【BLUE ENCOUNT】『TOUR 2017 break
“THE END”』2017年3月20日 at 幕張
メッセ国際展示場

撮影:浜野カズシ、鈴木公平/取材:フジジュン

 “スゲェな、この景色! まるでツアーファイナルじゃん!!”と、田邊駿一(Vo&Gu)が思わず感想をもらした、BLUE ENCOUNT全国ツアー『TOUR 2017 break“THE END”』幕張メッセ公演。1月にリリースされた最新アルバム『THE END』を掲げての今ツアーは、この日でまだ2日目ながら、大会場を埋め尽くすファンの熱気と期待や渇望感、そして完成されたステージは明らかにツアー序盤と思えないものだった。

 この日特筆すべきは、同作の世界観をしっかり残したまま、ライブアレンジされ、ブラッシュアップされた楽曲と演奏の完成度の高さ。「THE END」「HEART」「ルーキールーキー」といったアルバムでも重要な箇所を担う新曲たちは、ライヴ仕様に進化、強化。強度の高い演奏力とグルーブ、さらに強い説得力を持った歌がガツンガツンと胸に響き、“ここからライヴを重ねたらどうなっちゃうの!?”と、僕に嬉しい悲鳴を上げさせた。

 アルバムの新曲を中心としたセットリストでしっかり1曲1曲の存在意義を示し、『THE END』の良さも改めて確認させてくれたこの日。5月公開の映画『LAST COP THE MOVIE』主題歌であるバラード曲「さよなら」の初披露では、“また、こんな夢を見られるなんて思わなかった”と語り、気持ちいっぱいに歌う田邊に『THE END』の向こう側も見えた気がした。

 しかし、カッコ良いだけでは終わらず、アンコールではトラブルを観客に助けられ、“頼りなくて、ごめんな”と田邊が涙するシーンも人間臭くブルエンらしく、微笑ましくも熱かった。ツアーが終わる頃、さらに強靭になった4人のステージが今から楽しみで仕方ない。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
BLUE ENCOUNT プロフィール

ブルーエンカウント:熊本発、都内在住の4人組バンド。2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。15年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得した。また16年10月には日本武道館ワンマン公演『LIVER’S 武道館』を大成功に収める。さらに17年1月にはセカンドアルバム『THE END』をリリースし、バンド史上最大規模であり幕張メッセ公演を含む全国ツアー『TOUR2017 break”THE END”』を大盛況のうちに終了させた。19年11月にはシングル「ポラリス」をリリースする。 BLUE ENCOUNT オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着