【瀧川ありさ】『瀧川ありさ ワンマ
ンライブツアー2017 “at film."』2
017年2月4日 at shibuya duo MUSIC
EXCHANGE

撮影:酒井麻衣/取材:田中隆信

 昨年11月発売の1stアルバム『at film.』を引っ提げての全国ツアーのファイナルは東京。ライヴはバンドサウンドが映えるアップテンポな「BOY’S CHRONICLE」でスタートした。エレキギターやアコギを弾きながら「色褪せない瞳」「Again」といったシングル曲も含めたアルバム収録曲を次々と繰り出していく中、ハンドマイクで歌う時はステージの上手や下手に移動し、オーディエンスとの距離もどんどん縮めていく。両A面シングルとして2月22日に発売される「ノーサイド」と「ONE FOR YOU」もいち早く披露し、ここまでの集大成というだけでなく、次につながる内容だったと言える。じっくり聴かせる美しい曲から拳を突き上げて盛り上がれる曲まで全18曲。楽曲の幅広さとアーティストとしてのこれからの可能性もしっかりと感じさせてくれた。

セットリスト

  1. BOY'S CHRONICLE
  2. アイセイハローのすべて
  3. 色褪せない瞳
  4. プラネタリウム
  5. anything
  6. Again
  7. 日々モノクローム
  8. 17番地
  9. Sugar
  10. 夏の花
  11. ノーサイド
  12. Season
  13. さよならのゆくえ
  14. Goodbye, I love you
  15. 花束
  16. <ENCORE>
  17. ONE FOR YOU
  18. Journey
  19. Summer of Love
瀧川ありさ プロフィール

タキガワアリサ:1991年生まれ。シンガーソングライター。グロッシーヴォイスと風景を描くように紡ぎだされる歌詞とメロディーが魅力。15年3月にアニメ『七つの大罪』のエンディングテーマ「Season」でメジャーデビューを果たすと、同年8月には『SUMMER SONIC 2015』に初出演。16年11月に初のアルバム『at film.』をリリースした。瀧川ありさ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着