人だったんですよ(笑)。
カナタ
それに、せっかくひとつのイベントを一緒に作るんだし、そのほうが気持ち良くやれると思うので。
田原
では、こんなスタッフと仕事がしたいという、理想のスタッフ像はありますか?
タナカ
可愛い子(笑)。でも、特に理想みたいなのはないですよ。照明さん、PAさん、ローディーさん…みなさんプロフェッショナルだし、シビアなんだけど、そういう人たちが、LEGO BIG MORLのことをカッコ良いと言ってくれる時は、お客さんに伝えることとは別のベクトルだけど、すごく嬉しいです。
カナタ
あと、僕らはせめぎ合いをするのも好きなので、意見をガンガン言ってくれるとありがたいかな。
タナカ
前はよくPAさんとケンカしてたしな(笑)。
山下
最後に、ずばりメンバーとはどんな存在ですか?
タナカ
正直言って、メンバーはメンバーとしか言いようがないんですよ。上手く伝えられるような言葉がないです。
カナタ
ある意味では、恋人とも言えるかもしれない(笑)。友達だったらイライラしないことでも、恋人同士だからこそケンカになるようなことってあるじゃないですか。
タナカ
友達なら流せることでも、メンバーだからこそぶつかることもあって。でも、もともとは友達から始まっているから、一緒に飲んで昔話をすることもあるし…。何だろう、いろんな関係を行ったり来たりしている感じかな。
カナタ
それはスタッフに対しても同様で、メンバーの次にそういう間柄になれるのが、スタッフだと思っています。
「RAINBOW」
    • 「RAINBOW」
    • AZCS-2034
    • 2014.04.30
    • 1296円
LEGO BIG MORL プロフィール

レゴ・ビッグ・モール:2006年、大阪で活動を開始。オリジナリティあふれる音と圧倒的なライヴパフォーマンスが話題を呼び、着実に活動の場を広げていく。13年2月、タナカヒロキが不慮の事故により右手首を骨折し、表立ったバンド活動一時休止を余儀なくされる。ここから、バンドの進化系となる新たなサウンドを求め、楽曲制作に没頭。14年、バンド名の表記を新たに、新生LEGO BIG MORLとしてバンドの第二章を本格始動させた。LEGO BIG MORL Official Website

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着